現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス新型「Sクラス」はどう進化? 「最善か無か」を具現化するフラッグシップの凄みとは

ここから本文です

メルセデス新型「Sクラス」はどう進化? 「最善か無か」を具現化するフラッグシップの凄みとは

掲載 更新 22
メルセデス新型「Sクラス」はどう進化? 「最善か無か」を具現化するフラッグシップの凄みとは

■空気抵抗係数0.22という驚異的な空力ボディ

 メルセデス・ベンツ「Sクラス」は、「最善か無か」というクルマづくりのポリシーを貫き、8年ぶりのフルモデルチェンジを果たした。時代の最先端のモデルとして登場した新型はW223型と呼ばれ、7代目のSクラスになる。

【画像】激進化! メルセデス新型「Sクラス」のスゴさを画像でチェック(31枚)

 メルセデス・ベンツを知る人が見れば、Sクラスだとすぐにわかるエクステリアデザインではあるが、じつはすべてが新しくなっている。

 筆者が注目するのは新型の空気抵抗係数で、Cd=0.22というのは驚異的な値だ。一時代前なら居住性や実用性などを大幅に犠牲にしないと得られない数字を、実用的なセダンのスタイリングで実現できたことが素晴らしい。

 風切り音が低減して静粛性が向上することやハイスピードでの燃費の悪化が防げることなど、ユーザーメリットは大きい。風の流れを細部に渡ってリファインさせた成果だろう。

 ラジエターグリルは、これまでよりも横に大きくなっている。ただし中央付近はフラットなパネルにし、その裏側にはレーダーなどのセンサー類をまとめて備える。グリル自体は大きくなったが、クロームの枠は細くなり、スッキリした先進のイメージに変わった。

 今回のフルモデルチェンジの目玉でもあるハイテクパーツは、デジタルライトと呼ばれるものだ。

 ヘッドライトは片側130万ピクセルのプロジェクションモジュールを瞬時に制御することで、夜間走行では先行車、対向車を眩惑することなく、高い精度で広い範囲を明るく照らすことができる。横から見える3個のブルーのポイントがデジタルライトのアイコンになる。

 ヘッドライトカバー上部には従来のアイブローのようにDRL(デイタイムランニングライト)として光りメルセデスらしさを守っている。

 新しいテールランプは2ピースになった。細かく見ると、テールレンズの中で立体的に見えるのがおもしろい。鮮やかだが眩しくなくライティングをしてくれるLEDコンビネーションランプである。

 エクステリアデザインは角張ったところがなく、丸みを帯びた滑らかな面で構成されているのが特徴だ。Sensual Purity(官能的純粋)という設計思想の下、余計なキャラクターラインやエッジを減らしている。

 とくにサイドはキャラクターラインをなくしウインドウ下端のベルトラインに近づけたキャットウォークラインを設けて、ボディを大きくみせずに軽快なイメージにしている。フェンダー部分は緩やかなカーブで膨らませて幅広いトレッドをカバーしている。完全なセダンであるが、Cピラーの傾斜は大きめになってクーペの流麗さを醸し出している。

 新しいのは、ドアのアウタードアハンドルが格納式になったこと。走行中は格納されてボディはフラッシュサーフェースになり、風切り音を低減することに貢献している。

 全長5180mm×全幅1920mm×全高1505mmが標準ボディで、オプションのAMGラインでは5210mm×1930mm×1505mm、ロングは標準ボディより全長が110mm長い5290mm(AMGラインは5320mm)になっている。ホイールベースは、標準ボディの3105mmに対し、ロングは3215mmとちょうど110mm長く、後席レッグスペース用にホイールベースが伸びた。

 標準ボディでもホイールベースがかなり長いから都会での取り回しが心配になるが、リヤアクスルステアリング(4WS)を採用しているので、最小回転半径はなんと5.4m、ロングでも5.5mと非常に小回りが効く。これはEクラスと同じだから、運転に心配はいらない。

 リアアクスルステアリングは60km/h以下は逆位相に最大4.5度、60km/h以上は同位相に最大3度ステアする。本国仕様では最大10度まで逆位相にステアするが、これは自動運転でのバレーサービス用として使われる。

■内外装ともに最新技術が盛りだくさん

 インテリアは、各パートが機能ごとに浮かび上がったようなデザインになり、華美でない先進性を出している。

 インストルメントパネルはダッシュボードから自立した形だし、中央のモニター画面もセンターコンソールからせり上がったような形になっている。ドアのスイッチ類もまとまって細いクロームの枠で囲まれフローティング状態に見える。

 全車AIRマチックサスペンションを採用している。連続可変ダンパーとエアサスペンションのセッティングは走行状況により自動的に変化するが、ダイナミックセレクトのスイッチによって多くのドライブモードからドライバーの好みで選択もできる。

 MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)はまた進化した。指紋認証、顔認証などから自分のプロフィールを呼び出し、ドライバー後退時など好みの車両設定が簡単にセットできる。またARナビゲーションは、実際のカメラ画像の中に矢印を出し誘導する機能がついた。

 さらに「ハイ・メルセデス!」と、どのシートから発言したかも聞き分けてくれ、乗員を囲むように伸びる帯のようなアンビエントライトが、発言した席の色が変わり反応してくれる。車両設定やインフォテインメント機能を自然対話の音声で操作できる。スイッチにタッチせずに、ジェスチャーを読み取ってサンルーフの開閉も可能になった。

 安全性では、メルセデス初となるSRSリアエアバッグ、シートクッションエアバッグ、シートベルトバッグが装備できるようになったのが新しい。SRSリアエアバッグは前席シートバックの中に収納されて後席の乗員を守る。これはあくまでもSRS(サプルメンタル・レストレイント・システム)なので、シートベルトを装着していることが前提になっている。

 日本仕様は大きく分けてグレードが用意されている。エンジンがディーゼルとガソリンの2種、ボディが標準とロングの2種の組み合わせだ。

 エンジンは基本的に従来モデルからのものを踏襲している。S400d用にOM656型のディーゼル、S500用にM256型のガソリンが用意されている。どちらも3リッター直列6気筒ターボで、9速ATと組み合わされ、4マチック(4WD)で駆動する。

 ディーゼルは330ps/3600-4200rpm、700Nm/1200-3200rpm、ガソリンは435ps/6100rpm、520Nm/1800-5800rpmのパワーとトルクを発揮する。

 ディーゼルは2ステージターボチャージャーを備え、ディーゼル得意の低速域から太いトルクを発揮する。ガソリンはツインスクロールターボチャージャーが基本だが、48VのISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と電動スーパーチャージャーを備え、立ち上がりトルクとレスポンスを稼いでいる。

 最新技術が盛りだくさんの新型Sクラスだが、オーナーになっても興味があれば乗るたびに新しい発見があるだろう。それほど中身が濃い。つまり何年も飽きずに乗れるクルマである。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

世界初の市販ミッドシップスポーツカーを海外から購入!「クルマとは厄介な友達」という趣味人の愛車ルネ・ボネ「ジェット」とは?
世界初の市販ミッドシップスポーツカーを海外から購入!「クルマとは厄介な友達」という趣味人の愛車ルネ・ボネ「ジェット」とは?
Auto Messe Web
スバルの新車など7クラス38台が参戦。スーパー耐久第3戦オートポリスのエントリーリスト発表
スバルの新車など7クラス38台が参戦。スーパー耐久第3戦オートポリスのエントリーリスト発表
AUTOSPORT web
アップグレードが期待通りに機能しなかったRB。原因の究明は「本物の変化のポイントになる」とリカルド
アップグレードが期待通りに機能しなかったRB。原因の究明は「本物の変化のポイントになる」とリカルド
AUTOSPORT web
プジョー、17番手から8位入賞。改良型の最高位更新もペースに課題「速くないなら賢く走るしかない」
プジョー、17番手から8位入賞。改良型の最高位更新もペースに課題「速くないなら賢く走るしかない」
AUTOSPORT web
BMW、主力の『3シリーズ』と『4シリーズ・グランクーペ』にスポーティな特別仕様車を設定
BMW、主力の『3シリーズ』と『4シリーズ・グランクーペ』にスポーティな特別仕様車を設定
AUTOSPORT web
視界最悪の「高速道路でUターン」なぜ!? NEXCOが衝撃映像を公開 対策は?
視界最悪の「高速道路でUターン」なぜ!? NEXCOが衝撃映像を公開 対策は?
乗りものニュース
5速MTのみ! 新型「小さなスポーツカー」発表! 全長4m以下の「小型ボディ」にパワフルな「ターボ」搭載! 衝撃の「本格スポーツ仕様」は695最後のモデル
5速MTのみ! 新型「小さなスポーツカー」発表! 全長4m以下の「小型ボディ」にパワフルな「ターボ」搭載! 衝撃の「本格スポーツ仕様」は695最後のモデル
くるまのニュース
最新レストモッド フェラーリF355 GTS、レトロモダンに蘇る 420馬力の3.5L V8スーパーカー
最新レストモッド フェラーリF355 GTS、レトロモダンに蘇る 420馬力の3.5L V8スーパーカー
AUTOCAR JAPAN
マルコもレッドブル・パワートレインズの2026年型PU開発が“計画通り”であると強調「自社製造は勇敢な決断」
マルコもレッドブル・パワートレインズの2026年型PU開発が“計画通り”であると強調「自社製造は勇敢な決断」
AUTOSPORT web
レッドブルF1首脳、ペレス早期離脱の可能性を否定せず「解約条項があるのは普通。サマーブレイク中に評価する」
レッドブルF1首脳、ペレス早期離脱の可能性を否定せず「解約条項があるのは普通。サマーブレイク中に評価する」
AUTOSPORT web
ベントレーは世のため人のため…「持続可能性」「インクルーシブ」「企業の社会的責任」の取り組みで3つの権威ある賞を受賞しました
ベントレーは世のため人のため…「持続可能性」「インクルーシブ」「企業の社会的責任」の取り組みで3つの権威ある賞を受賞しました
Auto Messe Web
クルマ好きなら人生で一度は訪れたい街【工藤貴宏】フランス、ル・マン24時間レース観戦記
クルマ好きなら人生で一度は訪れたい街【工藤貴宏】フランス、ル・マン24時間レース観戦記
グーネット
ポコノ最多勝を誇るハムリンを退け、自身初優勝の地で王者ブレイニーが今季2勝目/NASCAR第21戦
ポコノ最多勝を誇るハムリンを退け、自身初優勝の地で王者ブレイニーが今季2勝目/NASCAR第21戦
AUTOSPORT web
このご時世に600kg切りのアルトが登場!? スイスポはパワフルハイブリッド化の軽量ホットハッチ化? 期待しかないスズキの10年先を見据えた技術発表の中身
このご時世に600kg切りのアルトが登場!? スイスポはパワフルハイブリッド化の軽量ホットハッチ化? 期待しかないスズキの10年先を見据えた技術発表の中身
WEB CARTOP
【公道試乗会】 ホンダ新型フリードで街中に繰り出す 人気モデルの上手な進化を実感
【公道試乗会】 ホンダ新型フリードで街中に繰り出す 人気モデルの上手な進化を実感
AUTOCAR JAPAN
日本で買える? オートサロンで話題をさらった「オレンジのフェアレディZ」米国で登場[詳細画像]
日本で買える? オートサロンで話題をさらった「オレンジのフェアレディZ」米国で登場[詳細画像]
レスポンス
ベストセラー車「名前変わります」 アウディ「A4」改め「A5」新型発表 なぜ変更? セダン&ワゴン一挙進化 ディーゼルも
ベストセラー車「名前変わります」 アウディ「A4」改め「A5」新型発表 なぜ変更? セダン&ワゴン一挙進化 ディーゼルも
乗りものニュース
ホンダ新型「シビック」公開に反響多数!?「かっこいい」「素直に良いクルマ」パワー強化で精悍デザインに大変貌「2025年モデル」米で発表
ホンダ新型「シビック」公開に反響多数!?「かっこいい」「素直に良いクルマ」パワー強化で精悍デザインに大変貌「2025年モデル」米で発表
くるまのニュース

みんなのコメント

22件
  • どうなんだろうねぇ…

    小さい頃、「非常時に1番分かりやすい1等地に、当然の様にハザードスイッチがあります。どんな状態でも人の事を考えるのがメルセデスの哲学です」みたいなコピーを見て「国産車のカタログにはそんな事書いて無い。やっぱり凄い!」と感心した記憶があるんだけど

    アクセルやハンドルの重さとか左右のサイドミラーの大きさが違うとか、必ずそれにまつわるウンチクがあったのにねぇ


    残念です
  • 電気自動車になっても残っていくであろう、Sクラスセダン
    電気自動車になる前に消えていく予定である、クラウンセダン。

    アウトバーン、悪路、快適に高速で移動=セダン
    100㎞までの高速、舗装路が多い、快適に低速・中速で移動=ミニバン

    お国の違いですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.81930.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.81930.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村