現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2億円は下らないフェラーリ「250GTカブリオレ」がコミカルなカーチェイス! 「ピンクパンサー」シリーズの1作目は必見です【映画とクルマ】

ここから本文です

2億円は下らないフェラーリ「250GTカブリオレ」がコミカルなカーチェイス! 「ピンクパンサー」シリーズの1作目は必見です【映画とクルマ】

掲載
2億円は下らないフェラーリ「250GTカブリオレ」がコミカルなカーチェイス! 「ピンクパンサー」シリーズの1作目は必見です【映画とクルマ】

ゴリラの着ぐるみでのカーチェイスも見どころ!?

映画とクルマが大好きな方にお届けする連載PART 2は、ピンクパンサーシリーズの第1作となる『ピンクの豹』を紹介します。クライマックスに登場するのは、グレイメタリックに塗られたフェラーリ「250GT-PF カブリオレ」。コミカルなカーチェイスを繰り広げる映画をお届けします。

『007 慰めの報酬』アストンマーティン「DBS」は撮影中に湖へ転落! 徹底してリアルなカーチェイスが追究されています【映画とクルマ】

恋とダイヤの争奪戦へ

1963年に製作・公開された『ピンクの豹』は、イタリアを舞台に展開するロマンティックコメディ。のちにピーター・セラーズの当たり役となる「クルーゾー警部」が大活躍するスラップスティック的喜劇「ピンクパンサー」シリーズの第1作である。

中東某国の王女プリンセス・ダーラ(クラウディア・カルディナーレ)は、かつて父王から内側に豹の姿が浮かび上がるという巨大なピンクダイヤモンド「ピンクパンサー」を譲られる。時は流れて、母国では革命が勃発。母国を離れ、イタリアに身を寄せていた。あるとき北イタリアのリゾート、コルティナ・ダンペッツォにスキーを楽しみに来ていたダーラ王女は、彼女の「ピンクパンサー」を密かに狙う英国貴族チャールズ・リットン卿(デーヴィッド・ニーヴン)と知り合う。リットン卿の正体は「怪盗ファントム」だったのだ。ファントムの策略で知り合った王女は、その正体を知らぬままリットン卿にほのかな恋心を抱いてゆく。

一方、かねてからファントム逮捕に執念を燃やしていたパリ警察のクルーゾー警部(セラーズ)は、ファントムの出現を察知し、愛妻シモーヌを伴ってコルティナを訪れた。しかし、じつはシモーヌこそがリットン卿の愛人で、警部の捜査方針はリットンに筒抜け。しかもリットンの甥でアメリカに留学していたジョージも現れる。叔父が怪盗ファントムであることも、シモーヌがその愛人であることも知らないジョージは、シモーヌに夢中になる。そして、白銀のリゾートで巻き起こる騒動のさなか、クルーゾーはリットンがファントムであると確信。さらに舞台をローマへと移し、恋とダイヤの争奪戦が繰り広げられてゆく……。

PFカブリオレが見せてくれる存在感

この作品のクライマックスでは、シックなグレイメタリックに塗られたフェラーリ250GT PF(ピニンファリーナ)カブリオレが登場する。仮装パーティから逃げ出したリットン卿がゴリラの着ぐるみで運転し、クルーゾーらの乗るアルファ ロメオ「ベルリーナ」とコミカルなカーチェイス(?)シーンを展開するのだ。

この作品の主役はファントムで、クルーゾーは脇役に過ぎない。しかし、後に制作される数多くの続編やリメイクでは「クルーゾー警部」というキャラクターが独り歩きし、世界的な人気者となってゆく。さらにはアニメキャラとしての「ピンクパンサー」、ヘンリー・マンシーニの主題曲「ピンクパンサーのテーマ」のヒットを生み出したのも、この作品の功績に間違いない。しかし、そんな伝説的名作の中にあってもPFカブリオレが見せてくれる存在感は格別。セラーズが、後にフェラーリ愛好家となったこととも無関係ではないと思うのである。

現在のオークションマーケットでの価格は?

さて、このフェラーリ250GT カブリオレのオークション市場での落札価格だが、RM Sotheby’sの最近の落札価格は、2億円前後。現代ならカーチェイスに使用するなんて、ちょっと怖いと思ってしまいそうだ。

劇中車:フェラーリ「250GT カブリオレ」 生産年:1957年 ジュネーブショーで発表された2座のスパイダー。ピニンファリーナによって手がけられ、フェラーリの伝統様式に則ったエレガントなデザインが魅力。トランクスペースも広く、車内も快適にしつらえられるなど、同時期に存在したスポーティ志向の250GT スパイダー・カリフォルニアとの差別化が図られていた。最初の40台が好評だったのを受け、シリーズ2も製作。1962年までに約200台が生産された。

『ピンクの豹』 公開年:1964年 上映時間:115分 監督:ブレイク・エドワーズ 出演:デイビッド・ニーヴン、ピーター・セラーズ、クラウディア・カルディナーレ

こんな記事も読まれています

サージェント「ステアリングのエレクトロニクス問題が再発。早く直すことが何よりも重要」:ウイリアムズ F1第1戦決勝
サージェント「ステアリングのエレクトロニクス問題が再発。早く直すことが何よりも重要」:ウイリアムズ F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
「新名神」の利便性は半端じゃない! まだ全線開通していませんが
「新名神」の利便性は半端じゃない! まだ全線開通していませんが
Merkmal
ヒュルケンベルグ「ものすごく悔しい。ペースやデグラデーションが悪くなかったのはポジティブ」:ハース F1第1戦決勝
ヒュルケンベルグ「ものすごく悔しい。ペースやデグラデーションが悪くなかったのはポジティブ」:ハース F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
「仙台‐新潟」の最短ルートが時間短縮! 東北中央道接続の無料バイパス「梨郷道路」9日開通
「仙台‐新潟」の最短ルートが時間短縮! 東北中央道接続の無料バイパス「梨郷道路」9日開通
乗りものニュース
免許欄を全部埋めた「フルビット免許証」がスゴい! 全部でいくつ? 取得費用は? まさに修行な“コンプリート方法”とは
免許欄を全部埋めた「フルビット免許証」がスゴい! 全部でいくつ? 取得費用は? まさに修行な“コンプリート方法”とは
くるまのニュース
ログキャビン風な店舗『味処まるたか』へ 美味しいアジフライ3尾完食で満腹満足
ログキャビン風な店舗『味処まるたか』へ 美味しいアジフライ3尾完食で満腹満足
バイクのニュース
レクサスNXオーバートレイル 車高を15mm上げて、18インチ装着の「アウトドア寄せ」モデル発表
レクサスNXオーバートレイル 車高を15mm上げて、18インチ装着の「アウトドア寄せ」モデル発表
AUTOCAR JAPAN
ボッタス「ホイールナットのトラブルで大きくタイムロス。運に見放されていた」:キック・ザウバー F1第1戦決勝
ボッタス「ホイールナットのトラブルで大きくタイムロス。運に見放されていた」:キック・ザウバー F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
アテンザに先代インプレッサ……めちゃイイのに安いんです!! 100万円以内で考える穴場中古車4選
アテンザに先代インプレッサ……めちゃイイのに安いんです!! 100万円以内で考える穴場中古車4選
ベストカーWeb
「シルエイティ」ってもうないの? 「鬼キャン」も「どっかんターボ」も今や死語!? 懐かしの走り屋用語はなぜ使われなくなった
「シルエイティ」ってもうないの? 「鬼キャン」も「どっかんターボ」も今や死語!? 懐かしの走り屋用語はなぜ使われなくなった
Auto Messe Web
よくわからないけどクルマ好きを魅了する謎の言葉「トランスアクスル」! R35GT-Rにも採用される機構をじっくり解説!!
よくわからないけどクルマ好きを魅了する謎の言葉「トランスアクスル」! R35GT-Rにも採用される機構をじっくり解説!!
WEB CARTOP
スズキ、ハンガリーの四輪車生産が累計400万台 31年5カ月で達成
スズキ、ハンガリーの四輪車生産が累計400万台 31年5カ月で達成
日刊自動車新聞
MOTUL とカワサキレーシングチームが FIM スーパーバイク世界選手権でパートナーシップを締結
MOTUL とカワサキレーシングチームが FIM スーパーバイク世界選手権でパートナーシップを締結
バイクブロス
【トライアンフ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー出展概要を発表/DAYTONA・400シリーズなど最新モデルが登場
【トライアンフ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー出展概要を発表/DAYTONA・400シリーズなど最新モデルが登場
バイクブロス
CL250・500用「アドベンチャー アーマーハンドガード」がダートフリークから登場!
CL250・500用「アドベンチャー アーマーハンドガード」がダートフリークから登場!
バイクブロス
【魅力あるクルマのルーツ/復刻版カタログ】FF最速マシンを目指した初代シビック・タイプR(EK9型)の肖像
【魅力あるクルマのルーツ/復刻版カタログ】FF最速マシンを目指した初代シビック・タイプR(EK9型)の肖像
カー・アンド・ドライバー
『GR 86/BRZ』『フレア/スペーシア』が適合追加、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
『GR 86/BRZ』『フレア/スペーシア』が適合追加、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
レスポンス
2024年大苦戦スタートのアルピーヌ、技術部門の体制を刷新。マクラーレン風の3本柱スタイルへ
2024年大苦戦スタートのアルピーヌ、技術部門の体制を刷新。マクラーレン風の3本柱スタイルへ
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

5680.06780.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1248.07700.0万円

中古車を検索
ファントムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

5680.06780.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1248.07700.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村