現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ボクらの時代録】2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。マツダCX-5( KEE/KE2型)の魂を揺さぶったスカイアクティブ技術

ここから本文です

【ボクらの時代録】2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。マツダCX-5( KEE/KE2型)の魂を揺さぶったスカイアクティブ技術

掲載
【ボクらの時代録】2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。マツダCX-5( KEE/KE2型)の魂を揺さぶったスカイアクティブ技術

BIGトルクのディーゼルターボが世界を変えた

 CX-5は話題の多い最新SUVだ。中でも注目モデルが420Nmという最大トルクを発生するクリーンディーゼル車、スカイアクティブDである。
 CX-5が積む2リッターガソリンエンジンの最大トルクは195Nm。一方、ターボで過給した2.2リッタースカイアクティブDは420Nm。メーカーは、「4リッター車並みのトルク「というが、これは控えめな表現といってもいい。

【復刻版カタログ】2012年の日本カー・オブ・ザ・イヤー/初代マツダCX-5の肖像

 最大トルク発生回転数は2000rpm。これだけトルクに余裕があれば、低いギアに落としてトルクを増幅する必要はない。巡航状態からアクセルを踏み込むと瞬時に太いトルクが湧き上がり、力強い加速が始まる。まるで大きな手で腰のあたりを押されたような迫力たっぷりの加速フィールである。

 しかもエンジン回転数はつねに低く、静粛性、優れた燃費、そして上質なドライブフィールをもたらす。ガソリンモデルと比べ、1~2クラス上のモデルに乗っているような、上質で余裕のある心地よさは大いに魅力的である。
 経済性もハイレベル。燃費そのものがガソリン車より優れているうえ、燃料は価格が割安な軽油。経済性とドライブフィールの特徴に着目すると、スカイアクティブDの優位性は明らかだ。

 圧縮比14というディーゼルとしては画期的に低い圧縮比は、DPF以外の排出ガス後処理装置を不要とし、価格面でメリットを生んだ。と同時に、エンジン内部のパーツが軽量化され、ディーゼルとは思えないスポーツ性を実現している。
 レッドゾーンの5000rpmまで鋭く回りきる点は驚きだ。経済性に加えてドライブフィール重視で選ぶ新世代ディーゼル、それがスカイアクティブDである。
(岡崎五朗/2012年7月号)

初代マツダCX-5のプロフィール

 CX-5はマツダの新世代スカイアクティブ技術をフルに投入した第1弾。2012年2月に発表され、折からのSUVブームとも相まってスマッシュヒット。瞬く間にマツダの主力モデルに成長した。カタログでは「違いは、走り出した瞬間にわかる。凄さは、走り込むほどに際立つ。それがスカイアクティブ・テクノロジー」と表現。エンジン/トランスミッション/ボディ/シャシーのすべてにわたる全面革新をアピールした。

 数々の特徴の中でもCX-5の個性となったのは「スカイアクティブD 2.2」と命名されたクリーンディーゼルユニット。従来の常識を破る14.0の低圧縮比と先進技術の積極投入で、175ps/420Nmの豊かなパワーと後処理装置なしでの清浄な排気ガスを実現。俊敏で快適、そして経済性に優れたハイグレードな走りでドライバーを魅了する。スタイリングのデザインテーマは「魂動=SOUL of MOTION」と名付けられたダイナミックでスポーティなもので、新しいマツダ像を印象づけた。CX-5の魅力は走りとデザインのよさとともに、取り回し性と室内空間のバランスに優れたサイズ設定。マツダはCX-5以降、従来以上にクルマ好きのブランドとして認知されるようになる。

2012年の時代録/東京スカイツリーが開業

【出来事】第46回衆院選で自民党が圧勝し、政権を奪還/iPS細胞を開発した山中伸弥がノーベル生理学・医学賞を受賞/電波塔として世界で最も高い(634m)東京スカイツリーが開業/格安航空会社が就航しLCC元年といわれる/ロンドン五輪でボクシングの村田涼太、体操の内村航平、柔道の松本薫などが金メダル獲得【音楽】オリコンシングル年間1位AKB48 『真夏のSounds good!』【映画】邦画配給収入1位『BRAVE HEARTS  海猿』洋画興行成績1位『レ・ミゼラブル』

2012年マツダCX-5主要諸元

グレード=CX-5・XD・Lパッケージ
新車時価格=6SAT 319万円
全長×全幅×全高=4540×1840×1705mm
車重=1590kg
エンジン=2188cc直4DOHC16Vディーゼルターボ(175ps/42.8kgm)
サスペンション=前ストラット/後マルチリンク

こんな記事も読まれています

ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
ベストカーWeb
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
グーネット
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
AUTOSPORT web
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
グーネット
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
グーネット
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
motorsport.com 日本版
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
AUTOSPORT web
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
AUTOSPORT web
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
AUTOSPORT web
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
ベストカーWeb
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
AUTOSPORT web
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
AUTOSPORT web
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
ベストカーWeb
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.8405.2万円

中古車を検索
CX-5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.8405.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村