現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 6年ぶり全面刷新のスズキ「新型軽ワゴン」がスゴい! “クラス超え”「豪華リアシート」を採用!? もはや高級車な後席の特徴は

ここから本文です

6年ぶり全面刷新のスズキ「新型軽ワゴン」がスゴい! “クラス超え”「豪華リアシート」を採用!? もはや高級車な後席の特徴は

掲載 35
6年ぶり全面刷新のスズキ「新型軽ワゴン」がスゴい! “クラス超え”「豪華リアシート」を採用!? もはや高級車な後席の特徴は

■高級車レベルの“おもてなし”機能採用!

 スズキが2023年11月22日に発売した新型軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」「スペーシアカスタム」は、好調な売れ行きを記録しています。
 
 6年ぶりの全面刷新を経て3代目となった新型では、クラスを超えた画期的な後席を採用したことが特徴です。

【画像】「えっ…!」 これが「新型スペーシアの豪華インテリア」です!(80枚)

 スペーシアは、かつて販売されていた軽スーパーハイトワゴン「パレット」の後継モデルで2013年に登場しました。両側スライドドアを装備し、広大な室内空間が支持され、スズキの主力モデルに位置しています。

 シリーズでは親しみやすくポップなスタイリングの標準タイプに加え、メッキやエアロパーツを装備し、存在感を高めたスペーシアカスタムもラインナップしています。

 新型では、これまで引き継いできた使い勝手の良さやポップで親しみやすいスタイリングはそのままに、デザインを一新。安全装備の強化と居住性の向上、燃費の向上を図っています。

 内外装のデザインは「頑丈で大容量のコンテナ」。エクステリアには、コンテナのプレス面を彷彿とさせるビード形状を採用し、フロントフェイスからリアまで続くキャラクターラインを配すことで、使い勝手の良さを演出するとともに、スクエアさが強調された新たなスタイリングへと一新しました。

 標準タイプのスペーシアは、パステル系のボディカラーを設定したほか、角を落とした前後ランプを採用することで柔和な印象を高めつつ、スペーシアカスタムでは横基調のメッキガーニッシュや切れ長のヘッドランプを装備し、精悍に仕上げています。

 インテリアは、インパネや前席ドア上部を立体的にすることで広さを表現。スペーシアではブラウンを基調とし、カフェラテ色をアクセントとすることで、心地よい空間を演出しました。

 スペーシアカスタムはブラック基調にボルドー(ワインレッド)とピアノブラック加飾を用いたほか、スエード調のシート表皮を採用することで、上質感を高めています。

 安全装備では、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせ、歩行者や自転車を検知する「デュアルセンサーブレーキサポートII」をスズキで初めて採用し、全車に標準装備されています。

 さらに、全車速追従のアダプティブクルーズコントロールや車線維持支援機能、標識認識機能を設定。電動パーキングブレーキとブレーキホールド機能を用意するなど、先進機能の大幅な拡充が行われ、上級車と遜色のないものとなりました。

 パワートレインは660ccエンジン+マイルドハイブリッドを搭載し、新しいCVTを組み合わせて燃費を向上。スペーシアカスタムでは力強いターボエンジンも設定しています。

 そんな新型スペーシアですが、2024年1月では1万1316台を販売し、軽乗用車では2位につけています。永年軽自動車の販売トップを記録するライバル ホンダ「N-BOX」との差も徐々に縮めるなど、好調ぶりがうかがえます。

 新型ではこうした先進機能の拡充やデザインの一新だけでなく、斬新な発想のリアシートを採用したことも大きな特徴です。

 後席に新たに採用した「マルチユースフラップ」は、ヘッドレストに類似する機構で、座面の先端に内蔵されたフラップがシートから分離して伸縮し、角度も調整できることでさまざまな使い道ができる装備です。

 そのままフルに伸ばせば、足をゆったり伸ばせるオットマンモードとして利用できるほか、中間で固定すれば走行中に姿勢を支えられるレッグサポートモードに、格納してフラップを起こせば、後席に積載した荷物の落下を防ぐストッパーとしても機能します。

 このマルチユースフラップに加え、左右独立したアームレストやエアコンの温冷風を後席に届けるサーキュレーター、スライドドアウインドウからの日差しを遮るローラーブラインドが装備されるなど、快適な居住環境を実現。

 このように充実した装備が採用された一方で、価格(消費税込)はスペーシアが153万100円から182万4900円、スペーシアカスタムでは180万1800円から219万3400円と、手頃な価格も維持しています。

※ ※ ※

 なお、カスタムカーイベント「東京オートサロン2024」では、タフなルックスのコンセプトカー「スペーシア パパボクキッチン」が公開されました。

 先代にラインナップされていたSUV風の「スペーシアギア」の次期型を示唆するモデルとして注目を集めており、登場が期待されています。

こんな記事も読まれています

アンダー200万円! イチバン安い「新車のミニバン」はどれ? 国産車ではダントツ「超リーズナブルモデル」は“必要にして十分”だった
アンダー200万円! イチバン安い「新車のミニバン」はどれ? 国産車ではダントツ「超リーズナブルモデル」は“必要にして十分”だった
くるまのニュース
スズキの新型「ド迫力軽ワゴン」公開! 驚きの”シャコタン”&エアロ仕様!“スポーティ感”爆上げの「スペーシアカスタム コンプリートカー」233万円から発売へ
スズキの新型「ド迫力軽ワゴン」公開! 驚きの”シャコタン”&エアロ仕様!“スポーティ感”爆上げの「スペーシアカスタム コンプリートカー」233万円から発売へ
くるまのニュース
「ゴツい~!」 新ランクルじゃない「ランドスケープ」発売! 新型「RS LANDSCAPE」初公開! ゴツいCROWNの反響は? 車高UP&オシャ内装も設定
「ゴツい~!」 新ランクルじゃない「ランドスケープ」発売! 新型「RS LANDSCAPE」初公開! ゴツいCROWNの反響は? 車高UP&オシャ内装も設定
くるまのニュース
MTも選べる! 新型「コンパクト“セダン”」発表! 丸目レトロな“高級車フェイス”が超カッコイイ! ステーションワゴンもある「リューギ」どんな人が買うのか
MTも選べる! 新型「コンパクト“セダン”」発表! 丸目レトロな“高級車フェイス”が超カッコイイ! ステーションワゴンもある「リューギ」どんな人が買うのか
くるまのニュース
レクサス新型「小さな高級車」登場! 全長4.2m級でちょうど“イイ”サイズ×「豪華内装」採用! 新型「LBX」同じ価格の2モデル 何が違う?
レクサス新型「小さな高級車」登場! 全長4.2m級でちょうど“イイ”サイズ×「豪華内装」採用! 新型「LBX」同じ価格の2モデル 何が違う?
くるまのニュース
ホンダ“新”「高級SUV」登場! 黒パーツ&上質内装の「ブラックスタイル」24年夏発売! どんなモデル?
ホンダ“新”「高級SUV」登場! 黒パーツ&上質内装の「ブラックスタイル」24年夏発売! どんなモデル?
くるまのニュース
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
ホンダが凄い新型「軽バン」2024年“秋”に発売へ! 前後2人乗りの「タンデム仕様」が斬新すぎる! 手の届く“価格設定”にも期待大の新型「N-VAN e:」とは
くるまのニュース
ホンダ新型「ヴェゼル」公開! 斬新“カラフル内装”の「コンパクトSUV」はオシャレなグリーンやブルーもアリ!? 悩めるカラーバリエーションとは
ホンダ新型「ヴェゼル」公開! 斬新“カラフル内装”の「コンパクトSUV」はオシャレなグリーンやブルーもアリ!? 悩めるカラーバリエーションとは
くるまのニュース
スズキが新型「ジムニー」発売!  “6年目の刷新”で何が進化した!? カクカクSUV人気続く… 165万円から
スズキが新型「ジムニー」発売! “6年目の刷新”で何が進化した!? カクカクSUV人気続く… 165万円から
くるまのニュース
日産が新型「小さな高級車」世界初公開! 全長4.4m級にクラス超え「上質内装」×斬新グリル採用! “日本的”デザインに一新の「新型キャシュカイ」欧州で発表
日産が新型「小さな高級車」世界初公開! 全長4.4m級にクラス超え「上質内装」×斬新グリル採用! “日本的”デザインに一新の「新型キャシュカイ」欧州で発表
くるまのニュース
トヨタが“ゴリゴリ”すぎる新型「クラウン」お披露目! 車高ガチ上げ「本格オフロード仕様」に採用された斬新「ゴリゴリブラック塗装」とは
トヨタが“ゴリゴリ”すぎる新型「クラウン」お披露目! 車高ガチ上げ「本格オフロード仕様」に採用された斬新「ゴリゴリブラック塗装」とは
くるまのニュース
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
くるまのニュース
トヨタ「新カローラ」登場! 超スポーティエアロ×「上質おしゃれ内装」採用で“カッコいい”の声多し… 「ACTIVE SPORT」みんなの回答は?
トヨタ「新カローラ」登場! 超スポーティエアロ×「上質おしゃれ内装」採用で“カッコいい”の声多し… 「ACTIVE SPORT」みんなの回答は?
くるまのニュース
ホンダがスゴい「新型軽バン」今秋発売! 前後2人乗り「タンデム仕様」が斬新! 価格は6月発表で「N-VAN e:」どんな人が買う?
ホンダがスゴい「新型軽バン」今秋発売! 前後2人乗り「タンデム仕様」が斬新! 価格は6月発表で「N-VAN e:」どんな人が買う?
くるまのニュース
日産が新「エルグランド」発売! 刷新で何が変わった? さらなる「プレミアム&VIP仕様」も! 408万から、販売店への反響は?
日産が新「エルグランド」発売! 刷新で何が変わった? さらなる「プレミアム&VIP仕様」も! 408万から、販売店への反響は?
くるまのニュース
ホンダ「新型カクカクSUV」発売! どんな人が買う? 全長4.3mでも「後席めちゃ広ッ!」って本当? ヴェゼルより小さいクルマとは
ホンダ「新型カクカクSUV」発売! どんな人が買う? 全長4.3mでも「後席めちゃ広ッ!」って本当? ヴェゼルより小さいクルマとは
くるまのニュース
スバルの「4ドアスポーツセダン」どんな人が買ってる? 「セダン縮小」でも“熱心なファン”多い!? めちゃ“上質志向”な「WRX S4」 支持するユーザー像とは
スバルの「4ドアスポーツセダン」どんな人が買ってる? 「セダン縮小」でも“熱心なファン”多い!? めちゃ“上質志向”な「WRX S4」 支持するユーザー像とは
くるまのニュース
トヨタが“爆ゴツ仕様”の「新型3列シートSUV」世界初公開! 15年ぶり全面刷新した「ハイラックスサーフ後継車」USに登場! 先代モデルからの「超進化」を詳しく解説!
トヨタが“爆ゴツ仕様”の「新型3列シートSUV」世界初公開! 15年ぶり全面刷新した「ハイラックスサーフ後継車」USに登場! 先代モデルからの「超進化」を詳しく解説!
くるまのニュース

みんなのコメント

35件
  • ....
    最近「クラスを超えた」って言葉をやたら使いたがる記者が増えましたね。
    もう書くこと無いのかな?
  • kuropri
    余分であまり実用性が無い装備なのでと思います それを省いて車体価格を下げた方が余程よいと感じます そもそも大人が4人で乗る機会も少ないでしょうしシ-トがそれっぽくても乗り心地等は従来の軽自動車と何ら変わらないのであればあまり意味が無い装備ではないでしょうか 軽自動車初という宣伝だけの為にあるのではないのかな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0294.0万円

中古車を検索
スペーシアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0294.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村