サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シンボルツリーと、シンボルカーのある住宅【EDGE HOUSE】

ここから本文です

仕事部屋からもリビングからも、眺められる愛車

施主のTさんが建築家の鈴木秀雄さんにガレージハウスを依頼するのは、このアルファロメオの家で2度目となる。

一級建築士事務所バサロ計画

最初の家はユーノスコスモ時代。中古のいすゞ117クーペから始まったTさんの車歴は、NA型ユーノスロードスターの1.6L車、同1.8L車、日産 ラシーンを経て、13Bのユーノスコスモへ。

「ロータリーは壊れると聞いていたけど、ホントに8万kmでやられました」。それでもエンジンを載せ替えて、結局10年以上は乗り続けた。

そして「親が土地を遺してくれたので、家を建てることにしました」。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン