サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シンボルツリーと、シンボルカーのある住宅【EDGE HOUSE】

ここから本文です

シンボルツリーと、シンボルカーのある住宅【EDGE HOUSE】

仕事部屋からもリビングからも、眺められる愛車

施主のTさんが建築家の鈴木秀雄さんにガレージハウスを依頼するのは、このアルファロメオの家で2度目となる。

一級建築士事務所バサロ計画

最初の家はユーノスコスモ時代。中古のいすゞ117クーペから始まったTさんの車歴は、NA型ユーノスロードスターの1.6L車、同1.8L車、日産 ラシーンを経て、13Bのユーノスコスモへ。

「ロータリーは壊れると聞いていたけど、ホントに8万kmでやられました」。それでもエンジンを載せ替えて、結局10年以上は乗り続けた。

そして「親が土地を遺してくれたので、家を建てることにしました」。この頃はまだ独身。どうせならカッコいい家がいいなと、建築家を紹介してもらえるサイトにアクセスしたところ、23も提案があった。

その中からTさんが選んだのが、鈴木さんの案だった。傾斜地を利用して地下1階にガレージを備え、地上の2階部分は三角形を基調とした形状のコンクリート打ちっぱなしのガレージハウス。

地下から地上2階の間に7つのスキップフロアが折り重なる、なかなかアバンギャルドな家だった。

その後、ユーノスコスモからアルファロメオのアルファ166、そしてアルファ159へと愛車は替わり、会社を辞めて自ら事業を興し、結婚もした。

しばらく夫婦はユーノスコスモの家で暮らしたのだが、次第に奥さまの母親のことが気がかりに。「お義母さんは今も昔も、とても元気なんですが......」。とはいえ高齢の1人暮らし。

何かと不便だろうと、奥さまの実家を2世帯住宅に建て替え、一緒に住むことにした。そこで再び設計を鈴木さんに依頼し、出来上がった家がこの"アルファロメオの家"というわけだ。  ユーノスコスモの家は、初めて建てたこともあり、要望がまだふんわりとしていたし1人暮らしだった。

今回は2世帯住宅で、自宅に仕事の作業場も必要など、要望が細かくハッキリしていた。それを受けて鈴木さんが考えたのが「回遊できる家」だった。

「イメージとしては各部屋で中庭を囲む感じです。中庭を作ればすべての部屋が暗くならず、風通しがよくなります。それでいて外からの視線を気にせずに暮らすことができます。

加えて"回遊できる動線"にもこだわったのがこの家です」。回遊できることで、掃除や洗濯などの家事動線がスムーズになることはもちろん「家族が今どこにいるかも分かりやすい」と奥さま。

Tさんも「仕事で1階にこもっていても、息抜きにガレージへ行って車に触れたり、中庭のベンチまで出てタバコを吸ったり......と、回遊することで気分転換しやすいんです」。

中庭にはシンボルツリーとして常緑樹のシマトネリコが植えられた。しかし、この家の本当の"シンボル"は愛車のアルファ159 だと鈴木さんはいう。

「回遊できる風景の中に、Tさんが大好きな車を登場させたかったんです」と鈴木さん。だからガレージの一部をガラス張りにすることで、仕事部屋、2階のリビング、そして廊下からも見えるように配置した。

夜になって、リビングからスイッチをオンにすればガレージ内に明かりがともり、愛車が浮かび上がる。 今はアルファ159に乗るTさん。今後も愛車は替わるだろうが、少なくとも、いつも愛車がこの家の主役になるに違いない。  ■所在地:埼玉県春日部市■主要用途:専用住宅■構造:木造軸組構法■敷地面積:252.61 平方メートル■建築面積:102.02 平方メートル■延床面積:174.82 平方メートル■設計・監理:鈴木秀雄(一級建築士事務所バサロ計画)■TEL:03-3651-3395

※カーセンサーEDGE 2021年4月号(2021年2月27日発売)の記事をWEB用に再構成して掲載しています 文/籠島康弘

一級建築士事務所バサロ計画【EDGE HOUSE】他のガレージハウスを見てみるカーセンサーEDGE.netはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します