現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動感マシマシ!! ノートオーラNISMOが超絶楽しい!! 300万円以下で買える小回り&走り超楽しいコンパクトカー3選

ここから本文です

電動感マシマシ!! ノートオーラNISMOが超絶楽しい!! 300万円以下で買える小回り&走り超楽しいコンパクトカー3選

掲載 5
電動感マシマシ!! ノートオーラNISMOが超絶楽しい!! 300万円以下で買える小回り&走り超楽しいコンパクトカー3選

 小さなクルマにスポットライトが当たりにくくなった昨今だが、小さなクルマで街中をスイスイ走るのは、いつの時代も捨てきれない魅力の一つだ。今回は、車両本体価格300万円以下、ボディ全幅1750mm以下の条件で、街中はもちろん高速道路使いもストレスにならない、走りが楽しいコンパクトカーを紹介していく。

文/佐々木亘、写真/NISSAN、TOYOTA、VW

電動感マシマシ!! ノートオーラNISMOが超絶楽しい!! 300万円以下で買える小回り&走り超楽しいコンパクトカー3選

■e-POWERとNISMOのこだわりがつまった日産ノートオーラNISMO

日産ノートオーラNISMO(全高4125×全幅1735×全高1505mm/車体価格:298万1000円)

 第二世代のe-POWERが、のびやかで力強い加速を実現するノートオーラに、NISMOのこだわりが詰め込んだ1台。

 この仕様には、専用ボディパーツに専用サスやアルミホイール、アルカンターラ巻きのステアリングに専用チューニングのレカロ製スポーツシートなどが搭載される。こんなに贅沢な装備がついて車両本体価格は298万1000円だ。

 専用ホイールはベース車が6.5Jのところを7Jへワイドリム化している。タイヤの接地面積や旋回時の剛性を高めながら、最小回転半径は5.2mに抑えた。街中の運転は非常に楽だ。

 高速道路では第二世代のe-POWERが過不足のないパワーを生み出す。

 また、NISMO専用にチューニングされたドライブモードは、標準のノートオーラと比較して加速力を際立たせたセッティングになった。合流や追い抜きが必要な場面で、爽快な走りが堪能できるだろう。

 唯一、日産の売りであるプロパイロットがメーカーオプションなのは残念なところ。高速道路走行が多いユーザーには選択を強く勧めたい。

 短距離から長距離まで楽に乗りこなせるAURA NISMO。これが車両本体価格300万以下で手に入るのは、驚くばかりだ。

■コンパクトかつしなやかな走りを堪能できるフォルクスワーゲンポロTSI Active

フォルクスワーゲンポロTSI Active(全高4085×全幅1750×全高1450mm/車体価格:299万円)※写真は TSI R-Line

 ポロには走りのグレードR-LineやGTIがある。

 しかし、素性の良いポロはベーシックなグレードでも充分。スポーツグレードよりも足回りには適度な柔らかさが残り、走りのいいコンパクトにありがちな、嫌な硬さを感じなくて済む。

 TSI Activeの車両本体価格は299万円と、ギリギリ300万円を切る価格帯にあるのは嬉しい。輸入コンパクトに走りを求めると、どうしても400万円に手がかかるが、そこを300万円以下に抑えているのはお見事。

 ボディ全幅は1750mmと標準的な大きさで、最小回転半径は5.1mと今回紹介する3台の中では最も小さい。ボディ四隅をしっかりと見渡せる視界の良さは、取り回しの良さにも大きく寄与する。

 高剛性ボディと路面追従性の高い足回りがマッチして、ステアリングからクルマの動きをダイレクトに感じるのがポロの特徴。高速道路でもしっかりとした操舵感と過不足ないエンジンパワーがあり、走行フィールは上々だ。

 ただし、こちらもアダプティブクルーズコントロールなどはオプション設定。安全性能や快適さも上がるテクノロジーパッケージは、使用シーンによって要検討だ。

 フォルクスワーゲンならではの、しなやかな走りを体感できるポロ。この軽快さは、ポロでしか味わえない。

■走りの良さを際立たせるアクア GR SPORT

アクアGR SPORT(全長4095×全幅1695×全高1485mm)

 アクアが持つ走りの良さをより際立てたのがGR SPORTだ。車両本体価格は259万5000円と、今回紹介する3台の中では最も安い。

 ボディサイズも車両全幅が1695mmと5ナンバーサイズに収まっており、狭い小道でもスイスイ入っていける。日本の道では圧倒的に5ナンバーコンパクトが使いやすいことを改めて感じられる1台だ。

 最小回転半径は、3台の中で最も大きい5.3m。ロングホイールベースと17インチまで引き上げられた専用ホイールが、小回り性能を少し犠牲にしているが、実際の取り回しは悪くない。

 1.5LのHEVを積み込み、ダイナミックフォースエンジンとモーターで加速していく走行フィールは、高速道路でも必要充分。

 専用のサスチューンやブレースの追加によって高められたボディ剛性が、ステアリングに確かな手ごたえを与えてくれる。

 また、長いホイールベースから生まれる直進安定性と室内の広さは秀逸。自然と真っ直ぐ走ってくれる走行性能は重要で、ロングクルージング時の疲労軽減にもつながるのだ。

 価格とボディサイズが魅力的なアクア。見た目は小さくても、居住性や走りなどで我慢しなければならない点はほとんどない。

 近年のコンパクトカーには、各メーカーの技術が詰め込まれた宝石箱のようなクルマが多い。小さいからこそ気を遣わず、小さいながらもストレスを感じない走りができる。

 SUVやミニバンもいいが、1~2名乗車ならぜひコンパクトカーを選んでほしい。小さいからこそ生まれる様々な魅力は、多くのドライバーを虜にするはずだ。

 今、人気のクルマはミニバンやSUVである。使い勝手が良く車内が広いのは魅力だが、比較的ボディサイズの大きなクルマが多く、取り回しが不安というドライバーも多いはず。

 小さなクルマにスポットライトが当たりにくくなった昨今だが、小さなクルマで街中をスイスイ走るのは、いつの時代も捨てきれない魅力の一つだ。

 今回は、車両本体価格300万円以下、ボディ全幅1750mm以下の条件で、街中はもちろん高速道路使いもストレスにならない、走りが楽しいコンパクトカーを紹介していく。

[articlelink]

こんな記事も読まれています

5G対応TCU発表、ハーマンがクアルコム「スナップドラゴン」活用…MWC 2024
5G対応TCU発表、ハーマンがクアルコム「スナップドラゴン」活用…MWC 2024
レスポンス
アストンマーティン、新型「ヴァンテージ GT4」発表。GTレーサーの最強ラインアップが完成!
アストンマーティン、新型「ヴァンテージ GT4」発表。GTレーサーの最強ラインアップが完成!
LE VOLANT CARSMEET WEB
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
レスポンス
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
motorsport.com 日本版
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
レスポンス
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
くるまのニュース
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
バイクブロス
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
AUTOCAR JAPAN
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
WEB CARTOP
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
LE VOLANT CARSMEET WEB
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
乗りものニュース
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
くるまのニュース
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
Webモーターマガジン
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
日刊自動車新聞
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
AUTOSPORT web
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
バイクブロス

みんなのコメント

5件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

273.9435.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8388.0万円

中古車を検索
ポロの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

273.9435.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8388.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村