サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 富裕層もSUV志向? レクサス小型SUV参入から1年 「UX」の販売事情とは?

ここから本文です

富裕層もSUV志向? レクサス小型SUV参入から1年 「UX」の販売事情とは?

■レクサスの小型SUV「UX」の気になる売れ行き

 新車市場においてSUVの人気が高まってから久しいですが、そんななか2018年11月27日に発売されたのがレクサス「UX」です。2019年11月で発売から丸1年を迎えたUXは、SUV市場のなかでもとくに人気の小型SUVに分類されるモデルです。

威圧感、凄っ! レクサス新型「LM」とトヨタ「アルファード」どっちが欲しい?

 発売から1年が経ったいま、販売状況はどのようになっているのでしょうか。

 新型車がもっとも売れる時期は、発売直後のことがほとんどです。発売後数か月が経過すると、多くの場合販売状況は落ち着く傾向にあります。

 実際に、UXも発売後1か月間の受注台数は約8800台を記録し、月販目標台数として設定された900台の10倍近い受注となりました。

 発売から約1年が経過した現在、月販目標台数に対するUXの販売状況はどのようになっているのでしょうか。

 日本自動車販売協会連合会が発表する販売台数ランキング(軽自動車・輸入車除く)によると、発売の約半年後から約1年後までにあたる2019年度上半期(4月から9月まで)におけるUXの販売台数は、8336台となりました。ひと月あたりに換算すると約1389台となることから、月販目標を達成している状況です。

 UXにはハイブリッド仕様の「UX250h」とガソリンエンジン仕様の「UX200」がありますが、このうちハイブリッド仕様の割合は約86%を占めます。

 UXが好調となっている要因についてレクサスの広報担当者は次のように話します。

「お客さまからは、大胆かつ洗練された外観や、日本の美意識を取り入れた内装デザイン、俊敏な走りや取り回しのよさなどの点について、高評価をいただいています」

※ ※ ※

 UXは2019年度上半期のレクサス車のなかでもっとも販売台数の多いモデルとなり、国内市場においてレクサスの販売状況をけん引する車種です。

 また、発売翌月の2018年12月から直近(2019年10月)の各月における国産登録車全体の販売ランキングにおいても、11か月間すべてトップ50内にランクインしていることから、安定した売れ行きとなっていることがわかります。

 その後、好調となっているUXを追いかけるかのように、レクサスのほかのSUVモデルが相次いで改良を実施。2019年4月には「NX」が一部改良を、「RX」がマイナーチェンジをおこないました。

 いずれもUXよりも車格の高い上級モデルとなっており、レクサスのSUVラインナップ全体が盛り上がりを見せる状況となっています。

■トヨタ小型SUV「C-HR」販売向上へ向けた打開策とは

 UXが好調な一方、販売面で落ち込みが見られるのが、トヨタ「C-HR」です。

 C-HRは、UXとプラットフォームを共有するコンパクトサイズのSUVで、価格帯(消費税込)はUXの397万2222円から544万9074円に対し、C-HRは236万7000円から309万5000円とかけ離れているものの、ボディサイズはUXが全長4495mm×全幅1840mm×全高1540mmで、C-HRは全長4385mm×全幅1795mm×全高1550mm(標準グレードの2WD仕様)と、近い寸法となっています。

 C-HRは2016年12月の発売後、2017年には年間11万7299台を販売し、SUVカテゴリで販売台数1位となりました。しかし、翌年の2018年には販売台数が7万6756台まで落ち込み、対前年比65.4%を記録します。

 発売時点で、C-HRには月販目標台数として6000台が設定されていましたが、2017年のひと月あたりの販売台数は約9775台だったので問題なくクリアできていたものの、2018年はひと月あたり約6396台となり、なんとか目標をクリアしたかたちとなります。

 その後も売れ行きは下落傾向で、2019年もひと月あたりに平均すると概ね4000台から5000台程度です。

 しかし、2019年10月にC-HRとして初めておこなわれたマイナーチェンジでは、外装のブラッシュアップをおこないスポーティ感を高めたほか、1.2リッターターボエンジン車に6速MTを新設定するなどの変更をおこなっています。

 また、モータースポーツ活動で得たノウハウや知見を投入したスポーティグレード「GR SPORT」を新設定しました。

 2019年4月にC-HRより車体の大きなSUVとして発売されたトヨタ「RAV4」が、世界初の機構を採用した4WDシステムの搭載や、直線基調の外装デザインの採用により、ワイルド感が強いと評されることが多いなか、C-HRはスポーティ路線に振ることで差別化を図っているようにも見られます。

 UXがレクサスのSUVラインナップをけん引するなか、同じプラットフォームを持つC-HRが国産SUV市場で再び首位となれるのか、注目されます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します