現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 3年前にレジェンドが実現した自動運転レベル3! なぜそれ以降1台も登場しない?

ここから本文です

3年前にレジェンドが実現した自動運転レベル3! なぜそれ以降1台も登場しない?

掲載 10
3年前にレジェンドが実現した自動運転レベル3! なぜそれ以降1台も登場しない?

 この記事をまとめると

■2020年11月にホンダは自動運転レベル3対応の「ホンダセンシングエリート」を搭載した「レジェンド」を発売

情報収集なくしていまのクルマは走れない! じっくり見るとセンサーだらけだった

■自動運転レベル3は内閣府を中心としたSIPというプロジェクトにおける多様な分野での実績により実現したもの

■乗用車については、コスト面と実用面から当面は自動運転レベル2をさらに高度化させることを重視することになる

 ホンダがいち早く自動運転レベル3を実現

 少しだけ、時計の針を戻してみたい。

 ホンダは2020年11月、「自動運転レベル3型式指定を国土交通省から取得」というニュースリリースを出した。これは、同年4月1日に一部改正された道路運送車両法に基づくものだ。同法では、クルマの保安基準について定めているが、自動運転レベル3について、性能、作動状態記録装置、そして外向け表示について、ホンダが対応したということだ。

 自動運転レベル3とは、運転の主体をクルマのシステムが担う、実質的な自動運転を指す。自動運転レベル1と2は事実上、先進運転支援システムであり、一般的なイメージや法的な解釈として自動運転ではない。

 また、自動運転レベル3では、運転席に人が常時座り、必要に応じて運転を行なう場合がある。

 国からの型式指定を受けて、ホンダは2021年3月、先進運転支援システム「ホンダセンシングエリート」を搭載した「レジェンド」を発売するに至った。

「エリート」とは、ほかのモデルで採用されているホンダセンシングより、さらに一歩先の自動運転レベル3を意味する。ホンダセンシングエリートでは、ハンズオフ機能、渋滞時のトラフィックジャムパイロット、さらに緊急時の停車支援装置などを盛り込んだ。

 同モデルが発売されたあと、筆者は国などが主催する自動運転や先進運転支援システムに関係する各種会合やイベントで、同モデルに試乗した。また、ホンダ本社から数日間、同車を借りて関東圏の各所でテストドライブをしている。

 試乗の感想としては、周囲のクルマに対するセンシングの精度が高く、また車線変更時のドライバーに対する違和感の少ない自然な動きなど、さまざまな点でホンダの自動運転技術に感銘を受けた。

 今すぐレベル3搭載車を乗用車で拡大していくのは現実的ではない

 また、国内初の自動運転レベル3は、けっしてホンダ1社の企業努力で実現できたのではないことも十分に承知している。2014年から続いた産学官連携による国家プロジェクトにおける、多様な分野での実績があってこそ、レジェンドの自動運転レベル3が世に出たのだと思う。

 この国家プロジェクトは、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)という。内閣府が中心となり、日本の産業競争力強化を進めるもので、そのひとつに自動運転があった。関係各省庁、自動車メーカー、自動車部品メーカー、大学等の研究機関、さらにベンチャー企業など、いわゆるオールジャパン体制で次世代技術の量産化を目指し、第一期と第二期あわせて9年半にわたり実施された大規模プロジェクトである。

 SIPの自動運転プログラムを総括した責任者は「SIPの初期、日本は欧米に対して、周回遅れだった」と当時を振り返った。周回遅れとは、法的な面や技術開発など、自動運転の社会実装に必須のことのほぼすべてに対する言葉だ。

 それが、9年半の関係者の皆さんの激務を経て、道路交通法や道路運送車両法の改正や、国際協調、そして人材育成などにおいて日本は自動運転分野で大きな成果を挙げた。

 SIPを通じて自動運転にかかわる多くの人が、自動運転における「現実解」を痛感したとも言えるだろう。

 つまり、バスやタクシーなどの公共交通機関では、近い将来にドライバーレスの自動運転レベル4の社会実装の可能性があること。一方で、乗用車については、コスト面と実用面で、当面は自動運転レベル2をさらに高度化させることを重視し、その一部で自動運転レベル3も実現し得るという見方だ。

 こうしたことから、レジェンドで先行した自動運転レベル3については、現時点(2023年12月)では、それにすぐに追従する動きがない。

関連タグ

こんな記事も読まれています

新造 LNG 燃料フェリー「さんふらわあ かむい」の命名・進水式を実施/大洗~苫小牧航路に2025年就航予定
新造 LNG 燃料フェリー「さんふらわあ かむい」の命名・進水式を実施/大洗~苫小牧航路に2025年就航予定
バイクブロス
愛車に乗って、ビキニギャルと出会えるBBQに行っちゃう!? 5月18日(土)「SEA SIDE MAGIC inラグーナ蒲郡」で相席BBQ ビキニ着用の女性は50%OFF
愛車に乗って、ビキニギャルと出会えるBBQに行っちゃう!? 5月18日(土)「SEA SIDE MAGIC inラグーナ蒲郡」で相席BBQ ビキニ着用の女性は50%OFF
月刊自家用車WEB
【スズキ】元世界耐久選手権チャンピオンによるライディングスクール 「スズキ北川ライディングスクール」 2024年度の開催日程が決定!
【スズキ】元世界耐久選手権チャンピオンによるライディングスクール 「スズキ北川ライディングスクール」 2024年度の開催日程が決定!
バイクブロス
北条の巨大な山城「滝山城跡」は想像以上に堅固な要塞だった
北条の巨大な山城「滝山城跡」は想像以上に堅固な要塞だった
バイクのニュース
武骨、しかし万能!!! ジープはいつも侮れないのだ! 3代目ラングラー試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
武骨、しかし万能!!! ジープはいつも侮れないのだ! 3代目ラングラー試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
メルセデス・ベンツがメカニックを養成する理由が深かった! 東京工科自動車大学校「メルセデス・ベンツコース 卒業を祝う会&同窓会」が初開催
メルセデス・ベンツがメカニックを養成する理由が深かった! 東京工科自動車大学校「メルセデス・ベンツコース 卒業を祝う会&同窓会」が初開催
Auto Messe Web
古い名車ではなく、新しい愛車を探しに行ってみた。W124の最終型は想定外の価格!フルレストアの924も捨てがたい!!【最新Q車事情 オートモビルカウンシル探訪編】
古い名車ではなく、新しい愛車を探しに行ってみた。W124の最終型は想定外の価格!フルレストアの924も捨てがたい!!【最新Q車事情 オートモビルカウンシル探訪編】
Webモーターマガジン
ニッサン・フォーミュラEが初勝利。暫定トップのダ・コスタに違反発覚でローランドが繰り上がり優勝
ニッサン・フォーミュラEが初勝利。暫定トップのダ・コスタに違反発覚でローランドが繰り上がり優勝
AUTOSPORT web
ブリッツの「テレビナビジャンパー」にレクサスやクラウンなど4車種の適合が追加
ブリッツの「テレビナビジャンパー」にレクサスやクラウンなど4車種の適合が追加
レスポンス
まもなく発売!? 日本で初登場の“オフロードも得意なプレミアムSUV”レクサス新型「GX」ってどんなクルマ?
まもなく発売!? 日本で初登場の“オフロードも得意なプレミアムSUV”レクサス新型「GX」ってどんなクルマ?
VAGUE
ホンダが新型「最上級SUV」公開! 大排気量V6&全長5mボディ採用! 顔面刷新で“精悍顔”に進化した「MDX」米に登場
ホンダが新型「最上級SUV」公開! 大排気量V6&全長5mボディ採用! 顔面刷新で“精悍顔”に進化した「MDX」米に登場
くるまのニュース
未来のモビリティ、2050年の東京を見る!…SusHi Tech Tokyo 2024 4月27日からショーケース
未来のモビリティ、2050年の東京を見る!…SusHi Tech Tokyo 2024 4月27日からショーケース
レスポンス
キジマからハーレー X350用カスタムパーツ3アイテムが発売!
キジマからハーレー X350用カスタムパーツ3アイテムが発売!
バイクブロス
都会も山もイケちゃいます! 今が旬のRAV4は買いか? PHEVも搭載して文句なしの仕上がり
都会も山もイケちゃいます! 今が旬のRAV4は買いか? PHEVも搭載して文句なしの仕上がり
ベストカーWeb
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
WEB CARTOP
マクラーレンの日本7店舗目となる正規販売拠点、「マクラーレン横浜」がみなとみらいエリアにオープン!
マクラーレンの日本7店舗目となる正規販売拠点、「マクラーレン横浜」がみなとみらいエリアにオープン!
LE VOLANT CARSMEET WEB
中上貴晶、1周目に他者との接触で転倒「日曜日は最大限のパフォーマンスを発揮したい」/第3戦アメリカズGP スプリント
中上貴晶、1周目に他者との接触で転倒「日曜日は最大限のパフォーマンスを発揮したい」/第3戦アメリカズGP スプリント
AUTOSPORT web
すれ違ったバスの「ナンバープレートの位置」が明らかにヘンだったのですが… 実は増えてる その正体とは?
すれ違ったバスの「ナンバープレートの位置」が明らかにヘンだったのですが… 実は増えてる その正体とは?
乗りものニュース

みんなのコメント

10件
  • fie********
    実質的なメリットがないからでしょう。
  • dor********
    某N社のプロパイロットも区間を限定した高速道路上をデータ化しあくまで準天頂衛星を受信出来る限定的で衛星の測位が出来ない遮蔽物やトンネル内ではバージョンが下がる仕組みで自動運転には程遠い、あと50年程度の未来でも運転手が勝ると思います
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

707.41100.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8520.0万円

中古車を検索
レジェンドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

707.41100.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8520.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村