現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 800万円超え! トヨタがド迫力エアロの新型「スポーティセダン」発表 最新「カローラGRスポーツ」亜に登場で反響は

ここから本文です

800万円超え! トヨタがド迫力エアロの新型「スポーティセダン」発表 最新「カローラGRスポーツ」亜に登場で反響は

掲載 17
800万円超え! トヨタがド迫力エアロの新型「スポーティセダン」発表 最新「カローラGRスポーツ」亜に登場で反響は

■新型「カローラGRスポーツ」発表

 トヨタのアルゼンチン法人は2023年11月1日、「カローラ」のスポーティ版「カローラGRスポーツ」の最新2024年型を発表しました。これについてSNSではどのような反響があるのでしょうか。

【画像】めちゃカッコイイ! トヨタ”新型スポーティセダン”「カローラGRスポーツ」を画像で見る(50枚以上)

 アルゼンチンで展開されている4ドアセダンのカローラは、日本のカローラ(セダン)より大きく、基本的に欧州などで販売されているカローラと共通です。

 ボディサイズは全長4630mm×全幅1780mm×全高1435mm、ホイールベースは2700mmで、日本のカローラ(全長4495mm×全幅1745mm×全高1435mm)より一回り大きなサイズです。

 そのカローラのスポーティ版「GRスポーツ」は、ベースのカローラから足回りやエクステリアが変更されています。

 エクステリアは、大径グリルを含む専用のエアロパーツを採用し、よりスポーティな印象に。インテリアは、赤いアクセントが特徴的な専用デザインのシートを採用するなど、ドライバーの走りへの意欲をかき立てる仕様です。

 今回発表されたカローラGRスポーツの2024年型は、前方衝突防止システム(PCS)やアダプティブクルーズコントロール(ACC)などを含む先進安全装備「Toyota Safety Sense」を初搭載。

 エクステリアは、黒塗装の新しいホイールとサンルーフを追加しています。

 インテリアは、12.3インチのデジタルスクリーンを備えた新しいTFT液晶メーターを新たに搭載するほか、乗客の利便性を高めるために、後部座席用のエアコン吹き出し口と2つのUSB-Cコンセントを追加しました。

 パワートレインは、最高出力171馬力・最大トルク203Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒エンジンとCVTを組み合わせています。

 また、通常のカローラと比較してアンチロールバー付きの精密チューニングが施されたGRスポーツサスペンションが装備され、優れたハンドリングと安定性を実現するほか、特別にチューニングされた電動パワーステアリングにより、走行性能を高めている点は従来どおりです。

 ボディカラーはブラック、メタリックレッド、パールホワイトの全3色。価格は1950万3000アルゼンチン・ペソ(約839万円)です。

 この新カローラGRスポーツ2024年型に対し、SNSでは、「カッコ良すぎる!」「日本では発売されていないので、うらやましい」「想像していたド迫力エアロとは違った」などといった感想が。

 また、「いくらなんでも、カローラが800万円!?」「円安とは言え現地価格で800万円は高級車ですよね」「アルゼンチンでの発売だけどカローラも高くなっちゃったね」など価格に注目する人も多くいました。

こんな記事も読まれています

「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
くるまのニュース
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
レスポンス
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
motorsport.com 日本版
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
くるまのニュース
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
バイクのニュース
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
Auto Messe Web
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
Webモーターマガジン
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
motorsport.com 日本版
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
WEB CARTOP
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
WEB CARTOP
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
くるまのニュース
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
motorsport.com 日本版
【試乗】いまほしいクルマのNO.1に躍り出た! レクサスGXの快適性と悪路走破性の両立がヤバい!!
【試乗】いまほしいクルマのNO.1に躍り出た! レクサスGXの快適性と悪路走破性の両立がヤバい!!
WEB CARTOP
米アカデミー5部門ノミネート! 夫殺しを疑われる作家を描くサスペンス『落下の解剖学』
米アカデミー5部門ノミネート! 夫殺しを疑われる作家を描くサスペンス『落下の解剖学』
バイクのニュース
レッドブルF1、メルセデスの“ゼロポッド”コンセプトを研究中「うまく実装できるかどうかテストしていく」
レッドブルF1、メルセデスの“ゼロポッド”コンセプトを研究中「うまく実装できるかどうかテストしていく」
AUTOSPORT web
ホンダ、大阪/東京/名古屋のモーターサイクルショー2024出展概要を発表。日本初公開モデルを展示
ホンダ、大阪/東京/名古屋のモーターサイクルショー2024出展概要を発表。日本初公開モデルを展示
AUTOSPORT web

みんなのコメント

17件
  • bit********
    もう、日本人に買えるのは軽四だけですね…。。。
  • ang********
    いくらGRとは言え、カローラに800万は出せんな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

199.0245.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.9380.0万円

中古車を検索
カローラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

199.0245.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.9380.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村