サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロータス・カップ・ジャパン最終戦富士、今季初参戦の山本健一が4連勝で王座決める

ここから本文です

ドライで行われた予選でポールポジションを獲得した山本

JAF(日本自動車連盟)公認レース「LOTUS Cup Japan」、2019年シーズン第5戦が11月17日(日)に、静岡県・富士スピードウェイで開催された。ロタース・エキシージで争われるクラス1は山本健一、エリーゼ中心のクラス2は松尾 修が勝利。最終戦を終えてクラス1の年間タイトルは山本、クラス2は秋葉有一がそれぞれ手にしている。

ロータス・カップ・ジャパン最終戦富士、今季初参戦の山本健一が4連勝で王座決める

秋らしい雲ひとつない晴天に恵まれ、午前9時10分にスタートした予選は2回目のアタックラップで1’53.044を記録した山本がポールポジション。