現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランクル70でガンガン雪道を走りたい!! 大穴的存在!? トーヨータイヤのSUV専用スタッドレスってどうなのよ!?

ここから本文です

ランクル70でガンガン雪道を走りたい!! 大穴的存在!? トーヨータイヤのSUV専用スタッドレスってどうなのよ!?

掲載 11
ランクル70でガンガン雪道を走りたい!! 大穴的存在!? トーヨータイヤのSUV専用スタッドレスってどうなのよ!?

 SUVオーナーたるもの、冬のシーズンは雪道をガンガン走りたいと思っている人が多いはず。そこで気になったのが「オープンカントリー」でSUVユーザーのハートを掴んでいるトーヨータイヤ。SUV専用スタッドレスタイヤ「オブザーブ GSi-6」を再再販ランドクルーザー70に履かせて試してきたぞ!!!

文/ベストカーWeb編集部、写真/小林岳夫

ランクル70でガンガン雪道を走りたい!! 大穴的存在!? トーヨータイヤのSUV専用スタッドレスってどうなのよ!?

■あえて選ぶ「その他」の選択肢

トーヨータイヤのSUV専用タイヤ「オブザーブGSi-6」。見た目は「THE・スタッドレス」といった感じだが……重量級のランクル70でもちゃんと使えるのか!?

 正直な話をすればスタッドレスタイヤを選ぶときに想定するメーカーはなんとなくぼんやり浮かぶ。今回自分で新車としてランクル70を購入し、スタッドレスタイヤを選ぶときにあえて「他の選択肢」を探してみた。

 そこで目についたのがトーヨータイヤのSUV専用スタッドレスタイヤ「オブザーブGSi-6」。トーヨーといえばオープンカントリーが絶好調だが、実はスタッドレスの歴史も長い。胡桃(くるみ)の殻を配合しているイメージを持っている人も多いと思うが、これは最新モデルでも継続中。

 私が選んだオブザーブGSi-6についてもシリカやカーボンパウダーに加えて鬼クルミ殻を配合しており、やっぱりそのこだわりはトーヨーらしい。とはいえ蘊蓄はそこそこに、やっぱりスタッドレスはその安心感が大切。

 今回は冬の東北をブラリとしてきたのでお届けしよう。

■ドライでぐにゃぐにゃしないのか?

高速道路を走らせても不安な感覚はなく、静粛性も高い。スタッドレスタイヤとしては文句なしの性能だ!!!

 とにもかくにも実走あるのみ! しかし圧倒的な暖冬のおかげで都心から青森の800kmの東北道はすべてドライ路面。この手の大きなスタッドレスタイヤの悩みのひとつにドライでの妙なフィーリングがある。グニャーっとしなるサイドウォール、そして轟音をあげるロードノイズ。120km/h区間もある東北道だからそのあたりのドライ性能も大切だ。

 埼玉を抜け、栃木、福島と道のりを続ける。まったくと言っていいほどノイズが気にならない。再再販のランクル70はその静粛性向上も話題になっているが、クルマの完成度を阻害するようなノイズは感じない。お世辞抜きに静か。

 120km/hの追い越しレーンチェンジでもリアが振られるような「おつり」も感じず、ピタッとクルマの向きが変わる。もちろんサマータイヤと比べれば曖昧さは出てくるがスタッドレスタイヤとしては十二分な性能だ。

■トーヨーのスタッドレスが効かないってマジなの?

ランクル70の高いトラクション性能と相まって雪道もグングン進んでいく。結構良いじゃん!!!

 巷ではトーヨーのスタッドレスはダメ、という声をよく聞く。担当が個人的に北海道や東北で試した経験からいうと「効かない」というのはやや語弊があるようにも思える。もちろん使用環境によることもあるが、現代の基準できちんとスタッドレスタイヤとして通用するレベルにあるのはたしかだ。

 ただ今回のGSi-6については初使用。しかも2.3tのヘビークロカンであるランクル70はやや荷が重いんじゃないかと思ったのは事実だ。800kmの自走を経て目的地の青森県の豪雪地帯である酸ヶ湯に到着した際には、すっかり日は沈んでいた。積雪こそ少なかったが路面はガリガリのアイスバーン。

 2.3tの車重でそろりそろりと急坂を登る。時折ズルズルっと車体が流れるシーンはあったものの、そのスライドは段階的にやってくるもので急にブレイクするものではないから安心感は高い。一晩たち青森市街は晴れ。路面もアスファルトが見えており、まったくもってスタッドレスタイヤのテストという実感はない。

 少し山間部に走り除雪が入っていない県道に到達。膝くらいまでの積雪を掻き分けランクル70が進む。さすがにトランスファーを4Lに投入。スタッドレスタイヤは冬の道はどんな状況でも安心感が高いと思いがちだが、一般的には新雪やシャーベット状の雪道はそんなに得意としない。

 夜間の冷気もあり路盤の表面は固められているものの、荷重をかけるとズンズンとタイヤが雪に埋もれていく。少し進んでは15cmくらい沈み込むようなイメージだ。

 GSi-6も物理法則にはもちろん逆らえないが、ある一定の沈み込みからトレッドが雪をしっかり掻き出していく様子が伝わってきた。前方でスタックしたジムニーを救援するシーンにも遭遇したが、ランクル70のトラクションは抜群。

 ウェット路面を含めてひと通りのテストをこなしたが際立った弱点はない。特に水分の多い本州の雪ではおすすめのスタッドレスタイヤといえる。

こんな記事も読まれています

新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?
新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?
ベストカーWeb
まさかの「V16」搭載“セダン”あった!? 6速MT×400馬力超え「最高級モデル」がスゴい! ド迫力「エラ」装備の斬新セダンとは何者だったのか
まさかの「V16」搭載“セダン”あった!? 6速MT×400馬力超え「最高級モデル」がスゴい! ド迫力「エラ」装備の斬新セダンとは何者だったのか
くるまのニュース
危険じゃない? バイクをレトロに変身させるヘッドライトバイザーとは
危険じゃない? バイクをレトロに変身させるヘッドライトバイザーとは
バイクのニュース
次世代EVなど23車種を発売へ、2030年までに…印マヒンドラ
次世代EVなど23車種を発売へ、2030年までに…印マヒンドラ
レスポンス
自動運転、乗用車には非現実的 仏ルノーが新方針 「レベル3以上」は公共交通機関へ
自動運転、乗用車には非現実的 仏ルノーが新方針 「レベル3以上」は公共交通機関へ
AUTOCAR JAPAN
激レアなホンダ「ライフピックアップ」を「NSX」のパールホワイトで全塗装! 総生産1000台少しの希少車をカスタムして楽しんでます
激レアなホンダ「ライフピックアップ」を「NSX」のパールホワイトで全塗装! 総生産1000台少しの希少車をカスタムして楽しんでます
Auto Messe Web
矢崎総業と東レ、リサイクルPBT樹脂を共同開発 ワイヤーハーネス用コネクターに適用
矢崎総業と東レ、リサイクルPBT樹脂を共同開発 ワイヤーハーネス用コネクターに適用
日刊自動車新聞
道路の真下には川があった!?  渋谷川の暗渠からその痕跡を見つける。
道路の真下には川があった!? 渋谷川の暗渠からその痕跡を見つける。
くるくら
損保大手3社、決算は最高益を更新、自動車保険料は値上げ検討[新聞ウォッチ]
損保大手3社、決算は最高益を更新、自動車保険料は値上げ検討[新聞ウォッチ]
レスポンス
これからさらに気をつけたい紫外線! バイクや人にどのような影響を与えるのか
これからさらに気をつけたい紫外線! バイクや人にどのような影響を与えるのか
バイクのニュース
覆面パト“装い”事故… 「パトカーもどきカスタム」どこからが違反? 過去には「白黒パトカー仕様」で検挙事例も
覆面パト“装い”事故… 「パトカーもどきカスタム」どこからが違反? 過去には「白黒パトカー仕様」で検挙事例も
くるまのニュース
プジョーの次世代EVは航続800km 、680馬力ツインモーター搭載…仏 VIVATECH 2024 出展へ
プジョーの次世代EVは航続800km 、680馬力ツインモーター搭載…仏 VIVATECH 2024 出展へ
レスポンス
デンソー、ルネサス株を売却 保有の半数以上 政策保有株の見直しで
デンソー、ルネサス株を売却 保有の半数以上 政策保有株の見直しで
日刊自動車新聞
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
レスポンス
スバル新型「4ドア・セダン」初公開! 進化版WRX S4!? 改良「水平対向ターボエンジン」搭載! SNSの反響は? 今週末に発表へ
スバル新型「4ドア・セダン」初公開! 進化版WRX S4!? 改良「水平対向ターボエンジン」搭載! SNSの反響は? 今週末に発表へ
くるまのニュース
世界初の量産ストロングハイブリッドバイク カワサキ「NINJA 7 HYBRID/Z7 HYBRID」発売日延期
世界初の量産ストロングハイブリッドバイク カワサキ「NINJA 7 HYBRID/Z7 HYBRID」発売日延期
バイクのニュース
マクラーレンF1、没後30年のアイルトン・セナに捧げる特別カラーリングを公開。黄・緑・青のマシンがモナコ駆ける
マクラーレンF1、没後30年のアイルトン・セナに捧げる特別カラーリングを公開。黄・緑・青のマシンがモナコ駆ける
motorsport.com 日本版
スバルは『レイバック』搭載アイサイトXなどを展示予定…人とくるまのテクノロジー展2024
スバルは『レイバック』搭載アイサイトXなどを展示予定…人とくるまのテクノロジー展2024
レスポンス

みんなのコメント

11件
  • w20********
    ガンガン雪道走る?
    あぶねーから来るんじゃねぇよ。
  • eos********
    オフロード性能を極めたクルマに
    クルマと同等の重要性のあるタイヤを
    極めず、ファッション性を極めるとは
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

588.8800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8528.0万円

中古車を検索
GSの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

588.8800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8528.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村