現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 商用車から登場した名車!! ミニカは三菱のクルマを世に知らしめた名作だった!

ここから本文です

商用車から登場した名車!! ミニカは三菱のクルマを世に知らしめた名作だった!

掲載 23
商用車から登場した名車!! ミニカは三菱のクルマを世に知らしめた名作だった!

 三菱自動車が独立したのは1970年4月、ずいぶんのちのことである。三菱500は「国民車構想」に近いもので、あまりヒットすることなく終わり、その次に登場した「軽」、三菱ミニカが三菱の名を広める役を担った。

文、写真/いのうえ・こーいち

商用車から登場した名車!! ミニカは三菱のクルマを世に知らしめた名作だった!

■商用車をベースに登場

商用車の三菱 360をベースに開発された三菱 ミニカ

 「軽」の商用車として1961年4月に登場したのが三菱360である。三菱らしい質実剛健といった風なそのボンネット・ヴァンは、実用性も高く人気を博した。そこで、そのヴァンをベースに乗用車をつくろう、という計画が立てられ、それは早速実行に移された。

 エンジン、シャシーなどのコンポーネンツはそのまま、リア部分をノッチバック風にアレインジし、フロントグリルなどを変更することで、いとも簡単に完成したようにみえる。基本的にヴァンの三菱360が優秀であった、ということだろう。

 その名は三菱ミニカ。1962年の10月であった。ヴァンのLT20系に対し、LA20系の型式が与えられた。

 当時の「軽」の多くがリアエンジン/リアドライヴを採用していた中で、三菱360はオーソドックスなフロントエンジン/リアドライヴというレイアウトだった。そのおかげでリアのラゲッジスペースの大きさなど、セリングポイントも生まれた。

 エンジンは当初ME21型と呼ばれる2サイクルの空冷直列2気筒359cc、17PSというもの。ヴァンに搭載されたもの、そのままであった。決してパワーフルではないけれど、最高速度80km/hで実用上は不足なし、とされた。

■足周りもヴァンそのままで

ホイールベースは1900mm、全長は当時の「軽」の枠ギリギリの2995mm。少し寸詰まり感はあるが3ボックスの乗用車スタイルを保っていた

 ホイールベースは1900mm、全長は当時の「軽」の枠ギリギリの2995mm。いささか寸詰まりの印象はあるけれど、しっかりと3ボックスの乗用車スタイルをしているところが三菱ミニカの特徴であった。

 垂直のリアウィンドウとその両側の処理など、のちのちギャランFTOで謳った「ファストノッチバック」を先取りしているようで、とても新鮮であった。

 よく見ると、小さなテールフィンがあり、トランクリッドも曲面を描いていてなかなかの意欲を感じさせる。サイドのモール、ルーフ両サイドなども垢抜けた印象を与えるものだ。

 足周りは、書けばフロントが横置きのリーフにウィッシュボーン、ラバーという独立。リアはリーフのリジッド、という、これまた商用車そのまま、であった。

■チェンジを繰り返しつつ16万台

エンジンは当初ME21型と呼ばれる2サイクルの空冷直列2気筒359cc、17PSを発揮。マイナーチェンジでオイルタンクを独立させたME24型に。1968年には水冷エンジン搭載車も追加

 1964年11月に最初のマイナーチェンジを受ける。エンジンがオイルタンクを独立させた「分離給油方式」のME24型になる。パワーもたった1PSだがアップして18PSとなった。

 つづいて1966年12月には廉価版ともいうべき「スタンダード」を追加する。これまでのモデルは「デラックス」として販売がつづけられる。

 この頃になると「軽」のライヴァルたちも数多く出現してくる。対抗するためにも、ミニカはチェンジを繰り返した。1967年5月にはエンジンのパワーアップ。ME24D型エンジンはカタログ上は21PSにアップしたのだが、たとえば圧縮比等のスペック変更なしであったことから、「マジック?」などという声もあがった。

 この後、フロントグリルの変更などもあったが、驚かされたのは1968年10月のチェンジだ。いきなり水冷化した2G10型23PSエンジンを導入し、その搭載車を「スーパーデラックス」としてラインアップに加えたのである。

 翌1969年7月に二代目にあたるA100系「ミニカ70」にチェンジするまでに、16万台あまりを生産、のちの三菱「軽」の基礎をつくった。

こんな記事も読まれています

【カワサキ】Ninja ZX-25R のワンメイクレース「2024 Ninja Team Green Cup 第2戦 岡山国際サーキット」の開催レポートを公開
【カワサキ】Ninja ZX-25R のワンメイクレース「2024 Ninja Team Green Cup 第2戦 岡山国際サーキット」の開催レポートを公開
バイクブロス
超ややこしい!「青梅街道」と「新青梅街道」どっちが広い道路?「途中で名前変わる」という謎のトラップも!? 実際どんなルートなのか
超ややこしい!「青梅街道」と「新青梅街道」どっちが広い道路?「途中で名前変わる」という謎のトラップも!? 実際どんなルートなのか
くるまのニュース
いすゞ、中型観光バス『ガーラミオ』改良新型発売…法規対応で安全性向上
いすゞ、中型観光バス『ガーラミオ』改良新型発売…法規対応で安全性向上
レスポンス
トリマのゲームアプリ第一弾、『トリマソリティア』提供開始…クリアしてポイント獲得
トリマのゲームアプリ第一弾、『トリマソリティア』提供開始…クリアしてポイント獲得
レスポンス
三菱ふそうがEVトラック『eキャンター』のシミュレーター公開…トラック初のオンライン
三菱ふそうがEVトラック『eキャンター』のシミュレーター公開…トラック初のオンライン
レスポンス
スバル「スゴイ“水平対向エンジン”」初公開に大反響! 「スバルらしさ」を追求して次世代エンジン開発へ! 厳しくなる規制に「ボクサー消滅しないで」の声
スバル「スゴイ“水平対向エンジン”」初公開に大反響! 「スバルらしさ」を追求して次世代エンジン開発へ! 厳しくなる規制に「ボクサー消滅しないで」の声
くるまのニュース
新開発のスリックタイヤとともに必勝体制で臨んだ TOYO TIRESニュル24時間耐久レース、5年目の戦い
新開発のスリックタイヤとともに必勝体制で臨んだ TOYO TIRESニュル24時間耐久レース、5年目の戦い
AUTOSPORT web
ポルシェ「930ターボ」が1700万円ならお買い得! 内外装ともに当時のオリジナル状態をキープするも、履歴がないのが要因か!?
ポルシェ「930ターボ」が1700万円ならお買い得! 内外装ともに当時のオリジナル状態をキープするも、履歴がないのが要因か!?
Auto Messe Web
モチーフは日本の墨絵、そして英国王室所有のお城!レンジローバー、日本限定の特別仕様車2モデルを発表!
モチーフは日本の墨絵、そして英国王室所有のお城!レンジローバー、日本限定の特別仕様車2モデルを発表!
LE VOLANT CARSMEET WEB
LMDhマシンはLMHに勝てない? ル・マン24時間終えたキャデラック勢から「対抗するのは難しい」との声
LMDhマシンはLMHに勝てない? ル・マン24時間終えたキャデラック勢から「対抗するのは難しい」との声
motorsport.com 日本版
例年よりも遅い時期の開催。気温上昇などの影響で3ストップの可能性も/ピレリF1スペインGPプレビュー
例年よりも遅い時期の開催。気温上昇などの影響で3ストップの可能性も/ピレリF1スペインGPプレビュー
AUTOSPORT web
【オーマイガー!】見るに堪えられない・・・希少なブガッティ、パガーニ、フェラーリなどが水没&泥の中に沈んでいく・・・でもご心配なく
【オーマイガー!】見るに堪えられない・・・希少なブガッティ、パガーニ、フェラーリなどが水没&泥の中に沈んでいく・・・でもご心配なく
AutoBild Japan
エンケイ『PF06』に、造形を引き立たせるこだわりの新色“ハイパーシルバーブラック”が新設定
エンケイ『PF06』に、造形を引き立たせるこだわりの新色“ハイパーシルバーブラック”が新設定
AUTOSPORT web
プルシェールがシート喪失。アロウ・マクラーレンがノーラン・シーゲルと複数年契約/インディカー
プルシェールがシート喪失。アロウ・マクラーレンがノーラン・シーゲルと複数年契約/インディカー
AUTOSPORT web
レトロで映える蒸気機関車風デザインの薪ストーブ「ME」がクラウドファンディングに登場!
レトロで映える蒸気機関車風デザインの薪ストーブ「ME」がクラウドファンディングに登場!
バイクブロス
実用化に向けたカウントダウン開始!? トヨタが水素燃料電池トヨタ・ハイラックス・ピックアップトラックプロの最終段階移行を発表
実用化に向けたカウントダウン開始!? トヨタが水素燃料電池トヨタ・ハイラックス・ピックアップトラックプロの最終段階移行を発表
バイクのニュース
アルファロメオのコンパクトSUV「トナーレ」に、自動車業界初のデジタル認証機能を採用。中古市場での信頼性アップに期待
アルファロメオのコンパクトSUV「トナーレ」に、自動車業界初のデジタル認証機能を採用。中古市場での信頼性アップに期待
Webモーターマガジン
奇抜デザインなのに最高の乗り心地!? ハイドロサス搭載[シトロエンC6]は専門店で狙え!!
奇抜デザインなのに最高の乗り心地!? ハイドロサス搭載[シトロエンC6]は専門店で狙え!!
ベストカーWeb

みんなのコメント

23件
  • lala********
    「ライヴァルたち」
    徳大寺「ジャグァー」
  • マダム新子
    ヴァン=バン
    ライヴァル=ライバル
    なんなの
    このカタカナ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

58.382.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0145.0万円

中古車を検索
ミニカの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

58.382.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.0145.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村