現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 好調ムーヴキャンバスの刺客! 突如現れたスライドドアのワゴンR スマイルはダイハツの独占市場を奪えるか?

ここから本文です

好調ムーヴキャンバスの刺客! 突如現れたスライドドアのワゴンR スマイルはダイハツの独占市場を奪えるか?

掲載 更新 73
好調ムーヴキャンバスの刺客! 突如現れたスライドドアのワゴンR スマイルはダイハツの独占市場を奪えるか?

ボディの構成から完全にムーヴキャンバスの後追い企画

スズキの新型軽自動車「ワゴンR スマイル」が9月10日に発売されます。「ワゴンR」という伝統の名前をつけていますが、ワゴンR スマイルは後席ドアがスライドドアで、Aピラーがスーパーハイトワゴンのようなパラレルタイプ(2本の柱で構成されている)になっていたりと、これまでのワゴンRとは完全に異なるモデルになっています。

>>スズキ ワゴンR スマイルのカタログを見てみる

この商品企画には先達がいて、それは2016年9月に発売された「ダイハツ ムーヴキャンバス」です。やはりハイトワゴンの定番モデルである「ムーヴ」の名前を冠していますが、ムーヴキャンバスのボディは別物でAピラーはパラレルタイプ、後席はスライドドアになっています。つまり、ワゴンR スマイルは完全にムーヴキャンバスの後追い企画と捉えるのが妥当です。

業界はもっと早く対抗モデルを出すと思っていた!?

さて、ムーヴキャンバスの商品企画が生まれた理由は「スライドドア世代が1人で使用するのに刺さるハイトワゴン」というものでした。子どもの頃からスライドドアのミニバンに乗ってきた世代にとっては、運転席からそのまま後席ドアを開けられるスライドドアは当たり前であり、たとえば買い物したときにはスライドドアを開けて後席足元に荷物を積むというのが当然という使い方をしているのだそうです。

スライドドアに慣れた世代が運転免許を取得して最初に乗るクルマとして、どのようなカタチが求められるだろう? そんな風に考えてムーヴキャンバスは生まれたわけです。ダイハツの目論見通りスライドドア世代は十分な市場を形成、ムーヴキャンバスはスマッシュヒットしました。デビューから5年の経ったいまでも月販5000台のペースで売れ続けています。

そんなスライドドア世代をがっちり掴んだオンリーワンの存在であるムーヴキャンバスの独走を、指をくわえて眺めていたのがスズキですから、もっと早くキャンバス対抗モデルを出してくると業界的には見ていたのですが、意外にも時間がかかってしまいました。

後発モデルのスマイルは燃費や先進安全にアドバンテージ

後出しモデルだけにワゴンR スマイルはムーヴキャンバスに対して、いくつかの面でアドバンテージをもっています。まずは、129万6900円~の廉価グレードを用意。ムーヴキャンバスの標準グレードは143万円ですから、ずいぶんと安い印象を受けます。ただし、最上級グレードの4WDで比べるとワゴンR スマイルは171万6000円、ムーヴキャンバスは171万500円ですから、わずかにワゴンR スマイルが高くなっています。

燃費面ではワゴンR スマイルが上級グレードをマイルドハイブリッド仕様として、WLTCモード燃費はFFで25.1km/Lをマーク。ムーヴキャンバスは20.6km/Lですから、かなり燃費性能ではリードしている印象です。

ステレオカメラを使った衝突被害軽減ブレーキの性能は似たようなものですが、ワゴンR スマイルはオプションでACC(追従クルーズコントロール)を選べます。4万6200円を足すことでACCのほか、標識認識機能、カラーヘッドアップディスプレイが備わるのはムーヴキャンバスにはない先進安全機能となります。

さらにオプションの全方位モニターを装着すると、すれ違い時に自動でナビゲーション画面に助手席側&前方の映像を表示する「すれ違い支援機能」をスズキで初採用したのも、ターゲットユーザーからするとうれしい機能でしょう。

モデル末期になったムーヴキャンバスの顧客奪還も視野に

そんなワゴンR スマイルの販売目標は月販5000台。ムーヴキャンバスの実績から考えれば、妥当な目標ですが、市場が急に大きくなるわけではありませんから、どこから5000台分のマーケットを生み出すのかは気になるところです。

市場サイズがさほど変わらないとすれば、ワゴンRユーザーのシフト、スペーシアなどスーパーハイトワゴンから移行などが考えられますが、ムーヴキャンバスのデビューから5年目にライバルを登場させた狙いは、2度目の車検を前にしたムーヴキャンバスのオーナーを奪うことにあるのかもしれません。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

※写真
1、2枚目:スズキ ワゴンR スマイル
3、4枚目:ダイハツ ムーヴキャンバス

こんな記事も読まれています

バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクのニュース
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
くるまのニュース
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
@DIME
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
motorsport.com 日本版
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
バイクのニュース
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
くるまのニュース
“アヒル”のマスコットを装備したジープ・ラングラー・アンリミテッドの特別仕様車が登場
“アヒル”のマスコットを装備したジープ・ラングラー・アンリミテッドの特別仕様車が登場
カー・アンド・ドライバー
全長4.4mのルノー新型コンパクトSUV「シンビオズ」まもなく世界初公開! スタイリッシュなワゴンボディに注目
全長4.4mのルノー新型コンパクトSUV「シンビオズ」まもなく世界初公開! スタイリッシュなワゴンボディに注目
VAGUE
新生ランチアはイプシロンで再び栄光を手にする! 新型「ランチア イプシロン」をスタジオでチェック!
新生ランチアはイプシロンで再び栄光を手にする! 新型「ランチア イプシロン」をスタジオでチェック!
AutoBild Japan
ホンダ新型「最小&最安コンパクトカー」実車公開! アンダー160万円&MT設定もアリ!? もはや国民車な爆売れ「ブリオ」尼に登場
ホンダ新型「最小&最安コンパクトカー」実車公開! アンダー160万円&MT設定もアリ!? もはや国民車な爆売れ「ブリオ」尼に登場
くるまのニュース
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
モーサイ
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
WEB CARTOP
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
motorsport.com 日本版
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
くるまのニュース
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
バイクのニュース
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

73件
  • キャンバスは指名買い多そうだし、スマイルと競合しようって客は少ないんじゃないかな
  • ムーヴキャンバスの法がデザインが良い。
    後出しなんだからもっとどうにかならんかったかね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0300.0万円

中古車を検索
ワゴンRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0300.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村