現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマは軽量化が命じゃなかった? EVはかなり重いのにネガとして語られないワケ

ここから本文です

クルマは軽量化が命じゃなかった? EVはかなり重いのにネガとして語られないワケ

掲載 76
クルマは軽量化が命じゃなかった? EVはかなり重いのにネガとして語られないワケ

 この記事をまとめると

■EVはガソリン車と比べて重い

究極ダイエットの激レア車!  走り命で思いっきり軽量化した強烈な国産スポーツモデル3選

■理由はリチウムイオンバッテリーの搭載

■しかしEVにおいて重いことはデメリットではない

 EVは軽自動車であっても上質な乗り味を実現できる

 電気自動車(EV)の車両重量が重くなるのは、大容量のリチウムイオンバッテリーを車載するためだ。

 同じ車格で比較しやすい日産デイズとサクラを比べると、デイズのガソリンターボ車が940kgであるのに対し、サクラは1080kgある。その差は150kgだ。メルセデス・ベンツのSクラスとEQSを比べても、500kgほどEVのほうが重い。それら重量増のほとんどがリチウムイオンバッテリーの重さといえる。

 クルマの性能は、軽量・小型であるほど望ましいと言われ続けてきた。しかし、EVでは、重量に関してその法則にあてはまらない。

 そして重いことで利点が生まれている。元来、高級車は大柄で重量が重いことによって、優雅な乗り心地を実現してきた。したがってEVの場合、たとえ軽自動車であっても上質な乗り味を実現できる。なおかつ騒音が少ないので、静粛性は格段の違いだ。小さな高級車という評価がまさに当てはまる。

 そもそも高級車は、静粛性や滑らかな走りをエンジン車で追求してきた。自動車メーカーにとって、EVになることは、あらゆる性能を苦もなく実現できることにつながる。

 一方、車両重量が重くなれば、加速などでの動力性能に不足が生じたり、大排気量化や過給など追加の技術を加えたりしなければ、エンジン車では車両の重量増分を取り返せなかった。しかしEVであれば、モーターが低い回転で高いトルクを出せる特性なので、これも苦もなく達成できる。このことから、EVの運転では、発進でアクセルペダルをエンジン車のように強く踏みすぎると電力の無駄になってしまう。車両重量が重くても、軽くアクセルペダルを踏むだけで、滑らかかつ十分な発進加速を得られるのがEVだ。

 エンジン車では懸念された重いということが、必ずしも負の要因とならないのがEVなのである。それでも、BMWがi3で試みたように、車両重量を軽くするためカーボンファイバーを車体骨格構造に用いたことは、無駄ではない。重いバッテリーを積みながら、それ以外の車体側で軽量化できれば、充電された電力の無駄遣いをしなくて済む。

 ほかに、重いバッテリーは床下に、平らに敷き詰めるように車載されるため、低重心となり、前後重量配分も均等に近づけることができる。これまで、BMWが苦心してこだわり続けてきた50:50の前後重量配分は、EVになればどのクルマもそれに近づけられる。

 バッテリーを積むことで重くなるのに、重さを感じさせないEVは、クルマの走りに新たな価値をあたえることになる。

こんな記事も読まれています

角田裕毅、難しいモナコで耐えるレースを完遂し8位入賞「重要なのは、ポイントを獲り続けること」
角田裕毅、難しいモナコで耐えるレースを完遂し8位入賞「重要なのは、ポイントを獲り続けること」
motorsport.com 日本版
警視庁も呼びかけ! あなたは知ってる? 愛車のタイヤ寿命…もしかして交換時期!? すぐ確認する方法とは
警視庁も呼びかけ! あなたは知ってる? 愛車のタイヤ寿命…もしかして交換時期!? すぐ確認する方法とは
くるまのニュース
「サンデードライバー」とは?「サンデーライダー」はないの?
「サンデードライバー」とは?「サンデーライダー」はないの?
バイクのニュース
インディ500決勝速報|ニューガーデンが連覇! 佐藤琢磨は14位フィニッシュ
インディ500決勝速報|ニューガーデンが連覇! 佐藤琢磨は14位フィニッシュ
motorsport.com 日本版
スバルが新型「4ドアセダン」世界初公開! 「WRX S4」とは違う!? スゴい“ターボエンジン&AWD”搭載! 富士でお披露目
スバルが新型「4ドアセダン」世界初公開! 「WRX S4」とは違う!? スゴい“ターボエンジン&AWD”搭載! 富士でお披露目
くるまのニュース
さらばウラカン、後継の「ベイビー・ランボルギーニ」について判明した4つのポイント
さらばウラカン、後継の「ベイビー・ランボルギーニ」について判明した4つのポイント
レスポンス
スーパーカー世代には今でも人気!? “サーキットの狼”でも活躍したランチア「ストラトス」って覚えてる? 半世紀前の名車とは
スーパーカー世代には今でも人気!? “サーキットの狼”でも活躍したランチア「ストラトス」って覚えてる? 半世紀前の名車とは
VAGUE
悲願の母国優勝で涙止まらず。ルクレール「ビアンキや父のことが頭をよぎって集中するのに苦労した」
悲願の母国優勝で涙止まらず。ルクレール「ビアンキや父のことが頭をよぎって集中するのに苦労した」
motorsport.com 日本版
6m超え!? トヨタ新型「最大・最上級“商用バン”」発表! 爆デカ&スタイリッシュで超カッコイイ「プロマックス」波で登場
6m超え!? トヨタ新型「最大・最上級“商用バン”」発表! 爆デカ&スタイリッシュで超カッコイイ「プロマックス」波で登場
くるまのニュース
自動車免許取得の平均年齢、群馬県が最年少---都道府県別・自動車免許にまつわるランキング
自動車免許取得の平均年齢、群馬県が最年少---都道府県別・自動車免許にまつわるランキング
レスポンス
モーターショーがオワコン化していると嘆く欧米よ! 「ジャパンモビリティショー」か「アジアの自動車ショー」を見習うべし
モーターショーがオワコン化していると嘆く欧米よ! 「ジャパンモビリティショー」か「アジアの自動車ショー」を見習うべし
WEB CARTOP
F1モナコGP1周目に大クラッシュのペレス、接触したマグヌッセンの”お咎めなし”に驚き「危険なドライビングだった」
F1モナコGP1周目に大クラッシュのペレス、接触したマグヌッセンの”お咎めなし”に驚き「危険なドライビングだった」
motorsport.com 日本版
【訪問記】ケルン西部にあるトヨタコレクションを訪ねる スープラ、2000GT、セリカ等、歴史的コレクションに加え多くのレースカーも!
【訪問記】ケルン西部にあるトヨタコレクションを訪ねる スープラ、2000GT、セリカ等、歴史的コレクションに加え多くのレースカーも!
AutoBild Japan
ホンダ 電動化を機に四輪収益体質改善の「2024ビジネスアップデート」を説明
ホンダ 電動化を機に四輪収益体質改善の「2024ビジネスアップデート」を説明
Auto Prove
[15秒でわかる]トヨタ『4ランナー』新型…15年ぶりのフルモデルチェンジ
[15秒でわかる]トヨタ『4ランナー』新型…15年ぶりのフルモデルチェンジ
レスポンス
マツダから3代目「新型CX-5」登場!? 次期型は25年頃発売か どんな人が興味示す? 自社ハイブリッド搭載明らかに
マツダから3代目「新型CX-5」登場!? 次期型は25年頃発売か どんな人が興味示す? 自社ハイブリッド搭載明らかに
くるまのニュース
公道で乗れるレーシングバイク! アプリリア「RS660エクストリーマ」の実力とは? イタリア発のスーパースポーツは軽い上に超過激
公道で乗れるレーシングバイク! アプリリア「RS660エクストリーマ」の実力とは? イタリア発のスーパースポーツは軽い上に超過激
VAGUE
激しいバトルにピッタリのカラーリング! アライが本格オフロードヘルメット「V-CROSS4バトル」を発表
激しいバトルにピッタリのカラーリング! アライが本格オフロードヘルメット「V-CROSS4バトル」を発表
バイクのニュース

みんなのコメント

76件
  • 『重量増加がネガじゃない』なんできいたことないが?
    エンジニアはエンジン車であろうとEVであろうと軽量化に腐心しているのに見当違いもいいとこ。しかも物理法則に則った安全性を無視している。
  • EVは補助金が出なくなってからが勝負だろ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

68.0358.0万円

中古車を検索
i3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

68.0358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村