現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさに「クラウン ハッチバック」! トヨタ渾身の「小さな高級車」が凄い! “大排気量エンジン”搭載した「爆速ハッチバック」の正体とは!?

ここから本文です

まさに「クラウン ハッチバック」! トヨタ渾身の「小さな高級車」が凄い! “大排気量エンジン”搭載した「爆速ハッチバック」の正体とは!?

掲載 14
まさに「クラウン ハッチバック」! トヨタ渾身の「小さな高級車」が凄い! “大排気量エンジン”搭載した「爆速ハッチバック」の正体とは!?

■時代を超えた「ショート・プレミアム」発想

 国産車には数々の名車が存在する一方で、中にはユーザーの支持を得られることができずに、一代のみで生産終了となった悲運の車種も存在します。
 
 そしてその中には、時代さえ違えば大ヒットの可能性のあった「誕生が早すぎた」モデルも。
 
 トヨタの「ブレイド」も、まさに時代を先取りしすぎたと言える一台です。

【画像】「えっ…!」 似てる! これが「ブレイド」と「クラウン」の比較画像です(26枚)

 2006年に発売したブレイドは、「大人しくない大人に、ショート・プレミアム」というコンセプトで開発された、当時のトヨタブランドの最上級ハッチバックです。

 同年発売のベーシックなハッチバック「オーリス」をベースに上級仕様として独自のデザインが与えられ、ボディサイズは全長4260x全幅1760x全高1505-1530mmと、コンパクトでありながらワイドな全幅の3ナンバーサイズを採用。

 「b」をモチーフとした専用エンブレムやベースのオーリスより遥かに大型のグリルを備え、さらに同社の伝統的な高級車「クラウン」に通じる複雑なデザインのヘッドライトやテールライトを取り入れたことで、まさにハッチバック版のクラウンと言っても過言でない、高級感のある新モデルが誕生しました。

 また、販売ディーラーもトヨタ店とトヨペット店に限られていたことから、トヨタの様々な上級モデルと共に取り扱われる「選ばれた車種」であったことが分かります。

 搭載するパワーユニットには、エスティマやハリアーなどにも用いられていた2.4リッター直列4気筒エンジンと7速のスポーツシーケンシャルシフトマチックのSuper CVT-iを組み合わせ、駆動方式はFFと4WDの2つから選択が可能と、一切の不足を感じさせない高い走行性能を実現しました。

 また、高いプレミアム性を宣言したコンセプトのとおり、サスペンションやブレーキには標準状態でもハイグレードのものを装備。内装にもスエード調表皮を施したパネルやホールド性を重視したシートなど、こだわりのインテリアも特徴だったブレイドは、ベースグレード「ブレイド」とハイグレード「ブレイドG」の2グレードで展開されました。

 しかし、たとえ上質な素材や内装を備えようと、搭載エンジンが実用的な印象の2.4リッターでは、海外高級ブランドがラインナップする上級ハッチバックへの対抗には力不足とトヨタは考えたのか、ブレイドには発売1年後のタイミングで驚くべきハイパワー仕様が投入されます。

 それが2007年8月に発売した「ブレイドマスター」です。

 なんとクラウンにも搭載される大排気量3.5リッターV型6気筒エンジンをコンパクトなボディに搭載し、最高出力は280馬力を発揮。

 これにパドルシフト付のスーパーインテリジェント6速ATを組み合わせ、さらに専用サスペンションやディスクブレーキ、17インチタイヤなど、より「走り」に特化した装備によって小さな車体を軽々と加速させる「攻めたモデル」が完成しました。

■わずか6年で販売が終了…!?

 まさに現在でも通用する「ショート・プレミアム」というコンセプトを体現したといえる「ブレイド」および「ブレイドマスター」。

 奇しくも2023年の秋には、全長4190mmのレクサスの新しいコンパクトSUV 新型「LBX」の発売が予告されるなど、現在は小さいプレミアムカーという市場は大きな注目を浴びているものの、ブレイドの発売した2000年代後半にはまだ奇抜な色物クルマと捉えられる向きもあり、ブレイドの販売は苦戦します。

 発売から数ヶ月は月販目標販売台数の3000台を超える販売台数を維持しましたが、次第に販売数は低迷。2007年以降は月間1000台を下回り、末期には100台以下の月も続きました。

 そしてブレイドシリーズは数回のマイナーチェンジを繰り返した後、2012年6月27日に販売を終了と、登場からわずか6年という短い期間で姿を消しました。

※ ※ ※

 走行性能は高く評価されたものの、残念ながら6年で販売終了となったブレイドシリーズ。

 新車価格は約224万円から342万円と、もちろん中身に伴ったプライスが提示されていましたが、中古車検索サイトを調べてみると、2023年9月現在最上級モデルであるブレイドマスターでも100万円以下、個体によっては50万円前後の価格で見つけることも可能です。

 珍しい大排気量エンジンを搭載した、トヨタ渾身の高級ハッチバック。興味のある人は探してみても面白いかもしれません。

こんな記事も読まれています

幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
AUTOSPORT web
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
motorsport.com 日本版
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
AUTOCAR JAPAN
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
Auto Messe Web
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
motorsport.com 日本版
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

14件
  • よいさく
    トヨタ・ブレイドが存在していた当時はこのクルマを「クラウン・ハッチバック」なんて呼称する人はいなかったぞ
    毎回毎回くるまのニュースは適当なんだよ
  • mas********
    内装も後から貼ったハリボテ感凄くて一切高級感は無かったけどね。
    自慢の3.5LエンジンもFFでトラクション全くかからず、何を目指しているか分からない車だった。
    この時の暗黒期を思えば、今のGRシリーズとか別会社に思える。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

230.0330.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.898.0万円

中古車を検索
ブレイドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

230.0330.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.898.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村