現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル「BRZ」を初代から現行型へ乗り換えたオーナーに聞く「新旧の違いはなんですか?」

ここから本文です

スバル「BRZ」を初代から現行型へ乗り換えたオーナーに聞く「新旧の違いはなんですか?」

掲載 32
スバル「BRZ」を初代から現行型へ乗り換えたオーナーに聞く「新旧の違いはなんですか?」

STIエアロを装着しシンプルなスタイルに

2023年10月29日にTRUST主催で開催されたユナイトミーティングには、トヨタ「86」やスバル「BRZ」やスズキ「スイフトスポーツ」などが数多くエントリーした。そんな会場で発見した86とBRZをピックアップ。今回は、STIエアロをまとったWRブルーのスバル「BRZ」を紹介しよう。

カスタム進行中のトヨタ「86」はROHANのデモカーだった!「内装はブリッドのシートに合わせてレッドでコーディネートしてます」

新旧両型の所有経験があるオーナーが考える新型BRZの魅力とは?

カスタム進行中のスバルBRZのオーナーの千葉さんは、このクルマを購入する前はZC6型、つまり初代のBRZに乗っており、今回2021年式の新しいBRZに乗り換えたそうだ。そこで両方に乗った千葉さんにボディやエンジンなど、新旧BRZの差について聞いてみた。

「単純に排気量が400cc増えたぶん、当然ですがエンジンはパワフルですね。でも本当に進化したと思うのは車体です。ボディ剛性もすごい良いので、普通に乗っているだけでも楽しいし、全体的に走りやすくなったと思います」

ベースは2021年式のSグレードで、これをベースにSTIのエアロパーツを装着。エアロパーツ部分はあえてブラックペイントとしている。リアウイングはTRUSTのサイドマウントタイプをチョイスし、こちらは地のままだ。ホイールもシンプルな2×5本スポークのWeds F Zero FZ-3を装着。明るいシルバーカラーにすることで、ボディカラーと良いコントラストになっている。

足まわりとボディを中心に徹底した補強を施す

そんな千葉さんは、ボディ剛性の高さをさらに良いものにすべく、CUSCO製のロアアームブレース、フロントメンバーブレース、リアメンバーブレース、リアエンドブレースや、ストラットタワーバーを装着。そのほかにもステアリングラックを補強ステーや、強化ミッションマウントなど、各部の補強パーツを装着している。ボディをしっかりと強化したうえで、車高調や前後スタビライザーもCUSCO製をチョイスしている。これら足まわりの強化は外からは目立たない部分だが、千葉さんの車両では徹底して行われている。

インテリアははMOMOステアリングに交換し、TRUSTのシフトノブをチョイス。またペダルにはヒール&トゥがしやすいようにアクセルペダルスペーサーを装着している。

エンジンはBLITZのエアインテークにTRUSTのマフラーを装着し、吸排気系のチューニングを行っているが、あえて過給機は装着していない。また車高調を装着している割には車高も高めだ。そのわけを聞いてみると、次のようにコメントしてくれた。

「このクルマは本当に走っていて楽しいので、近い将来にライセンスを取得してサーキット走行をしたいと思ってます。走るならクリアランスを考慮してあまり車高も低くもできないんです。だからまずはこのクルマの本来の状態をしっかりと把握してからいろいろ詰めていきたいですね」

こんな記事も読まれています

ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
くるまのニュース
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
AUTOSPORT web
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
ベストカーWeb
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
Auto Messe Web
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
モーサイ
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
月刊自家用車WEB
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
月刊自家用車WEB
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
月刊自家用車WEB
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
AUTOSPORT web
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
ベストカーWeb

みんなのコメント

32件
  • fnp90
    もっと具体的に 新旧モデルの違いを
    記事にして欲しかった。
  • poc********
    新旧の比較が聞きたかったのに自慢でマウント取られただけだったでござるの巻
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

330.0381.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

70.0513.0万円

中古車を検索
BRZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

330.0381.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

70.0513.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村