現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】いま乗るならコレが最適解! ボルボXC60のPHEVは一生懸命考えても「ネガ」が見つからないクルマだった

ここから本文です

【試乗】いま乗るならコレが最適解! ボルボXC60のPHEVは一生懸命考えても「ネガ」が見つからないクルマだった

掲載 21
【試乗】いま乗るならコレが最適解! ボルボXC60のPHEVは一生懸命考えても「ネガ」が見つからないクルマだった

 この記事をまとめると

■グレード体系が一新されたボルボXC60リチャージ・アルティメットT6に試乗した

【試乗】「マイルドでしょ?」なんてナメちゃいかん! ボルボV60のマイルドハイブリッドが2023年モデルでもの凄い進化を遂げていた

■2022年にエンジン、モーター、バッテリーのすべてに変更を受けたボルボのPHEV

■ボルボのPHEVは現状で最良の選択と思えるほどの完成度を有している

 パワートレインを一新したボルボのPHEVに乗った

 もはやほとんどピュアEV(以下、BEV)じゃん……。

 ボルボXC60リチャージ・プラグインハイブリッド・アルティメットT6 AWDに試乗しての素直な感想にして、おそらくもっとも端的にクルマの性格を示してるだろう心の声、である。そしてその心の声は、「これって現状の最適解なんじゃないか?」というところに結びついていく。

 すでにお伝えしているとおり、ボルボのプラグインハイブリッド(以下、PHEV)モデルは、2022年の頭にパワートレインに改良の手が入り、エンジン、モーター、バッテリーのすべてが一新されている。

 さらっと説明すると、まずリチウムイオンバッテリーの電池容量が、従来の11.6kWhからおよそ60%増の18.8kWhとなった。おかげでEVモードでの航続距離ほぼ2倍ほどに延び、このXC60では81kmとされている。このPHEVモデルのAWDはフロントを内燃エンジンとモーター、リヤをモーターで駆動する仕組みだが、リヤ側のモーターの出力がおよそ65%高められ、145馬力/309Nmを発揮している。

 また、2リッター4気筒の内燃エンジンは、従来型ではスーパーチャージャーが担っていた主として低回転域のトルクやレスポンスを、クランクインテグレーテッドスタータージェネレーター(以下、CISG)の出力を54馬力/160Nmへと増強することで肩代わりさせることとし、スーパーチャージャーを廃止した。

 XC60に関しては従来のT8がなくなり、今回のT6がラインアップのトップとなった。内燃エンジンが253馬力/5500rpmと350Nm/2500-5000rpm、フロントモーターが71馬力/165Nm、リヤモーターが先述のとおり145馬力/309Nm。従来型のT8と較べると内燃エンジンの出力は低下しているが、前後のモーターが強力になったおかげで、システム総合出力は350馬力とおおよそ不満など感じることのなさそうなレベルをキープしている。

 いや、実際のところ、不満などまったくなかった。力強さも、得られる速度も、滑らかさも、心地好さも、そして完成度の面でも、重箱の隅をつついてみたところで何ひとつウイークポイントらしいウイークポイントを見つけることができないくらい素晴らしかったのだ。

 BEVだけの生活に不安があるならPHEVが断然おすすめ

 今回の試乗は街なか7割、高速道路2割、ワインディングロード1割といった感じだっただろうか。

 走行モードを基本といえる「ハイブリッド」にして街中を穏やかに走っている限り、まず内燃エンジンに火が入ることはない。昨今のフルハイブリッドシステムを搭載したクルマの多くがバッテリーの残量が充分な場合には優先的にモーターのみでの走行するよう作られているのだが、ボルボの最新PHEVはバッテリー容量が大幅に増したおかげで、モーターだけで走っていられる時間と距離が飛躍的に伸びている。

 発進の段階からたっぷりとしたトルクが立ち上がり、滑らかさと力強さと静けさと重厚さを感じさせながらクルマを前へと押し進めていく。そのときのフィーリングが、とても心地好い。冒頭で「もはやほとんどBEV」と述べてるけれど、その理由はここにある。走行モードにはEV走行用の「ピュア」というのもあるのだが、モーターで走る楽しさや気持ちよさをさまざまな局面で満喫したいというとき以外、必要性をほとんど感じなかったくらいだ。

 もちろんこれまた多くのフルハイブリッドモデルと同じように、充電量がたりなくなってきたりアクセルペダルを強く踏み込んだりすると内燃エンジンが始動するわけだが、その際の振動はあってないようなものだし、音も静か。BEV走行からハイブリッド走行への切り替わりはシームレスで、XC60のもつエレガンスはしっかり保たれる。

 内燃エンジン+前後モーターの力をすべて使っての加速は、なかなか強力。スピードもしっかりついてくる。とはいえ、過激な素振りなど微塵も見せず、穏やかに確実に膨らんでいくような印象があるのはボルボらしい。ヒステリックな盛り上がり感のようなものも、物足りなさのようなものも、どちらもドライバーに感じさせず、素早くスピードを積み上げていく味つけの仕方は見事だと思う。走行モードを「パワー」に変えると少し勢いは増すが、そちらも必要性をほとんど感じなかったほどだ。

 もうひとつトピックを述べるとするなら、このPHEVシステムではワンペダル機能が備わった。発進も加速も減速もアクセルペダルひとつでコントロールできるのは、慣れてしまえばとてもラク。その独特のドライブ感覚はやっぱり新鮮で楽しい。しかもボルボのこれは、停止までまかなえてしまう。制御が緻密だからか、すべての動きがとても滑らかだ。こうしたところからも洗練性を感じることができる。

 余談だが、姉にあたるXC90のリチャージ・アルティメットT8 AWDプラグインハイブリッドにもチョイ乗り試乗をしてみた。こちらは内燃エンジンが317馬力に400Nmなので、T6よりもさらに力強いのはたしか。だが、フィーリングや味つけなどは、基本的には同じベクトルの上にあるように感じた。

 XC60はもともと乗り心地も優しく快適で、ハンドリングもほどよくスポーティなSUVだった。それと文句のつけどころが見つけられないPHEVシステムとの組み合わせ、だ。クルマとしての印象が悪いわけなどないだろう。

 冒頭のほうで「現状の最適解」とお伝えしているのだけど、その「現状」とは、これから迎えることになるBEV時代──ということになってる──を前に、充電インフラがロクに進んでいないいま、のこと。買い物だとか送り迎えだとか、そうした日常的な使用はBEV走行だけで軽々まかなうことができ、遠出のときには内燃エンジンがいろいろと補ってくれる、モーターが主役で内燃エンジンがサポート役みたいに仕立てられたこのPHEVシステムは、BEVのクルマに乗りたいのに充電環境の面で諦めざるを得ない、BEVだけで日々を過ごすにはまだ不安がある、といった人たちにとっても抜群に素晴らしい選択肢となるはずだ。

 唯一ボトルネックになることがあるとするなら、マイルドハイブリッドのXC60 B5との180万~185万円ほどある価格差か。もちろんそれだけの価値は充分にあるとは思うのだけど、またMHEVはMHEVでいいところがあるのも事実なのだ。

 どちらか1台を選べといわれたら、僕はだいぶ悶絶する。

こんな記事も読まれています

ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

21件
  • この内外装、特にインテリアのセンスは未来永劫日本人には追いつけなさそう。
    レクサスなんて野暮ったいニトリ風だしな 笑
  • ボルボに1000万はでっかい「ネガ」だな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.9798.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.9798.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村