現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱にスライドドア付き小型「ハイトワゴン」あった!? デリカシリーズの“次男坊”? 使い勝手最強な「D:2」とは?

ここから本文です

三菱にスライドドア付き小型「ハイトワゴン」あった!? デリカシリーズの“次男坊”? 使い勝手最強な「D:2」とは?

掲載 12
三菱にスライドドア付き小型「ハイトワゴン」あった!? デリカシリーズの“次男坊”? 使い勝手最強な「D:2」とは?

■ファミリーでの使い勝手を重視したデリカD:2

 三菱「デリカD:5」といえば、ミニバンの広い室内空間と悪路走破性に優れたSUVを掛け合わせた「SUVミニバン」として人気を得ています。
 
 デリカシリーズとして、軽自動車の「デリカミニ」が追加され、2023年6月に発売されましたが、実は小型車版のデリカが存在するのです。
 
 それが「デリカD:2」です。

【画像】「えっ…!」小さめデリカがカッコいい! これが「D:2」です! 画像を見る(34枚)

 デリカD:2は、コンパクトなボディサイズでありながら広々とした居住空間、乗り降りのしやすい後席スライドドアと多彩なシートアレンジ、使い勝手の良さと優れた予防安全機能を特徴としたトールワゴンです。

 初代モデルは2011年に登場。三菱がスズキからOEM供給を受けるモデルで、スズキでは「ソリオ」として販売されています。

 現行モデルのデリカD:2は2020年にデビューした3代目で、標準仕様のデリカD:2とカスタム仕様の「デリカD:2カスタム」(ソリオ バンディット)が設定されます。

 そのうえで、デリカD:2の外観は、フロントグリルに立体感のあるメッキガーニッシュを採用し、力強い存在感を演出するとともに、ヘッドライトをブラックアウト化することで、気品ある上質なデザインです。

 一方のデリカD:2カスタムは細部まで造り込まれた立体感のあるフロントグリルを採用し、ポジションランプを上部、ヘッドライトを下部に配置する独創的なレイアウトとしました。

 内装は、ソファのようなシートが特徴的で、リビングルームのようなインテリアを採用。2列シートを備えた5人乗りです。

 デリカD:2はネイビーとアイボリーを基調とし、シートは光沢のあるライン柄とグレーミックス表皮を組み合わせており、デリカD:2カスタムはボルドーとブラック基調とし、アクセントとしてメタルのような表皮を用いることで上質感を表現しました。

 最新のデリカD:2は2023年6月に一部改良しており、予防安全技術「三菱e-Assist」に車線逸脱抑制機能を追加し、走行している車線をはみ出しそうになるとステアリング操作を促し、クルマを車線内に戻すサポートをおこなうよう制御を加えました。

 さらに、機能面では、パワースライドドア予約ロック機能にリクエストスイッチ連動機能を追加。

 キーを携帯してスライドドアを閉めている最中に、前席ドア、バックドアのスイッチを押すことでドアロックの予約ができ、パワースライドドアが閉まると同時に施錠が完了するなど、利便性が向上しています。

 デリカD:2/デリカD:2カスタムに搭載されるエンジンは、1.2リッター直列4気筒エンジンとモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドです。ソリオとは異なり、デリカD:2には純ガソリン車はありません。

 駆動方式は2WDと4WDが設定されています。

※ ※ ※

 現在デリカシリーズとして、大きいモデルからデリカD:5、デリカD:2、デリカミニがラインナップされており、いずれもスライドドアを備え、広い室内空間を備えているのが特徴です。

 その一方で、デリカD:5とデリカミニがタフなデザインや走りをウリにしているのに対して、デリカD:2は使い勝手を重視した、ファミリーカーとしての側面が強いようです。

こんな記事も読まれています

懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
motorsport.com 日本版
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
AUTOSPORT web

みんなのコメント

12件
  • アッカギー
    ソリオだろ?つまらん記事を書くな。
    まぁくるまのニュースに文句言ってもどうにもならんだろうが。所詮くるまのニュースだし。
  • k.japan
    なんか悪意すら感じる記事だな
    アンチ三菱が飛び付くとでも?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.8177.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索
ソリオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.8177.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村