現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「ハイラックス“最上級仕様”」登場! “ゴツワイド”ボディにTOYOTAロゴがカッコいい! 超スゴい独GRスポーツ「2」への反響は

ここから本文です

トヨタ新型「ハイラックス“最上級仕様”」登場! “ゴツワイド”ボディにTOYOTAロゴがカッコいい! 超スゴい独GRスポーツ「2」への反響は

掲載
トヨタ新型「ハイラックス“最上級仕様”」登場! “ゴツワイド”ボディにTOYOTAロゴがカッコいい! 超スゴい独GRスポーツ「2」への反響は

■独トヨタ「ハイラックスGRスポーツ2」発表

 トヨタのドイツ法人は2023年10月17日、新型「ハイラックスGRスポーツ2」を発表しました。これに対し、SNSではどのような反響があったのでしょうか。

【画像】超カッコイイ! ”最上級仕様”新型「ハイラックス GRスポーツ2」を画像で見る(120枚)

 ハイラックスは、1968年に初代モデルが登場した歴史あるピックアップトラックです。現在は約180の国と地域で販売されるグローバルモデルに成長しました。現行モデルは、2017年9月に約13年ぶりの日本市場復活を果たした8代目です。

 ボディサイズは全長5320mm×全幅1900mm×全高1840mm(日本仕様/ダブルキャブ「GRスポーツ」)で、日本国内で展開される車種のなかでは大柄ですが、トヨタが北米などで展開する「タンドラ」(全長5814mm×全幅2030mm×全高1925mm)や「タコマ」(全長5728mm×全1910mm×全高1793mm)といったピックアップトラック群のなかでは比較的コンパクトな位置づけです。

 一方、「GRスポーツ」はTOYOTA GAZOO Racingが展開する拡販スポーツモデルです。GRはこのほかにも、「GRヤリス」などのモータースポーツ直系スポーツカーブランド「GR」シリーズや、標準グレードに装着できるGRパーツを展開しています。

 今回ドイツで発表された新型ハイラックスGRスポーツ2は、日本やドイツにすでに存在するハイラックスGRスポーツとは異なる「ハイラックスの最上級仕様車」です。

 ボディサイズは全長5320mm×全幅2020mm×全高1880mm、ホイールベース3085mmで、全幅を大きく拡大。「ワイドトレッド」プラットフォームを採用しており、通常のハイラックスGRスポーツと比べて高さが40mmアップしたほか、トレッド幅が通常のハイラックスシリーズに対しフロントで135mm、リアで155mm増加し迫力ある外観になっています。

 エクステリアは、バンパーとシームレスに統合されたサテンブラックのオーバーフェンダーにより、力強い筋肉質な印象に。フロントバンパーは、アプローチアングルを増加させる形状としており、走破性も高めています。

 インテリアは、パドルシフトや赤いセンターストライプ、GRロゴを備えたレザーのステアリングホイールをはじめ、レザーとスエードが組み合わされたフロントスポーツシート、赤いシートベルト、アルミニウムペダル、新しい「テクニカルメッシュ」ダッシュボード、GRスポーツシフトレバーなどが装備され、スポーティな印象を高めています。

 パワートレインは、最高出力約204馬力・最大トルク500Nmを発揮する2.8リッターディーゼルエンジンと6速ATを組み合わせています。

 この新型ハイラックスGRスポーツ2についてSNSでは、「屋根の後ろに付いてるウィングのような物がメッチャ欲しい」とする声の一方で、「高級感がない」といった意見も。

 また、「トヨタは次々と出るな」「納車はいつなんだろう」など次々と新型や新仕様が登場することに言及する投稿や、「もうサーフは作らないのかな?」と、ハイラックスをベースにしたSUVモデルで過去に国内で販売されていた「ハイラックスサーフ」を振り返る人もいました。

 新型ハイラックスGRスポーツ2は、2024年上半期に販売が、2024年下半期に納車が始まる予定です。

こんな記事も読まれています

ホンダ「EM1e:」「モトコンパクト」 ホンダとして5年連続で「レッド・ドット賞」を受賞
ホンダ「EM1e:」「モトコンパクト」 ホンダとして5年連続で「レッド・ドット賞」を受賞
バイクのニュース
ピアッジオが創立140周年、記念してペスパの特別仕様を発売---140台限定
ピアッジオが創立140周年、記念してペスパの特別仕様を発売---140台限定
レスポンス
台北で「TAIPEI AMPA」が開幕 台湾の自動車部品・用品が一堂に 20日まで開催
台北で「TAIPEI AMPA」が開幕 台湾の自動車部品・用品が一堂に 20日まで開催
日刊自動車新聞
F1中国GPはマクラーレンにとって『ダメージ最小化』狙いのレースに? 苦戦中低速コーナー待つサーキットに覚悟
F1中国GPはマクラーレンにとって『ダメージ最小化』狙いのレースに? 苦戦中低速コーナー待つサーキットに覚悟
motorsport.com 日本版
フォルクスワーゲン「ID.Buzz」 電動ブリは走りの良さが売り!ミニバンとコマーシャルバンの2本立て
フォルクスワーゲン「ID.Buzz」 電動ブリは走りの良さが売り!ミニバンとコマーシャルバンの2本立て
AutoBild Japan
ホンダがスゴい「新型軽バン」今秋発売! 前後2人乗り「タンデム仕様」が斬新! 価格は6月発表で「N-VAN e:」どんな人が買う?
ホンダがスゴい「新型軽バン」今秋発売! 前後2人乗り「タンデム仕様」が斬新! 価格は6月発表で「N-VAN e:」どんな人が買う?
くるまのニュース
中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
WEB CARTOP
639万円のトヨタ「斬新バン」現る!?  フルエアロ&4本出しマフラー仕様! 特別な赤い「スティンガー ハイエース」とは
639万円のトヨタ「斬新バン」現る!? フルエアロ&4本出しマフラー仕様! 特別な赤い「スティンガー ハイエース」とは
くるまのニュース
ヤマハ「YZF-R1"JR Replica"」 65台限定のジョナサン・レイ仕様車登場
ヤマハ「YZF-R1"JR Replica"」 65台限定のジョナサン・レイ仕様車登場
バイクのニュース
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、欲しいサウンドを奏でられる「サブウーファーボックス」を作れる!
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、欲しいサウンドを奏でられる「サブウーファーボックス」を作れる!
レスポンス
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
@DIME
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
@DIME
これ以上ない深化と熟成、そして洗練!「二代目センチュリー」発売!【27年前の今日、こんなことが…】
これ以上ない深化と熟成、そして洗練!「二代目センチュリー」発売!【27年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
第40話 バイク用ジャケットを買ってみた 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
第40話 バイク用ジャケットを買ってみた 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
モーサイ
プジョー 508【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
プジョー 508【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダN-BOX「独自のユーティリティ性と確かな走行性能」
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダN-BOX「独自のユーティリティ性と確かな走行性能」
カー・アンド・ドライバー
スズキの最新「コンパクトミニバン」実車公開! 「MT×ハイブリッド」設定もありでアンダー260万円! 精悍マスクの「エルティガ ハイブリッド」比で登場
スズキの最新「コンパクトミニバン」実車公開! 「MT×ハイブリッド」設定もありでアンダー260万円! 精悍マスクの「エルティガ ハイブリッド」比で登場
くるまのニュース
トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
VAGUE

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

407.2477.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.8690.0万円

中古車を検索
ハイラックスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

407.2477.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.8690.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村