現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ギラギラ系から輸入車まで! よく見れば「大家族」のワゴンRが偉大すぎる

ここから本文です

ギラギラ系から輸入車まで! よく見れば「大家族」のワゴンRが偉大すぎる

掲載 更新 7
ギラギラ系から輸入車まで! よく見れば「大家族」のワゴンRが偉大すぎる

 ソリオももともとはワゴンRだった!

 1993年に登場したスズキの初代ワゴンRのコンセプトは、ホンダがステップバンで先んじていたという声もあったものの、新鮮であり、業界を震撼させたのは事実。他メーカーからも同様のコンセプトのクルマが続々と登場して、日本のお家芸的ジャンルを作り上げた。注目なのはワゴンR自体も裾野がどんどんと広がっていったことで、ソリオももともとはワゴンRの兄貴分だったりした。今回は、海外にも伝播したワゴンRファミリーについて見てみよう。

100年の間には冒険したクルマも! 「名車」だらけのスズキが生んだ「迷車」6台

 もちろん当初は、いわゆるワゴンRだけで登場したのだが、初代にはドア数違いが存在したのをご存知だろうか?  登場時は4ドアで、リヤドアは左側だけとなっていて理由はコストダウンもあっただろうが、右側から降りると危険というのもあった。その後、大ヒットとなったため、バリエーションは増え、マイナーチェンジ時に右側にもドアを装備した5ドア版が追加された。

 そして初代ワゴンRの末期に追加されたのが、ワゴンRワイドだ。ボディはひとまわり大きくて、エンジンは1リッターの直4を搭載。過激な走りが楽しめるターボもあった。

 このワイドで注目なのが1999年に登場したその次の後継車で、ワゴンR +(プラス)だったのが、翌年にはワゴンRソリオ、2005年にはワゴンRが取れてソリオとなって現在に至っている。

 もちろん中身は進化しているとはいえ、同じクルマというか、同じ代で、出世魚的な移り変わりを見せている。ちなみに当時の自動車メディアを見ると、「ワゴンRをベースにした」という表記がけっこうあったが、小型車用のプラットホームでワゴンRとは別物(ワイドはワゴンRベース)。ボディデザインのイメージが共通しているだけであった。

 ファミリーという点ではOEMモデルもあって、お馴染みのところではマツダのAZ-ワゴンで、5代目からはフレアとなっている。

 そしてOEMという点では、海外メーカーにも及んでいて、提携していたGMへとワゴンRプラスを供給して、シボレーMWという車名で販売していた。MWとはミニワゴンの略で、ボウタイマークをフロントグリルにあしらい、車内も木目調パネルを装着するなど、高級化が図られていた。

 そのほか、同じくGMと提携していたオペルには同じくワゴンRプラスをベースとしたアギーラがあって、生産はスズキではなく、オペル自らが行なっていた。

こんな記事も読まれています

懐かしのオープン軽トラ「バモスホンダ」を2台所有! 2年がかりでカタログと同じ仕様に仕上げたアンデスイエローの美車を紹介します
懐かしのオープン軽トラ「バモスホンダ」を2台所有! 2年がかりでカタログと同じ仕様に仕上げたアンデスイエローの美車を紹介します
Auto Messe Web
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
ベストカーWeb
【MotoGP】ランキング首位好調マルティン、ライバルはやっぱりバニャイヤ? 「マルケスやアコスタもいる」と警戒
【MotoGP】ランキング首位好調マルティン、ライバルはやっぱりバニャイヤ? 「マルケスやアコスタもいる」と警戒
motorsport.com 日本版
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
【ハーレー】6/1に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」ライブステージの出演者を発表!
【ハーレー】6/1に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」ライブステージの出演者を発表!
バイクブロス
元世界チャンプ「北川圭一」氏がアナタにアドバイス!2024年度の「スズキ北川ライディングスクール」は4回開催!  
元世界チャンプ「北川圭一」氏がアナタにアドバイス!2024年度の「スズキ北川ライディングスクール」は4回開催!  
モーサイ
ハンモックの最高傑作が上陸! 3秒設置で軽くて丈夫なポータブルハンモック「anymaka(エニーマカ)」【車に積みたいアウトドアアイテム】
ハンモックの最高傑作が上陸! 3秒設置で軽くて丈夫なポータブルハンモック「anymaka(エニーマカ)」【車に積みたいアウトドアアイテム】
月刊自家用車WEB
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
日刊自動車新聞
レッドブル、オーストラリアGPの苦戦”再現回避”に自信? ペレス「僕たちはあそこで多くを学んだ」
レッドブル、オーストラリアGPの苦戦”再現回避”に自信? ペレス「僕たちはあそこで多くを学んだ」
motorsport.com 日本版
スズキ、軽トラック「キャリイ」シリーズを一部仕様変更
スズキ、軽トラック「キャリイ」シリーズを一部仕様変更
月刊自家用車WEB
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
くるまのニュース
ホンダ『N-VAN』一部改良、急アクセル抑制機能を装備…アウトドアスタイルの特別仕様も
ホンダ『N-VAN』一部改良、急アクセル抑制機能を装備…アウトドアスタイルの特別仕様も
レスポンス
【フロントライン】ウッドセクションに8000時間、組み立てに5カ月を要する最高傑作。3作目のコーチビルドコミッション「アルカディア・ドロップテール」を発表
【フロントライン】ウッドセクションに8000時間、組み立てに5カ月を要する最高傑作。3作目のコーチビルドコミッション「アルカディア・ドロップテール」を発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
5年ぶり開催のF1中国GP、路面は再舗装ではなくペイントしただけ? 複数のドライバーが不安視。サインツJr.「特殊な状況で処理されているみたい」
5年ぶり開催のF1中国GP、路面は再舗装ではなくペイントしただけ? 複数のドライバーが不安視。サインツJr.「特殊な状況で処理されているみたい」
motorsport.com 日本版
フォードワークスのマイク・ロッケンフェラーがポルシェ963のシートに“復帰”/IMSA
フォードワークスのマイク・ロッケンフェラーがポルシェ963のシートに“復帰”/IMSA
AUTOSPORT web
「中国GPは厳しい週末になる」とマクラーレンF1代表。マシンとコースの相性に懸念を示す
「中国GPは厳しい週末になる」とマクラーレンF1代表。マシンとコースの相性に懸念を示す
AUTOSPORT web
現状打破を急ぐアルピーヌ、中国GPでふたたびのアップデート。オコン車に1戦前倒しで新フロア投入へ
現状打破を急ぐアルピーヌ、中国GPでふたたびのアップデート。オコン車に1戦前倒しで新フロア投入へ
AUTOSPORT web
中古バイクの「メーター巻き戻し」疑惑 リセールバリューに直結する大問題はどうやって解決されている?
中古バイクの「メーター巻き戻し」疑惑 リセールバリューに直結する大問題はどうやって解決されている?
バイクのニュース

みんなのコメント

7件
  • 初代ワゴンRは凄いクルマだった
    あんなに使い勝手の良い軽自動車も当時なかったと思う

  • 一番好きなデザインはやっぱり初代だね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1198.0万円

中古車を検索
ワゴンRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1198.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村