現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「新型オデッセイ」発売! 一度消滅もなぜ「再投入」? 2年ぶりに「最上級ミニバン」登場 ラインナップ復活の理由とは

ここから本文です

ホンダ「新型オデッセイ」発売! 一度消滅もなぜ「再投入」? 2年ぶりに「最上級ミニバン」登場 ラインナップ復活の理由とは

掲載 18
ホンダ「新型オデッセイ」発売! 一度消滅もなぜ「再投入」? 2年ぶりに「最上級ミニバン」登場 ラインナップ復活の理由とは

■一度販売終了した「オデッセイ」復活へ なぜ「再投入」を決めた?

 ホンダは2023年12月7日、上級ミニバン「オデッセイ」の改良モデルを発表し、翌8日に発売すると明らかにしました。
 
 一度販売を終了していたオデッセイですが、なぜラインナップに復活したのでしょうか。

【画像】超カッコイイ! ホンダ新型「オデッセイ」を画像で見る(70枚)

 オデッセイは1994年に登場。セダンのような走行性能や快適性能、背の低いスタイリッシュなデザインを採用したことで人気を獲得し、ミニバンブームの火付け役となりました。

 最新モデルは2013年11月に登場した5代目で、国内モデルとしては歴代初となる両側スライドドアを採用。全高はアップし、全長も延長するなど、ボディサイズを大型化しています。

 エクステリアは大きなメッキフロントグリルを装備し、インテリアも上質感を向上。オットマンやシートバック上部のみを調整できるプレミアムな2列目シートを装備するなど、上級志向のミニバンへと進化しました。

 その後も改良を続け、2モーターハイブリッドモデルを設定したほか、2020年11月には大規模マイナーチェンジを実施します。

 フロントフェイスは力強いイメージを与える垂直に近いデザインへと一新し、インテリアの質感もさらに高まったほか、先進運転支援「ホンダ センシング」の機能も向上しました。

 しかし、このマイナーチェンジを実施したわずか1年後の2021年末に、製造を担当していた狭山工場(埼玉県)の閉鎖を理由とし、国内での販売を終了しました。

 そうしたなか、ホンダは2023年4月にオデッセイの再投入を発表するとともに先行サイトを公開。12月8日に発売します。

 では、なぜ2年ぶりに復活するのでしょうか。ホンダの商品企画担当者は以下のように説明します。

「現在ホンダでは、中型ミニバンとして『ステップワゴン』、小型ミニバンとして『フリード』を販売しています。

 しかし、現在も需要のある中大型ミニバンは、オデッセイの販売終了以来ラインナップがなく、車格を求めるユーザーに対し、長い歴史と唯一無二の価値があるオデッセイを再投入し、提供することとしました」

 さらに、ホンダ広報担当者によると、ユーザーからも強く要望があったといいます。

「生産終了当初から、オデッセイの再販を求めるお客さまの声が上がっていたことが再投入理由のひとつです。各販売店の現場からも、再販を求める声があるという意見が本社へ寄せられていました。

 さらに、ホンダとして、長く愛されてきたオデッセイというブランドを残したいという想いがあったことも理由で、オデッセイ誕生から30年を迎えるにあたり改良モデルを発売します」

 現在、国内の上級ミニバン市場は活況を見せており、2023年6月にはトヨタから「アルファード/ヴェルファイア」の新型が登場したほか、レクサスの最上級ミニバン「LM」が日本市場へ正式に投入され、12月下旬の発売を予定しているなど、新型モデルの発売が相次いでいます。

 新たに上級ミニバンとして復活するオデッセイが、こうしたミニバンのなかでどのような存在感を発揮するのか、注目されます。

■生産国も変更に? 新型の変更点とは

 では、新モデルではどのような改良が行われたのでしょうか。
 
 再投入されるオデッセイは、国内販売終了後も中国で継続生産されていた改良モデルを輸入することとなり、国内のホンダ車としては初めての中国生産車となります。

 新モデルでは、市場動向やニーズを踏まえ、2リッターエンジンに2モーターハイブリッドを組み合わせる「e:HEV」モデルのみとなりました。

 また、かねてから要望があったという「減速セレクター」を装備し、アクセルオフ時の減速の調整が可能になりました。

 これにより下り坂での走行や、前走車との車間距離の調整に活用できるといいます。

 さらに、近年のホンダ車で採用されているスイッチ式シフト「エレクトリックギアセレクター」をオデッセイ初採用し、先進感が高められています。

 エクステリアは、フロントデザインを一部変更。フロントグリルの開口部上段を拡大し、水平基調の5本バーに突起状のデザインを組み合わせ、ワイド感と高級感を高めています。

 インテリアでは、2列目に4ウェイパワーシートを標準装備しました。オットマンやリクライニング動作を電動化することで、きめ細かい調節が可能となっています。

 さらに、2列目シートヒーターや折りたたみ式センターテーブル、2列目専用の急速充電付きUSBチャージャーも2個装備されるなど、快適性の向上が図られました。

 先進運転支援機能では、最新のホンダ センシングを採用。近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能(オプション)が追加されています。

 加えて、フロントカメラを広角化することで、衝突被害軽減ブレーキの検知対象が拡大。交差点右折時の対向車や横断自転車、夜間の歩行者検知が可能になるなど、安全性能の刷新も図っています。

 また、オデッセイでは初となるコネクテッド機能「ホンダ コネクト」を採用し、エアコンやドアロックなどの操作のほか、緊急通報やロードサービスなどを利用することができます。

 ラインナップは「e:HEV ABSOLUTE(アブソルート)」「e:HEV ABSOLUTE・EX」「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION(ブラックエディション)」の3タイプを設定。いずれもFF(前輪駆動)のみとなっています。

 このうちブラックエディションは、フロントグリルやドアミラー、テールランプなどの各部がブラックアウトされ、インテリアも専用のブラックルーフライニングやブラック加飾を装備する新タイプです。

 新型オデッセイの価格(消費税込)は480万400円から516万4500円に設定されています。

こんな記事も読まれています

ホンダ『N-VAN』一部改良、急アクセル抑制機能を装備…アウトドアスタイルの特別仕様も
ホンダ『N-VAN』一部改良、急アクセル抑制機能を装備…アウトドアスタイルの特別仕様も
レスポンス
【フロントライン】ウッドセクションに8000時間、組み立てに5カ月を要する最高傑作。3作目のコーチビルドコミッション「アルカディア・ドロップテール」を発表
【フロントライン】ウッドセクションに8000時間、組み立てに5カ月を要する最高傑作。3作目のコーチビルドコミッション「アルカディア・ドロップテール」を発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
5年ぶり開催のF1中国GP、路面は再舗装ではなくペイントしただけ? 複数のドライバーが不安視。サインツJr.「特殊な状況で処理されているみたい」
5年ぶり開催のF1中国GP、路面は再舗装ではなくペイントしただけ? 複数のドライバーが不安視。サインツJr.「特殊な状況で処理されているみたい」
motorsport.com 日本版
フォードワークスのマイク・ロッケンフェラーがポルシェ963のシートに“復帰”/IMSA
フォードワークスのマイク・ロッケンフェラーがポルシェ963のシートに“復帰”/IMSA
AUTOSPORT web
「中国GPは厳しい週末になる」とマクラーレンF1代表。マシンとコースの相性に懸念を示す
「中国GPは厳しい週末になる」とマクラーレンF1代表。マシンとコースの相性に懸念を示す
AUTOSPORT web
現状打破を急ぐアルピーヌ、中国GPでふたたびのアップデート。オコン車に1戦前倒しで新フロア投入へ
現状打破を急ぐアルピーヌ、中国GPでふたたびのアップデート。オコン車に1戦前倒しで新フロア投入へ
AUTOSPORT web
中古バイクの「メーター巻き戻し」疑惑 リセールバリューに直結する大問題はどうやって解決されている?
中古バイクの「メーター巻き戻し」疑惑 リセールバリューに直結する大問題はどうやって解決されている?
バイクのニュース
日産とホンダが歴史的な提携に向けた話し合いを開始!! 組み合わさると強い分野と超絶合わないところ
日産とホンダが歴史的な提携に向けた話し合いを開始!! 組み合わさると強い分野と超絶合わないところ
ベストカーWeb
基本はMTだけどクラッチペダルの操作不要! 各社が工夫を凝らしまくった「個性派セミAT」の世界
基本はMTだけどクラッチペダルの操作不要! 各社が工夫を凝らしまくった「個性派セミAT」の世界
WEB CARTOP
メルセデスの“秘蔵っ子”17歳アントネッリ、2021年チャンピオンマシンで初テスト。ハミルトン後任で来季F1昇格の噂も
メルセデスの“秘蔵っ子”17歳アントネッリ、2021年チャンピオンマシンで初テスト。ハミルトン後任で来季F1昇格の噂も
motorsport.com 日本版
6速MT設定! ホンダが「新型軽商用バン」を発売! めちゃ「上質内装」×精悍“黒顔”採用の新モデルも登場! 機能向上した「N-VAN」約137万円から
6速MT設定! ホンダが「新型軽商用バン」を発売! めちゃ「上質内装」×精悍“黒顔”採用の新モデルも登場! 機能向上した「N-VAN」約137万円から
くるまのニュース
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
警察庁、大型トラック・バスにAT限定免許を新設 2026年4月から順次導入
日刊自動車新聞
アクラポヴィッチ製「レース専用マフラー」に MT-09(24)用など新製品が続々登場! アクティブで予約受付中
アクラポヴィッチ製「レース専用マフラー」に MT-09(24)用など新製品が続々登場! アクティブで予約受付中
バイクブロス
軽量・低背圧・静粛性を高次元で融合、HKSからGRヤリス用「スーパーターボマフラー」が新登場
軽量・低背圧・静粛性を高次元で融合、HKSからGRヤリス用「スーパーターボマフラー」が新登場
レスポンス
ハーレーの最新モデル10台が登場! 特別試乗会「ハーレートライディング in 羽生モータースクール」が5/5開催
ハーレーの最新モデル10台が登場! 特別試乗会「ハーレートライディング in 羽生モータースクール」が5/5開催
バイクブロス
ウイリアムズのスペアパーツ不足、アタックしない理由にはならない! アルボン、日和るなら「家にいたほうがいい」
ウイリアムズのスペアパーツ不足、アタックしない理由にはならない! アルボン、日和るなら「家にいたほうがいい」
motorsport.com 日本版
四国と関西をつなぐ「紀淡海峡大橋」はいつできる? 新たな本四連絡橋で関西圏に環状道路網の誕生なるか。
四国と関西をつなぐ「紀淡海峡大橋」はいつできる? 新たな本四連絡橋で関西圏に環状道路網の誕生なるか。
くるくら
かつて全盛だった「ステーションワゴン」なぜ人気低下? 国産ワゴンは絶滅寸前!? それでもワゴンが良い理由とは
かつて全盛だった「ステーションワゴン」なぜ人気低下? 国産ワゴンは絶滅寸前!? それでもワゴンが良い理由とは
くるまのニュース

みんなのコメント

18件
  • fxs********
    さすがに基本設計が10年も昔の車を500万も出して買う人はいないでしょう。記事にあるような付け焼刃な装備に魅力があるとでも思っているのでしょうか??
  • gen********
    ほんと意味がわからん
    エリシオンをやめてエリシオンの需要をオデッセイでカバーしようとする
    それでオデッセイが魅力を失ったらオデッセイをやめてステップワゴンでカバーしようとする
    それでステップワゴンは全長がストレッチされてノアヴォクシーに客を取られる
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村