現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【CD取材ノート】「1980-1999」1989年に登場した名車の中でもセルシオは別格。ボクは最近手に入れた! by 山本シンヤ

ここから本文です

【CD取材ノート】「1980-1999」1989年に登場した名車の中でもセルシオは別格。ボクは最近手に入れた! by 山本シンヤ

掲載 11
【CD取材ノート】「1980-1999」1989年に登場した名車の中でもセルシオは別格。ボクは最近手に入れた! by 山本シンヤ

1980年代後半、日本車は欧州でも通用するクルマ作りに変換

 世界一厳しい排ガス規制と呼ばれた「昭和53年規制」を乗り切った日本車は1980年代に高性能化の道を歩み始める。しかし、高性能化=最高速度アップに熱心で、クルマにとって大事な「曲がる/止まる」性能に関しては赤子同然だった。しかし、1980年代後半に日本の自動車メーカーはバブル景気も後押しし、「欧州で通用するクルマ作り」と言う流れになった。

【復刻版カタログ】1989年のイヤーカー/トヨタ・セルシオの肖像

 その努力が大きく花開いたのが1989年だ。この年は今でも語り継がれる名車が数多く登場した事から、日本車の「ビンテージイヤー」と呼ばれている、1990年代までに技術の世界一を目指す901活動の象徴で世界に通用するパフォーマンスを備えた「日産スカイラインGT-R」(R32)、スバルを走りのブランドに変貌させるキッカケとなった「レガシィ」、走りの楽しさは絶対的な性能ではない事を教えてくれた「マツダ(ユーノス)ロードスター」が続々と登場、中でも忘れられないのがレクサスLS、日本では「トヨタ・セルシオ」だろう。

 セルシオの凄い点はこれまでのトヨタ車とは異なり、世界基準モデルとして“ゼロ”から開発を行なった事だ。事後対策ではなく原因を元から断つと言う「源流主義」をスローガンに、走る/曲がる/止まると言った「基本性能」はもちろん、これまでクルマの性能の中ではネガ潰しであった振動騒音を商品力にした圧倒的な「静粛性」、そして細かい部分まで妥協なき「高品質/高精度」を実現した。

 このクルマの登場により、それまで全く相手にされていなかったメルセデスベンツやBMWなど世界の高級ブランドが震撼、その後のクルマ作りが大きく変わった。それはイコール「日本のモノ作り」が世界に認められた瞬間と言っても良かった。

セルシオは現在のレクサスの原点。最近手に入れた

 セルシオ(レクサスLS)の発表当時、筆者はまだ中学生だった。登場時に近所のディーラーにカタログを貰いに行ったが、「購入者にしか渡せられない」と手に入れられなかった。諦められない筆者は何とトヨタ本社(部署も何も書かずに)に手紙を書いて送った。すると後日豪華な厚手のカタログが送られてきて感動した事を覚えている(今でも大切に保管中)。さらにモーターファン別冊ニューモデル速報 第76弾「セルシオのすべて」を手に入れ、穴があくまでも読み漁った。

 その後、歴代クラウンを乗り継いできた友人の祖父がセルシオの乗り換えた時に後席に乗せてもらったが、後席でも分かる乗り心地の良さ、エンジンが回っているのかどうか解らないくらいの静かさ/滑らかさに、「この車から、クルマが変わります」と言うキャッチコピーを子供ながら納得したのを覚えている。

 現在、レクサスのニューモデルを取材する際にも、エンジニアの多くは「我々の原点はLS(セルシオ)」と語る。そんな原点をリアルに知りたいと思い、先日セルシオを手に入れた。登場から34年、さすがにガッカリするかな……と思いきや、逆に「今のクルマ、頑張れよ」と驚かされることも多い事にビックリ。いいクルマは時代を超える。

こんな記事も読まれています

電動キックボード「RICHBIT ES1 PRO」がヤマダ電機の自転車取扱店舗にて販売開始!(動画あり)
電動キックボード「RICHBIT ES1 PRO」がヤマダ電機の自転車取扱店舗にて販売開始!(動画あり)
バイクブロス
ホンダの「ミッドシップSUV」登場! 日産じゃないけど”クールな”「Z」!? めちゃコンパクトな「26年落ち軽SUV」米でいくらになった?
ホンダの「ミッドシップSUV」登場! 日産じゃないけど”クールな”「Z」!? めちゃコンパクトな「26年落ち軽SUV」米でいくらになった?
くるまのニュース
極上の日産「R34スカイラインGT-R」が英国オークションに登場! 低走行の“VスペックII” 気になる落札価格とは
極上の日産「R34スカイラインGT-R」が英国オークションに登場! 低走行の“VスペックII” 気になる落札価格とは
VAGUE
今年はルーフにカーナンバー入り! 王座奪還目指すスバルがスーパーGT・GT300のBRZをシェイクダウン
今年はルーフにカーナンバー入り! 王座奪還目指すスバルがスーパーGT・GT300のBRZをシェイクダウン
motorsport.com 日本版
スバル注目モデル購入ガイド~走りの実力/おすすめグレード他~
スバル注目モデル購入ガイド~走りの実力/おすすめグレード他~
グーネット
フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入
フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入
レスポンス
4/10申込締切  タイの次世代自動車市場:Bangkok International Motor Show 2024取材レポート
4/10申込締切 タイの次世代自動車市場:Bangkok International Motor Show 2024取材レポート
レスポンス
[car audio newcomer]マツダ CX-8(大久保卓哉さん)by サウンドエボリューション ログオン 後編
[car audio newcomer]マツダ CX-8(大久保卓哉さん)by サウンドエボリューション ログオン 後編
レスポンス
BYDが欧州に初めてPHEVを投入、SUV『シールU』に設定…ジュネーブモーターショー2024
BYDが欧州に初めてPHEVを投入、SUV『シールU』に設定…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
ルノー『5』復活、航続400kmのEVに
ルノー『5』復活、航続400kmのEVに
レスポンス
即レース可能なホンダ CBR250RR! 戦闘力を向上…東京オートサロン2024
即レース可能なホンダ CBR250RR! 戦闘力を向上…東京オートサロン2024
レスポンス
マクラーレンの電動スーパーカー『アルトゥーラ』、オープン「スパイダー」発表
マクラーレンの電動スーパーカー『アルトゥーラ』、オープン「スパイダー」発表
レスポンス
KDDIとソニー・ホンダモビリティが協業、「AFEELA」のグローバル展開を支援
KDDIとソニー・ホンダモビリティが協業、「AFEELA」のグローバル展開を支援
レスポンス
まさにスイートルーム、メルセデスベンツ『Vクラス』カスタムは受注生産…東京オートサロン2024
まさにスイートルーム、メルセデスベンツ『Vクラス』カスタムは受注生産…東京オートサロン2024
レスポンス
VW『ティグアン』新型のPHEV、EVモードの航続は120kmに…受注を開始
VW『ティグアン』新型のPHEV、EVモードの航続は120kmに…受注を開始
レスポンス
東名高速「あおり運転」に再び懲役18年、東京高裁差し戻し控訴審[新聞ウォッチ]
東名高速「あおり運転」に再び懲役18年、東京高裁差し戻し控訴審[新聞ウォッチ]
レスポンス
中国のEVブランド「ZEEKR」のセダン『007』、1万台目がラインオフ…納車開始から2か月足らず
中国のEVブランド「ZEEKR」のセダン『007』、1万台目がラインオフ…納車開始から2か月足らず
レスポンス
進化する車高調整の世界。全長調整式とネジ式、エアサスの比較~カスタムHOW TO~
進化する車高調整の世界。全長調整式とネジ式、エアサスの比較~カスタムHOW TO~
レスポンス

みんなのコメント

11件
  • うし
    登場時に近所のディーラーにカタログを貰いに行ったが、「購入者にしか渡せられない」と手に入れられなかった。

    81マークⅡが出た時、私は高校生だったけれどもやはり実車を見たくて、自転車で近所のトヨタのディーラーに行った。すると店員さんが丁寧にクルマの説明をしてくれ、実際に運転席にも座らせてくれた。そしてカタログだけでなく、トヨタのキーホルダーやTシャツまでくれた。最後に、「免許取ったらまた来てくださいね」と。本当に嬉しかったな。
  • ken********
    私はこの車が発売されて翌年手に入れました。
    それまでの日本車とは別物でした、路面がいいところでしたら150kmで走っても止まっているような静かさでした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

593.3787.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.0365.0万円

中古車を検索
セルシオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

593.3787.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.0365.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村