現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カスタムするなら435万円の最廉価グレードもアリ!? 上級グレードは残クレで狙え!! 「クラウンクロスオーバー」グレード&買い方指南

ここから本文です

カスタムするなら435万円の最廉価グレードもアリ!? 上級グレードは残クレで狙え!! 「クラウンクロスオーバー」グレード&買い方指南

掲載
カスタムするなら435万円の最廉価グレードもアリ!? 上級グレードは残クレで狙え!! 「クラウンクロスオーバー」グレード&買い方指南

 新世代クラウン第1弾として登場したクラウンクロスオーバー。発表当初こそ新しいクラウンのカタチに戸惑う人が多かったものの、クロスオーバーという新鮮さで、新しい購買層も生み出している。発売から間もなく1年半が経過する今、クラウンクロスオーバー購入の勘所を確認しておこう。

文/佐々木 亘、写真/トヨタ

カスタムするなら435万円の最廉価グレードもアリ!? 上級グレードは残クレで狙え!! 「クラウンクロスオーバー」グレード&買い方指南

■あなたが欲しいのは普通のクラウン?上質なクラウン?

全車ハイブリッドの四輪駆動となるが、2.5LのNAエンジンと2.4Lのターボエンジンの2種類を設定

 クロスオーバーの特徴は、多彩なグレード展開にある。クラウンスポーツはモノグレード、クラウンセダンも燃料電池かハイブリッドを選ぶだけなのに、クロスオーバーには合計7つものグレードが用意された。

 最廉価がXの435万円、最上級はRS Advancedの640万円とその差は200万円を超える。これだけの幅を持たせたグレード展開だからこそ、その選び方は慎重に行って欲しい。

 これまで通り過不足の無いクラウンを選ぶなら、Gのレザーパッケージが良いだろう。540万円の車両本体価格で、クラウンに必要なものはほとんどついてくる。

 さらに上質なクラウンを求めるならGとRSに設定されているAdvancedへ目を向けたい。イージークローザーやパワートランクリッドといった、クラウンらしいおもてなしの装備がついてくるのが特徴だ。

 ここにこだわるなら、2.4Lターボハイブリッドを選択してRS Advancedを選ぶ方が、購入後の満足度は高くなるだろう。

■個性的なクラウンに仕上げるならXグレード一択だ!

 クロスオーバーという新しい風を吹き込ませたクラウンだからこそ、これまでのクラウンにとらわれないクルマに仕上げていくのもいい。

 そこでおすすめしたいのは、ベースグレードのXだ。

 435万円という魅力的なお値段だが、さらにアルミホイールを18インチに下げるレスオプションを選択し、2万7500円の値下げをしよう。

 このXグレードは、カスタマイズの自由度が高い。クラウン唯一のディスプレイオーディオレスとなり、自分の好きな社外オーディオを装着可能だ。

トヨタが東京オートサロン2023に出展したクラウンクロスオーバーのカスタマイズモデル。18インチのオールテレーンタイヤを装着!!

 インチダウンした18インチホイールにオールテレーンタイヤを装着し、オフロード色を強めたクラウンを作り上げるのも面白い。

 これまでのクラウンは、トヨタが完成させたものをユーザーが使う流れだったが、クロスオーバーに関しては、ユーザーがクラウンのカタチを考える隙間を残してくれているように思う。

 特別なクラウンを、あなただけの特別に。ベースグレードながら、無限の可能性を秘めた存在のXグレードが、クラウンクロスオーバーの大注目グレードだ。

■買い方はグレードによって変えていくのが無難

 人気のクラウンクロスオーバーは、グレードによって買い方を変えるのがベスト。

 残価設定ローンにしたいのは、RS(含むAdvanced)とGのレザーパッケージ以上だ。クラウンクロスオーバーの中でも、上質感を売りにしたグレードである。

 クラウンの中古車は、総じて上級グレードを中心に需要が高まる。上のグレードなら残価も期待できるだろう。

 対してGやXグレードは、少し人気を落としてしまう。そこでGとXでは払いきりの通常ローンや現金一括購入をおすすめする。長期保有前提ならなおよし。長く大切に乗ってほしい。

 クラウンシリーズの中で「選ぶ」楽しさがあるのが、クロスオーバーだ。グレード選びには悩むものの、その時間がまた良いと思う。選びに選び抜いたクラウンクロスオーバーを、あなた色に染め上げてほしい。

こんな記事も読まれています

トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
くるまのニュース
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
WEB CARTOP
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
AutoBild Japan
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
レスポンス
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
Merkmal
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
モーサイ
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
くるまのニュース
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
日刊自動車新聞
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
Webモーターマガジン
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
カー・アンド・ドライバー
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
WEBヤングマシン
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
くるまのニュース
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
バイクのニュース
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
Merkmal
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
ベストカーWeb
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村