現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型フォレスターはゴツさ控えめの軽快路線! 新たなSUBARUデザインをデザインのプロが分析する

ここから本文です

新型フォレスターはゴツさ控えめの軽快路線! 新たなSUBARUデザインをデザインのプロが分析する

掲載 2
新型フォレスターはゴツさ控えめの軽快路線! 新たなSUBARUデザインをデザインのプロが分析する

 この記事をまとめると

■2023年11月16日のロサンゼルスオートショーで新型フォレスターが世界初公開された

人気SUVの6代目となる新型を発表! スバルがアメリカにて新型フォレスターをお披露目

■シンプルなラインで勝負しようという意図がうかがえるエクステリアデザイン

■シンプルな方向性は歓迎すべきも今後の課題は新しい「スバルらしさ」の創出がキモ

 シンプルなライン構成で警戒感を演出した新型

 11月16日(現地時間)、ロサンゼルスオートショーで世界初公開されたスバルの新型フォレスターが話題です。「激変だ!」「キープコンセプト?」とさまざまな声がありますが、今回はあらためてエクステリアデザインをじっくりチェックしてみたいと思います。キーワードは「シンプル化」です!

 ようやくスッキリしたベルトラインに注目!

 まず、全体のプロポーションを眺めてみると……、基本的には先代を踏襲していますが、わりとゴツさを感じる現行と比べると、ある種の軽快さを感じます。理由は? とボディをよく見ると、どうやらふたつの理由がありそうです。

 まず、何といってもAピラーの付け根部分の変化が大きい! フォレスターを含め、近年のスバル車のAピラーはフェンダーパネルとの結合部分に如何ともし難い「鈍重」さがあって、個人的にはそこが最大の難点だと思っていました。

 新型は、ボンネットフード両端を低くしつつ、ピラーの根本にアクセントの樹脂パーツを入れることで、サイドウインドウへの流れが一気にスムースになっているのです。しかも、現行ではキックアップしているサイドウインドウがリヤに向けて水平に延ばされたので、ベルトラインのキレがまったく違う!

 もうひとつはリヤの軽さ。現行はルーフからバンパー下部までリヤパネルが一直線に伸び、結果として長いオーバーハングがチョット重い。

 その点、新型は傾斜を抑えたリヤパネルがバンパー下部で大きく削ぎ落とされ、オーバーハングが短い分軽さを感じるというワケです。

 スバルの新デザインには新しい「らしさ」が必要

 個々のパーツではなく全体で表現したい?

 次に、フロントを見ると、ランプとグリルの一体化がトピックです。現行では独立したランプがスバル独自の「Cシェイプ」を、グリルはヘキサゴン形状を表現しているのですが、それらをすべてひとつにまとめてしまった。

 じつはリヤも一緒で、独立してランプがガーニッシュと一体化しています。これらはSUVらしい「力強さ」の表現ですが、いずれもボディ面に沿った有機的な形状が特徴。つまり、個々のパーツではなく、シンプルなボディ全体で勝負しようという意図が伝わってくるのです。

 続いて、ボディサイドでもふたつの特徴があって、まずはシンプルなドア面が挙げられます。現行は「DYNAMIC × SOLID」を象徴するカーブを描いた独特なキャラクターラインが走っていますが、新型にはありません。

 その代わりに設けられたのが巨大なホイールアーチ形状です。いかにも北米をメイン市場とする商品らしい表現ですが、中途半端なキャラクターラインより、もっとシンプルに「堂々とした佇まい」を打ち出すべきと考えたのでしょう。

 シンプル路線への軌道修正は歓迎だけど……

 すでにお気付きと思いますが、シンプルなドア面や大きなホイールアーチの表現は、いずれも先日のジャパンモビリティショーに出品された「SPORT MOBILITY CONCEPT」の基本要素でもあります。同車は今後のスバルデザインを示唆するコンセプトカーであり、新型フォレスターには早くもその一端が表れているワケです。

 ランプやグリル、キャラクターラインなど、部分ばかりを見ないシンプルな方向性は歓迎すべき点ですが、今後の課題はスバルとしてのオリジナリティでしょう。端的な話、新型にスバルのエンブレムがなくても「これはスバル車だ!」と瞬時にわかるのか? その新しい「スバルらしさ」の構築がキモと言えそうです。

こんな記事も読まれています

カラオケアプリと専用マイク
カラオケアプリと専用マイク
レスポンス
街で見かけるトヨタ「ジャパンタクシー」“自家用車”として購入可能!? 一般ドライバーが普通に使うにはハードルが高いワケ
街で見かけるトヨタ「ジャパンタクシー」“自家用車”として購入可能!? 一般ドライバーが普通に使うにはハードルが高いワケ
くるまのニュース
【正式結果】2024年F1第1戦バーレーンGP 予選
【正式結果】2024年F1第1戦バーレーンGP 予選
AUTOSPORT web
ポールスター初の電動SUV『3』、生産開始…航続610km
ポールスター初の電動SUV『3』、生産開始…航続610km
レスポンス
気軽に乗ったら違反になることも!?「電動モペット」の落とし穴とは
気軽に乗ったら違反になることも!?「電動モペット」の落とし穴とは
バイクのニュース
大型トラックの「謎の部屋」どんなトコ? 窓は見えるけど…内部はどうなってる? 実際の使い方とは
大型トラックの「謎の部屋」どんなトコ? 窓は見えるけど…内部はどうなってる? 実際の使い方とは
くるまのニュース
クルマにもオートクチュールを身に纏う時代が到来! DS 3にDSコレクションの「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」が登場
クルマにもオートクチュールを身に纏う時代が到来! DS 3にDSコレクションの「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」が登場
WEB CARTOP
損保ジャパン、西澤会長が引責辞任 ビッグモーター問題など 当面は後任置かず
損保ジャパン、西澤会長が引責辞任 ビッグモーター問題など 当面は後任置かず
日刊自動車新聞
角田裕毅と意見が分かれたリカルド。終盤のチームオーダーに理解「指示されればユウキにポジション戻した。ポイント圏外は僕にとって何の意味も持たない」
角田裕毅と意見が分かれたリカルド。終盤のチームオーダーに理解「指示されればユウキにポジション戻した。ポイント圏外は僕にとって何の意味も持たない」
motorsport.com 日本版
横浜ゴム「フォーミュラドリフトジャパン」開幕戦に参戦するWRC王者のカッレ・ロバンペラ選手に「ADVAN」のタイヤとホイールを供給
横浜ゴム「フォーミュラドリフトジャパン」開幕戦に参戦するWRC王者のカッレ・ロバンペラ選手に「ADVAN」のタイヤとホイールを供給
くるまのニュース
10年ぶりのフルモデルチェンジで4代目に進化! 新型「ミニ・クーパー」は初のEVに加えガソリン車も同時に発表
10年ぶりのフルモデルチェンジで4代目に進化! 新型「ミニ・クーパー」は初のEVに加えガソリン車も同時に発表
VAGUE
GT-R顔!? 「高級セダン計画」白紙か 1300馬力&ド迫力ウイングの新型「HiPhi A」  注目される中国動向
GT-R顔!? 「高級セダン計画」白紙か 1300馬力&ド迫力ウイングの新型「HiPhi A」 注目される中国動向
くるまのニュース
BMWモトラッド『R 12 nineT』、新クラシックロードスター誕生
BMWモトラッド『R 12 nineT』、新クラシックロードスター誕生
レスポンス
いかにも「カッコイイ」クーペ風SUVは日本で成功しない? 海外とは異なる日本の特殊な市場とは
いかにも「カッコイイ」クーペ風SUVは日本で成功しない? 海外とは異なる日本の特殊な市場とは
WEB CARTOP
ファストバックサルーンのプジョー508が内外装と機能装備をアップデート
ファストバックサルーンのプジョー508が内外装と機能装備をアップデート
カー・アンド・ドライバー
国民的オフロード車【ヤマハ セロー225】が誕生するまで「1985年最初期モデル<1KH>詳細解説」
国民的オフロード車【ヤマハ セロー225】が誕生するまで「1985年最初期モデル<1KH>詳細解説」
モーサイ
完勝フェルスタッペン、手応えバッチリ「クルマに一体感を感じた。こんなことはなかなかない」
完勝フェルスタッペン、手応えバッチリ「クルマに一体感を感じた。こんなことはなかなかない」
motorsport.com 日本版
新型「アバルト(ABARTH) 600e」 SUVの600eはアバルトでもっともパワフルな市販車だ!
新型「アバルト(ABARTH) 600e」 SUVの600eはアバルトでもっともパワフルな市販車だ!
AutoBild Japan

みんなのコメント

2件
  • 天安門********
    東京都下の某大学に勤務する「サラリーマン自動車ライター」。大学では美術科で日本画を専攻、車も最初から興味を持ったのは中身よりもとにかくデザイン...
    デザインのプロ?
    内容も曖昧で感覚でしか語ってないしデザインを学んでから書いてね
  • のと
    この青い六連星エンブレムは30年以上前のに戻った感あるな。

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.8398.0万円

中古車を検索
フォレスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.8398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村