現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > より現代的に、より大きく、より簡単に! 「アウディQ2」が大幅なテクノロジーのアップデートを実施

ここから本文です

より現代的に、より大きく、より簡単に! 「アウディQ2」が大幅なテクノロジーのアップデートを実施

掲載 1
より現代的に、より大きく、より簡単に! 「アウディQ2」が大幅なテクノロジーのアップデートを実施

高解像度の8.8インチMMIタッチディスプレイと12.3インチメーターディスプレイ、アウディバーチャルコックピットを備えた新しいインフォテインメントシステムを採用

アウディは計画的にモデルを進化させている。便利で人気の高いコンパクトSUVであるアウディQ2は、インフォテイメントシステムの包括的なテクノロジーアップグレードを即日実施。全モデルに新しいソフトウェアとハードウェアが搭載される。アウディQ2のベース価格は28,600ユーロだ(約465万円)。

【スクープ】アウディ「A6」の後継モデルとなる「A7」、これが市販デザインだ! ノーズが滑らかなデザインになりエアロダイナミクスが向上

今回標準装備となったのは、高解像度の8.8インチMMIタッチディスプレイ、12.3インチメーターディスプレイを備えたアウディバーチャルコックピット、3本スポークのマルチファンクションステアリングホイールだ。交通標識認識機能、車線逸脱警報、リアパークアシストなどの安全装備も追加され、標準装備の幅がさらに広がった。

【写真15枚】赤のアクセントを配したスポーツ・デザインのコックピット 

完璧なオーバービュー アウディバーチャルコックピット
アウディQ2の全モデルに、アウディバーチャルコクピットが標準装備された。従来のダイヤル式計器とは対照的に、フルデジタルコックピットは、明るいフルHDディスプレイ(1,920×720ピクセル)と幅広いカスタマイズオプションを備えている。

これらには、従来の速度、RPM値、ナビゲーションやメディア情報などが含まれる。マルチファンクションステアリングホイールのビューボタンで、ドライバーはさまざまな表示を切り替えることができる。赤のアクセントを配したスポーツ・デザインや、対向する目盛りを配したダイナミック・デザインなど、選択した装備レベルに応じていくつかのデザインが用意された。

また、ドライバーは2つの基本的なディスプレイレイアウトを切り替えることができる。ひとつめは、スピードメーターとタコメーターがアナログ文字盤とほぼ同じ大きさで、メディアやナビゲーション情報を中央の表示エリアに統合するレイアウトだ。

ふたつめのレイアウトでは、読みやすさを損なうことなく、スピードメーターとタコメーターのサイズを小さくしている。このレイアウトでは、ルートプランニングを統合したほぼフルスクリーンのナビゲーションマップも表示される。

サイズが大きいため、ドライバーは地図をより見やすくすることができる。追加オプションとして、アウディバーチャルコクピットにはアウディの新しいテーマワールドも用意されてた。この機能を選択したユーザーは、クラシックなビューと非常にダイナミックなビューを切り替えることができる。

直感的: 8.8インチのタッチスクリーンとボイスコントロールによる操作
8.8インチとなった新しいMMIタッチディスプレイは、最先端のインフォテインメントシステムの中心的なコントロールユニット。ディスプレイの解像度は1,270×720ピクセルで、明るく応答性に優れる。タッチ操作に加え、自然な音声によるシステム操作も可能で、複雑なコマンドや質問にも即座に対応。センターコンソールには、従来の回転式/プッシュ式ボタンに代わり、便利な収納スペースが設けられた。

アウディQ2はインテリジェントにつながる。標準装備には、DABチューナーを備えたMMIラジオ、フロントセンターコンソールの2つのデータ通信可能なUSB-Cポート、緊急通報機能、ドアのロック解除や燃料残量の確認など、特定の車両情報をリモートコントロールで確認・操作できるアウディコネクトサービスなどがある。

さらに追加機能として、MMIナビゲーション準備パッケージには、Audiスマートフォンインターフェイスが含まれ、インテリジェントナビゲーションシステムだけでなく、多数のAudi Connectサービスを有効にして起動することができる。

最大のパッケージであるMMIナビゲーションプラスには、アウディコネクトサービスに加え、高解像度の衛星地図やGoogleなどのナビゲーションサービスが含まれる。MMIナビゲーションプラスでは、ナビゲーションマップをアウディのバーチャルコックピットに大きな画像として映し出すことができるため、関連するすべての走行データとともに簡単に読み取ることができる。

毎月1回のアップデートにより、システムに保存された地図は購入後36か月間最新の状態に保たれる。このパッケージには、交通情報に加え、車線ごとの交通流の詳細、路上駐車情報、オンラインラジオ、オンライン音楽識別などの追加オンラインサービスも含まれている。アウディコネクトシステムは、常に常設のe-SIM(組み込み型SIM)を使用する。

さらに、ハイエンドオプションがインフォテイメントパッケージを完成させる。13個のスピーカーとサブウーファーを備えたSonosプレミアムサウンドシステムは、集中力のあるクリアでパワフルなサウンドを提供。Audi phone boxは、スマートフォンと様々な機能をMMIに簡単に統合することができ、同時に携帯電話の信号(5G/LTE)をブーストして、常に最高の音声品質を確保する。

2024年前半に発売、価格は28,600ユーロから
改良型アウディQ2は、2024年前半に発売される。ドイツでの初期価格は28,600ユーロだ。アウディは引き続き、インゴルシュタットの主力工場で生産する。

こんな記事も読まれています

さらにスタイリッシュに、さらにパフォーマンスを!アウディ、「S3」のアップグレードを発表
さらにスタイリッシュに、さらにパフォーマンスを!アウディ、「S3」のアップグレードを発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
日本初公開! マクラーレン「アルトゥーラ スパイダー」、初代から大幅にアップグレードされた一台
日本初公開! マクラーレン「アルトゥーラ スパイダー」、初代から大幅にアップグレードされた一台
LE VOLANT CARSMEET WEB
エクステリアをリフレッシュ、一充電走行距離もたっぷりと!メルセデス・ベンツ日本、新型「EQA」を発売!
エクステリアをリフレッシュ、一充電走行距離もたっぷりと!メルセデス・ベンツ日本、新型「EQA」を発売!
LE VOLANT CARSMEET WEB
フレッシュアップ&アップデートされた新型「マツダ 2」のドライビングレポート その性能と評価は?
フレッシュアップ&アップデートされた新型「マツダ 2」のドライビングレポート その性能と評価は?
AutoBild Japan
現在生産されているメルセデスGクラスの約60%はG63だ!新型メルセデスAMG G63の全ての情報
現在生産されているメルセデスGクラスの約60%はG63だ!新型メルセデスAMG G63の全ての情報
AutoBild Japan
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
Webモーターマガジン
2.0Lターボで333馬力! 性能大幅アップ、アウディ改良新型「S3」公開 トルクスプリッター採用
2.0Lターボで333馬力! 性能大幅アップ、アウディ改良新型「S3」公開 トルクスプリッター採用
AUTOCAR JAPAN
アウディ新型「S3」世界初公開! 高性能スポーツバック/セダンは23馬力アップの333馬力に出力向上
アウディ新型「S3」世界初公開! 高性能スポーツバック/セダンは23馬力アップの333馬力に出力向上
VAGUE
【北京モーターショー2024】マレリ 5Gテレマティクス搭載のProConnectを発表
【北京モーターショー2024】マレリ 5Gテレマティクス搭載のProConnectを発表
Auto Prove
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
Auto Prove
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
Webモーターマガジン
欧州でアウディS3が大幅改良、技術的ハイライト満載、2.0TFSIは333ps/420Nmに
欧州でアウディS3が大幅改良、技術的ハイライト満載、2.0TFSIは333ps/420Nmに
Webモーターマガジン
意外に鋭いコーナリング 130ps仕様が追加 トヨタ・ヤリスへ英国試乗 でもオシは115ps版
意外に鋭いコーナリング 130ps仕様が追加 トヨタ・ヤリスへ英国試乗 でもオシは115ps版
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
くるまのニュース
CクラスとEクラスのクーペに取って代わるモデル 新型メルセデスCLEのドライビングテスト&動力性能を徹底チェック!
CクラスとEクラスのクーペに取って代わるモデル 新型メルセデスCLEのドライビングテスト&動力性能を徹底チェック!
AutoBild Japan
愛くるしいオシャレコンパクトカーの代名詞がモデルチェンジを実施! 新型ミニ・クーパー3ドアと国内販売初のミニ・EVモデルが誕生
愛くるしいオシャレコンパクトカーの代名詞がモデルチェンジを実施! 新型ミニ・クーパー3ドアと国内販売初のミニ・EVモデルが誕生
WEB CARTOP
【スクープ】2025年登場か!? マツダ「CX-5」の次期型はストロングハイブリッドやEVも設定へ!
【スクープ】2025年登場か!? マツダ「CX-5」の次期型はストロングハイブリッドやEVも設定へ!
LE VOLANT CARSMEET WEB
コンパクトになったスポーティネス! 新型「アルファロメオ・ミラノ」登場。ブランドのスタイル的特徴を再解釈した一台
コンパクトになったスポーティネス! 新型「アルファロメオ・ミラノ」登場。ブランドのスタイル的特徴を再解釈した一台
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

1件
  • あいたろしょたろパパ
    Q2はまだMIB2.5だったのかな?
    記事ではべた褒めしてるけど搭載されるMIB3はナビ改悪されてます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

159.9455.0万円

中古車を検索
Q2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

159.9455.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村