現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ワンエイティ」じゃなくて「ツーフォーティ」って何!? 日産180SXよりも先輩だった240SXとは?

ここから本文です

「ワンエイティ」じゃなくて「ツーフォーティ」って何!? 日産180SXよりも先輩だった240SXとは?

掲載 5
「ワンエイティ」じゃなくて「ツーフォーティ」って何!? 日産180SXよりも先輩だった240SXとは?

 この記事をまとめると

■S13型日産シルビアの兄弟車の180SXは北米では240SXとして販売されていた

「軟派」なS13シルビアと「アスリート」な180SX! 最強ドリ車兄弟はまったく性格が違っていた

■北米版240SXは2.4リッターのKA24E型エンジンを搭載していた

■1994年に240SXはS14型へとモデルチェンジして1998年まで販売された

 2.4リッター直4を搭載する北米版は240SX

 S13型シルビアの兄弟車として1989年5月に登場した180SXは、リトラクタブルヘッドライトを持つフロントマスクや、ハッチバックとなるリヤセクションなど、見た目の異なるモデルとなっていた。

 車名の180SXは搭載されていたエンジンに由来しており、デビュー当時に搭載されていた1.8リッターのCA18DET型の排気量から来ている。その後、マイナーチェンジで2リッターのSR20型エンジンに換装されたあとも180SXの車名は継続されていたが、じつは240SXという車名を持つモデルも存在していたのだ。

 ただし、これは海の向こうの話であり、北米市場向けにリリースされた180SXこそ240SXだったのだ。

 先ほど北米市場向け180SXと書いたが、じつは240SXのほうが先にデビューしているため、正確に言うと北米市場向けの240SXを日本向けに仕立て直したのが180SXということになるのだが、240SXは車名のとおり2.4リッターのエンジンを搭載している。

 240SXに搭載された2.4リッターエンジンは、KA24E型(後期型ではツインカムのKA24DEとなる)で、ツインカムモデルであっても日本国内ではキャラバンやプレサージュ、ダットサントラックなどに搭載される実用的なもの。

 というのもアメリカでは中低速域のトルクの厚さが求められる傾向にあるため、日本仕様の1.8リッターではなく、排気量の大きな2.4リッターが選ばれたというワケなのだ。

 北米では「ワンビア」がフツーに売られていた

 ちなみに北米仕様の240SXは、180SXと同様のシルエットを持つハッチバック(現地ではファストバックと呼称)のほか、シルビアと同じ独立したトランク部分を持つクーペも存在していた(フロントマスクはリトラクタブルヘッドライトのまま)。

 日本ではS14型シルビアが登場した後も継続販売がされていた180SXだが、北米市場の240SXは1994年春にS14シルビアをベースとしたモデルへフルモデルチェンジを実施する。

 車名が変わらなかったことからもわかるように、搭載エンジンは引き続きKA24DE型が搭載され、ターボモデルなどは存在しなかったが、上級グレードには日本仕様のターボモデルなどにも採用された5穴の16インチホイールやスポーツサスペンションを用意。

 1996年には日本仕様と同じくマイナーチェンジを実施し、いわゆる“ツリ目”のフロントマスクを採用するなどしたが、1998年夏に販売を終了し、S15型が北米市場に投入されることはなかった。

 なお、北米市場では2代目から4代目までのシルビアは「200SX」として販売されており、現地では240SXはしっかりその流れを汲むモデルとして認識されている。

こんな記事も読まれています

スバルの屋台骨を支える「新型フォレスター」はバカ売れ間違いなし!? 歴代モデルの系譜から占う新型のポイントとは?
スバルの屋台骨を支える「新型フォレスター」はバカ売れ間違いなし!? 歴代モデルの系譜から占う新型のポイントとは?
ベストカーWeb
ザウバー育成マロニーが初優勝。宮田莉朋はスタートで出遅れるも猛追見せる/FIA F2第1戦レース1
ザウバー育成マロニーが初優勝。宮田莉朋はスタートで出遅れるも猛追見せる/FIA F2第1戦レース1
AUTOSPORT web
広さ確保のためだけじゃない!? タントよりもスペーシアよりもN-BOXが一番長いのよ!! 軽最長ホイールベースのワケ
広さ確保のためだけじゃない!? タントよりもスペーシアよりもN-BOXが一番長いのよ!! 軽最長ホイールベースのワケ
ベストカーWeb
「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題
「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題
motorsport.com 日本版
5号車ポルシェが開幕ポール獲得。トヨタは1台が一次予選敗退も、新人デ・フリースが2番手【WECカタール予選】
5号車ポルシェが開幕ポール獲得。トヨタは1台が一次予選敗退も、新人デ・フリースが2番手【WECカタール予選】
AUTOSPORT web
ベントレー「ベンテイガ」に「あのステッカー」がよく似合う! ハクイキシロイの作品とコラボする理由とは【縁起モノ語り】
ベントレー「ベンテイガ」に「あのステッカー」がよく似合う! ハクイキシロイの作品とコラボする理由とは【縁起モノ語り】
Auto Messe Web
ええ、N360とN-BOXって同じ設計思想ってマジか!! ホンダのMM思想が感動レベルだった
ええ、N360とN-BOXって同じ設計思想ってマジか!! ホンダのMM思想が感動レベルだった
ベストカーWeb
グーマガ 今週のダイジェスト【2/24~3/1】人気の軽に新スクープ!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/24~3/1】人気の軽に新スクープ!
グーネット
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
motorsport.com 日本版
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
AUTOSPORT web
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
motorsport.com 日本版
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
AUTOSPORT web
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ベストカーWeb
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
AUTOSPORT web
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
ベストカーWeb
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
Auto Messe Web
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

5件
  • 今さら240SXのネタを出しているとは・・・。かれこれ25年前、アメリカにいるときに乗っていました。
    日本版よりも排気量は大きいものの、日本版のDOHCエンジンとは違いSOHCエンジンでした。まぁ、普通の車でしたね。
  • ワンカムですよね?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

184.8205.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

120.0498.0万円

中古車を検索
180SXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

184.8205.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

120.0498.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村