現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 父の愛車はアバルト「124スパイダー」! 息子も喜ぶイタリアンスポーツカーでイベントに立ち寄った理由とは

ここから本文です
父の愛車はアバルト「124スパイダー」! 息子も喜ぶイタリアンスポーツカーでイベントに立ち寄った理由とは
写真を全て見る(2枚)

参観日にアバルト124スパイダーで行くと息子さんも大喜び

アバルトファンの交流の場になっている「ABARTH COFFEE BREAK(アバルト コーヒーブレーク)」。2023年6月24日(土)~25日(日)に今年2回目となるABARTH COFFEE BREAK 2023岐阜が、岐阜県の道の駅かしも ゆうらく館で行われた。心地良い初夏の日差しの中、イベント会場に立ち寄ったオープンカー、アバルト「124スパイダー」の親子にアバルトライフの楽しさを聞いてみた。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ヒストリックカーで八ヶ岳を望む爽快ツーリング…THE清里RUN エシカルミーティング2024夏
ヒストリックカーで八ヶ岳を望む爽快ツーリング…THE清里RUN エシカルミーティング2024夏
レスポンス
コンビニでのトイレだけ利用はマナー違反? アメリカはむしろ逆だったドライブ中のトイレ問題
コンビニでのトイレだけ利用はマナー違反? アメリカはむしろ逆だったドライブ中のトイレ問題
WEB CARTOP
1/12完成品モデルのホンダ「モンキー・スペシャル」3アイテムが青島文化教材社から発売!
1/12完成品モデルのホンダ「モンキー・スペシャル」3アイテムが青島文化教材社から発売!
モーサイ
【え、これですか?ホンダS2000です】エグイけどちょっとカッコいいかもー チューニングカーショー「PS Days」
【え、これですか?ホンダS2000です】エグイけどちょっとカッコいいかもー チューニングカーショー「PS Days」
AutoBild Japan
スズキ新型「軽SUV」登場! 斬新“黒顔”の「ワイルド仕様」がカッコいい! 本格四駆スタイルも存在!? 新型「ハスラー」どんなモデル?
スズキ新型「軽SUV」登場! 斬新“黒顔”の「ワイルド仕様」がカッコいい! 本格四駆スタイルも存在!? 新型「ハスラー」どんなモデル?
くるまのニュース
TRDの「GR86 カップカー ベーシック」がベース車を一部改良して販売開始
TRDの「GR86 カップカー ベーシック」がベース車を一部改良して販売開始
レスポンス
「R36スカイラインGT-R」待望の実車化!? 日産R35「GT-R」ベースの“スーパーカー”ネットでの反響は? レンダリング画像がついに現実に!
「R36スカイラインGT-R」待望の実車化!? 日産R35「GT-R」ベースの“スーパーカー”ネットでの反響は? レンダリング画像がついに現実に!
VAGUE
BMW M4クーペ&カブリオレがコンペティション仕様になって登場
BMW M4クーペ&カブリオレがコンペティション仕様になって登場
Auto Prove
「標識見えない」の反論は警察に通用する? 枝葉で見えず標識無視して違反!? 違反切符切られる? 元警察官が解説
「標識見えない」の反論は警察に通用する? 枝葉で見えず標識無視して違反!? 違反切符切られる? 元警察官が解説
くるまのニュース
全面刷新したインディアン新型「スカウト」シリーズ5車種の予約注文開始 将来的には6車種展開へ
全面刷新したインディアン新型「スカウト」シリーズ5車種の予約注文開始 将来的には6車種展開へ
バイクのニュース
トヨタがフロントロウ独占! 小林可夢偉がチームメイトを下して最速タイムをマーク|WECサンパウロ6時間予選
トヨタがフロントロウ独占! 小林可夢偉がチームメイトを下して最速タイムをマーク|WECサンパウロ6時間予選
motorsport.com 日本版
カスタムカーの落とし穴!? ワイドトレッドの正しい作り方~カスタムHOW TO~
カスタムカーの落とし穴!? ワイドトレッドの正しい作り方~カスタムHOW TO~
レスポンス
【10年ひと昔の新車】ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴィテッセこそが、史上最強のスーパーカーだった
【10年ひと昔の新車】ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ ヴィテッセこそが、史上最強のスーパーカーだった
Webモーターマガジン
【最新モデル評価】ホンダWR-Vは世界連携で迅速に開発・導入。プレーン&シンプルな魅力が際立つ
【最新モデル評価】ホンダWR-Vは世界連携で迅速に開発・導入。プレーン&シンプルな魅力が際立つ
カー・アンド・ドライバー
日産 新型「“3列”ミニバン」公開! 全長“5m”級ボディの「エヴァリア」!大開口スライドドアもイイ「ヨーロピアンモデル」日本導入は?
日産 新型「“3列”ミニバン」公開! 全長“5m”級ボディの「エヴァリア」!大開口スライドドアもイイ「ヨーロピアンモデル」日本導入は?
くるまのニュース
ポルシェレンタカーって知ってた? 14,800円でポルシェに乗れる『ポルシェゲート』
ポルシェレンタカーって知ってた? 14,800円でポルシェに乗れる『ポルシェゲート』
月刊自家用車WEB
マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
ベストカーWeb
ブリクストン「クロスファイア 125XS」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「クロスファイア 125XS」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ

みんなのコメント

14件
  • アバルト・124スパイダー(ABARTH 124 Spider)とは、かつて、マツダとの技術協力協定によって同社のND型ロードスターをベースとして作られていた2ドアオープンカーである。元はフィアットの車であるが、それをチューンアップしてアバルトのブランドで販売。尚、仕向け地にかかわらず全ての仕様は広島県のマツダ宇品第1(U1)工場で製造されるが、日本向けはフィアット仕様を販売せずアバルト仕様のみが販売され、日本政府(国土交通省)の自動車型式認証においてはマツダを製造事業者とする国産車として取り扱われる。
  • エセエンスーの半可通の車。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

406.0416.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

278.0535.0万円

中古車を検索
124スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

406.0416.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

278.0535.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村