現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ[新型CX-5]はどうなる? 自社製のストロングハイブリッドを搭載することを明言! 今わかっている最新情報すべて!

ここから本文です

マツダ[新型CX-5]はどうなる? 自社製のストロングハイブリッドを搭載することを明言! 今わかっている最新情報すべて!

掲載 9
マツダ[新型CX-5]はどうなる? 自社製のストロングハイブリッドを搭載することを明言! 今わかっている最新情報すべて!

 2017年2月に登場した現行CX-5はマツダの屋台骨を支えるミドルクラスSUV。登場から7年を迎え、そろそろフルモデルチェンジが噂される。そんななか、中国の北京ショーでは「ARATA」というSUVが披露され、2025年中に中国市場で販売すると発表。さらに2024年3月期決算説明会において、次期CX-5にマツダ製ハイブリッドを投入する計画も明らかになった。今わかっている次期CX-5の最新情報をお届けしよう。

文:ベストカーWeb編集部/マツダ

マツダ[新型CX-5]はどうなる? 自社製のストロングハイブリッドを搭載することを明言! 今わかっている最新情報すべて!

■長安汽車と共同開発したARATAが次期CX-5になる?

2017年2月登場のマツダ CX-5。2021年に外装デザインを一新するなど大幅改良。2023年9月には特別仕様車を加えるなどの一部改良を実施

 4月25日から開催された北京モーターショーにおいてマツダがセダンの「EZ-6」とSUV「ARATA(創」の注目モデルを発表したことは既報の通り。

 この2車種は、中国のマツダの現地法人CMA(長安マツダ)の親会社となる長安汽車と協業。セダンのEZ-6では長安汽車の電動化&自動運転の技術を導入し、マツダはデザインと走りに関するノウハウを投入するという。

北京モーターショーで公開された長安汽車とマツダが共同開発したEZ-6は2024年中に中国市場で発売される

 このEZ-6は、長安汽車の電動車ブランドの深藍(ディーパル)のSL03がベースとなっており、BEV、PHEV、FCEVを設定し、2024年中に中国で販売される。

 そして、もう1台の「ARATA」。これが次期CX-5になると報道しているところもあるが、ARATAのボディサイズはCX-5よりもひと回り小さく、プラットフォームも長安汽車が開発したものとなるので、これが次期CX-5とはならない。EZ-6と同じく、BEVやPHEVなどの電動パワートレインを搭載して2025年中に中国で販売されるようだ。

長安汽車とマツダが共同開発したARATA(創)

■次期CX-5はどうなるのか?

電動化に向けた進捗というページに、次期CX-5にマツダ製ハイブリッドを搭載する計画とある

 では本題の次期CX-5はどうなるのか? これに関しては5月10日に開催された2024年3月期の決算説明会において、シレっと重大なことがパワーポイント資料に記載されていたので見ていきたい。

 最も注目すべきは「次期CX-5にマツダ製のハイブリッドを搭載する計画」と記されていたことだ。現状、マツダの電動車は、マイルドハイブリッドと、PHEV、MX-30ロータリーEV、MX-30EVをラインアップしているが、新たに自社製のストロングハイブリッドを投入するということだ。

 マツダ製のハイブリッドを搭載する、と書かれていたが、はたしてどんなハイブリッドを搭載するのだろうか。

 過去、マツダの廣瀬一郎専務執行役員は、トヨタのハイブリッド技術であるTHSも利用したハイブリッド車を投入することも明言している。そういえば、マツダは2LのSKYACTIV-GエンジンにトヨタのTHSを搭載したアクセラを販売したことがあった。

 ちなみにスバルが初のストロングハイブリッドを新型フォレスターに搭載すると明言しているが、その中身はまだ明らかにされていない。おそらく高い確率で、スバル製水平水平対向エンジンとトヨタ製ハイブリッドのTHSを組み合わせたストロングハイブリッドになるだろう。

 他方、クラウン、レクサスLSなどに採用している縦置きTHS、スモール群の横置きエンジン=プリウスのTHSIIをそのまま搭載することは考えにくい。

 したがって、マツダ製の2L、直4SKYACTIVE-Gにトヨタ製ハイブリッドのTHSを組み合わせたもので、最終的にはマツダが独自にチューニングしたストロングハイブリッドになるだろう。

 さて、気になる次期CX-5の発売は、2026年と予想する。期待して待ちたい!

【画像ギャラリー】次期CX-5はどうなる? 北京ショーで発表されたARATAの写真をチェック!(4枚)

投稿 マツダ[新型CX-5]はどうなる? 自社製のストロングハイブリッドを搭載することを明言! 今わかっている最新情報すべて! は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

こんな記事も読まれています

[新型エルグランド]は衝撃の見た目で登場?! 日産が発表した次世代車両がヤバい
[新型エルグランド]は衝撃の見た目で登場?! 日産が発表した次世代車両がヤバい
ベストカーWeb
日本での[新型フォレスター]の価格は果たしていくら!? 北米ではスタート価格405万円だが……日本では300万円台後半~400万円台か?
日本での[新型フォレスター]の価格は果たしていくら!? 北米ではスタート価格405万円だが……日本では300万円台後半~400万円台か?
ベストカーWeb
CX-80を猛追!? VWに7人乗りSUV誕生。日本にも来そうなその名は「タイロン」!
CX-80を猛追!? VWに7人乗りSUV誕生。日本にも来そうなその名は「タイロン」!
ベストカーWeb
まだ生き残ってた[ハイラックスサーフ]日本導入熱望!! [ランクル]もついに電気に!? トヨタの次世代車11選
まだ生き残ってた[ハイラックスサーフ]日本導入熱望!! [ランクル]もついに電気に!? トヨタの次世代車11選
ベストカーWeb
ネーミングセンス抜群!! [ファミリア]に込められた想いがアツすぎ! 今のマツダ〇って寂しすぎない!?!?
ネーミングセンス抜群!! [ファミリア]に込められた想いがアツすぎ! 今のマツダ〇って寂しすぎない!?!?
ベストカーWeb
シビックRS市販化間近だけどやっぱりインテグラも期待!! 期待大のホンダ車12台
シビックRS市販化間近だけどやっぱりインテグラも期待!! 期待大のホンダ車12台
ベストカーWeb
700万円超えの[クラウンスポーツ]が月間3000台生産!! トヨタが[最上級グレード]しか販売しないワケ
700万円超えの[クラウンスポーツ]が月間3000台生産!! トヨタが[最上級グレード]しか販売しないワケ
ベストカーWeb
次期ハスラーが見えた!(たぶん)
次期ハスラーが見えた!(たぶん)
ベストカーWeb
次期ジューク登場間近!! 日本市場向けあればこうなる予想
次期ジューク登場間近!! 日本市場向けあればこうなる予想
ベストカーWeb
約20年ぶりの4気筒スカイライン!! ファン感涙もまさかのベンツ製…なんか違くないか!?!?
約20年ぶりの4気筒スカイライン!! ファン感涙もまさかのベンツ製…なんか違くないか!?!?
ベストカーWeb
マツダ新型「SUV」公開! 超進化した“魂動デザイン”に大反響! 斬新ドアミラーがカッコイイ! 次期型「CX-4」な「ARATA」中国に登場し熱視線集まる
マツダ新型「SUV」公開! 超進化した“魂動デザイン”に大反響! 斬新ドアミラーがカッコイイ! 次期型「CX-4」な「ARATA」中国に登場し熱視線集まる
くるまのニュース
トヨタ新型「ランクル“ミニ”」はどんなモデルに!? コンパクト×カクカクの「本格SUV」登場に懸念の声も? 待望の「新ランクルシリーズ」とは
トヨタ新型「ランクル“ミニ”」はどんなモデルに!? コンパクト×カクカクの「本格SUV」登場に懸念の声も? 待望の「新ランクルシリーズ」とは
くるまのニュース
マツダの「スポーツモデル群」どうなる? “RX-7スタイル”な「2ドアロータリースポーツカー」や「次期ロードスター」は? 今後どんなモデルが登場するのか
マツダの「スポーツモデル群」どうなる? “RX-7スタイル”な「2ドアロータリースポーツカー」や「次期ロードスター」は? 今後どんなモデルが登場するのか
くるまのニュース
カングーっぽいのになぜベンツ顔なのよ? 日産Vモーショングリル仕様!? 人気者ルノー・カングーの兄弟車がすごい!!
カングーっぽいのになぜベンツ顔なのよ? 日産Vモーショングリル仕様!? 人気者ルノー・カングーの兄弟車がすごい!!
ベストカーWeb
ランクルの納期長すぎ!! 代わりに[レクサスRX]がついに140万円! 280馬力のSUV[フォレスター]も買い時
ランクルの納期長すぎ!! 代わりに[レクサスRX]がついに140万円! 280馬力のSUV[フォレスター]も買い時
ベストカーWeb
おじさんが[残価設定ローン]はアリ!? [レヴォーグ]の走りがエグい! 50代で乗りたいクルマ9選
おじさんが[残価設定ローン]はアリ!? [レヴォーグ]の走りがエグい! 50代で乗りたいクルマ9選
ベストカーWeb
正直ホント高くね!? [新型フリード]から[ランドクルーザー250]まで……なぜ[新型車]は一斉に大幅値上げするのか?
正直ホント高くね!? [新型フリード]から[ランドクルーザー250]まで……なぜ[新型車]は一斉に大幅値上げするのか?
ベストカーWeb
LSDを初採用した和製スポーツカーが初代RX-7って知ってた? LSDが分からん人も読んで!
LSDを初採用した和製スポーツカーが初代RX-7って知ってた? LSDが分からん人も読んで!
ベストカーWeb

みんなのコメント

9件
  • やすお
    THS使うのに自社製のストロングハイブリッドって言っちゃうんだ
  • けったましーん
    CX-60が軌道に乗ったら廃盤にするつもりがあまりに売れないので結局残すんだな。しかもハイブリッドとは。日本では3桁クラブ常連、欧州でマツダが1番売れるドイツでさえ1年間で6500台程度の売れ行きで、ハイブリッドは不要と言って開発したSKY-Xも失敗だから仕方ないか。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.1405.2万円

中古車を検索
CX-5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.1405.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村