現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フリード&シエンタの対抗馬はこれでいい! 日産にはキューブキュービックという3列ミニバンがあったじゃないか!

ここから本文です

フリード&シエンタの対抗馬はこれでいい! 日産にはキューブキュービックという3列ミニバンがあったじゃないか!

掲載 45
フリード&シエンタの対抗馬はこれでいい! 日産にはキューブキュービックという3列ミニバンがあったじゃないか!

 フリード、シエンタという小型ミニバン市場に依然として対抗馬を持たない日産。しかし思い出してほしい。日産にはキューブキュービックという名車があったじゃないか!

文/ベストカーWeb編集部、写真/日産自動車

フリード&シエンタの対抗馬はこれでいい! 日産にはキューブキュービックという3列ミニバンがあったじゃないか!

■2代目キューブを17cm延長した3列シートモデル

全長3.9mのコンパクトミニバン「キューブキュービック(キューブキュービック+コンラン&パートナーズ仕様)」

 キューブキュービックが登場したのは2003年9月。衝撃的なカクカクボディをまとった2代目キューブの登場から約1年後のことだ。ちなみに車名の正式表記はキューブの右肩に3をくっつけたもの。「容積」「体積」を表していたのだ。

 その特徴だが、広々空間を持つキューブのホイールベースを17cm延ばして3列シート7人乗りにしたコンパクトミニバン。とはいえその全長は3900mmしかないから、現代のフリードやシエンタより30cm近く短かった。

 実際、そのたたずまいもことさらに3列シートをアピールするものではなく、パッと見は普通のキューブ。注意深く観察すれば、リアドアがノーマルよりも微妙に長いことに気付く程度の違いだった。

 エンジンはノーマルキューブと同じ1.4L直列4気筒のCR14DE(98ps)。これに4速ATとマニュアルモード付6速CVTが組み合わされた。しかしこのパワートレーンで7人乗りはさすがに非力という声があり、2005年には1.5Lエンジン(HD15DE)が追加されている。

■コンランとのコラボモデルが話題に!

3列目シートはエマージェンシー的なものに留まった

 キューブキュービックで話題になったのは、「キューブキュービック+コンラン&パートナーズ」と呼ばれるコラボモデルだろう。コンランとは「コンランショップ」で知られるイギリスのインテリアデザイナーだが、そのコンラン氏が内装を手がけたオシャレなモデルが1000台限定で発売されたのだ。

 この限定モデル、シート表皮にスウェード調のアルカンターラを採用し、プラズマクラスターイオンのエアコンやフロントフォグランプを装備した特別なモデルだったが、発売後2週間で予定台数を売り切った。特にバラのような深紅のシートカラーは、女性からも支持を集めたようだ。

 一定の支持を集めたキューブキュービックだったが、全長3900mmで3列シートを成立させるのは難しく、3代目キューブに後継モデルが設定されることはなかった。 キューブキュービックは結局1代限りで役割を終え、日産のコンパクトミニバンはラフェスタが受け継ぐことになったのである。

こんな記事も読まれています

[アルファード]もアイシスの解放感にはかなわず!? ずっと売れ続けた秘訣は180万円以下スタートの価格設定か!?
[アルファード]もアイシスの解放感にはかなわず!? ずっと売れ続けた秘訣は180万円以下スタートの価格設定か!?
ベストカーWeb
マイチェンでフロントマスク激変の[ノートオーラ]! ノートと同じく果たして変わってよかったのか否か!?
マイチェンでフロントマスク激変の[ノートオーラ]! ノートと同じく果たして変わってよかったのか否か!?
ベストカーWeb
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
ベストカーWeb
小さいのに存在感バツグン!! [ライズ/ロッキー]は車内も荷室も広々! ハイブリッドをオススメするワケ
小さいのに存在感バツグン!! [ライズ/ロッキー]は車内も荷室も広々! ハイブリッドをオススメするワケ
ベストカーWeb
まさに[小さなハリアー]!! 売れまくり[ヤリスクロス]は使いやすさ抜群! GRスポーツを勧めたいワケ
まさに[小さなハリアー]!! 売れまくり[ヤリスクロス]は使いやすさ抜群! GRスポーツを勧めたいワケ
ベストカーWeb
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
ベストカーWeb
クラス超えの質感!! 燃費もリッター30km超え! 欠点が見当たらない[ヴェゼル]は納得のヒット作だった
クラス超えの質感!! 燃費もリッター30km超え! 欠点が見当たらない[ヴェゼル]は納得のヒット作だった
ベストカーWeb
[ノートオーラ]はコスパ最強のクルマだった!? 質感が爆増も14万円アップだけ!! 燃費も文句なしの27km/L超え
[ノートオーラ]はコスパ最強のクルマだった!? 質感が爆増も14万円アップだけ!! 燃費も文句なしの27km/L超え
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】国産車最後の5ナンバーサイズFRクーペ[ロードスタークーペ]
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】国産車最後の5ナンバーサイズFRクーペ[ロードスタークーペ]
ベストカーWeb
中古とはいえレクサスの現行モデルだぜ! UXの200万円台中古車は買いじゃないか?
中古とはいえレクサスの現行モデルだぜ! UXの200万円台中古車は買いじゃないか?
ベストカーWeb
新車で40万円の衝撃!! ツインこそ今じゃないか!?
新車で40万円の衝撃!! ツインこそ今じゃないか!?
ベストカーWeb
[アルファード]顔負けの激広ワゴンが復活!? ホンダのアヴァンシアがホントに返ってくるかも
[アルファード]顔負けの激広ワゴンが復活!? ホンダのアヴァンシアがホントに返ってくるかも
ベストカーWeb
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
ベストカーWeb
[GRカローラ]に試乗してふと思った!! カローラセダンの4WDターボを熱烈希望!!
[GRカローラ]に試乗してふと思った!! カローラセダンの4WDターボを熱烈希望!!
ベストカーWeb
日産「すごいキューブ」実車公開! 斬新「“イナズマ”グリル」が超カッコイイ! 謎の「コンパクトカー」東京に登場
日産「すごいキューブ」実車公開! 斬新「“イナズマ”グリル」が超カッコイイ! 謎の「コンパクトカー」東京に登場
くるまのニュース
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
ベストカーWeb
[トヨタの予感]は大当たり! 兄貴分クラウンのベース車に成りあがった[マークII]の功績がハンパなかった!!
[トヨタの予感]は大当たり! 兄貴分クラウンのベース車に成りあがった[マークII]の功績がハンパなかった!!
ベストカーWeb
スープラのパワーアップ版[GRMN]ついに登場か!? スイスポはハイブリッドに!! 2024年登場予定のスポーツモデル3選
スープラのパワーアップ版[GRMN]ついに登場か!? スイスポはハイブリッドに!! 2024年登場予定のスポーツモデル3選
ベストカーWeb

みんなのコメント

45件
  • kai********
    キューブの廃止が決まった時にライバル会社が喜んだとか。
    もしスライドドアのミニバンとしてモデルチェンジしていれば
    かなりの数が売れただろう。
  • kok********
    昔、後ろの席に乗せてもらったことあったけど、良いクルマだったよ。記事のとおりこれをモデルチェンジして出したらフリードやシエンタの良いライバルになると思うけどね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.3211.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

3.3215.8万円

中古車を検索
キューブの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.3211.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

3.3215.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村