サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「破綻ギリギリのデザイン・・・だがそれが良い!」絶妙な開放感を味わえるヴィヴィオT-TOPを捕獲!【ManiaxCars】

ここから本文です

これぞ極めつけの脱力系スタイル!

限定3000台で発売されたスバル40周年記念特別モデル

「破綻ギリギリのデザイン・・・だがそれが良い!」絶妙な開放感を味わえるヴィヴィオT-TOPを捕獲!【ManiaxCars】

レックスの跡を継いで1992年に登場したヴィヴィオ。ボディ形状は3ドア/5ドアのハッチバックで、それベースの突然変異種が93年5月発売のT-TOPになる。

スバル40周年を記念した特別モデルという位置付けで、ボディ架装は横浜の高田工業が担当。同社は日産のパイクカー(Be-1、パオ、フィガロ)やS13シルビアコンバチ、S15シルビアヴァリエッタ、K11マーチカブリオレなどを手がけた、いわばオープンボディ製作のプロ集団だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン