現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 850馬力のトヨタ「チェイサー」を操る23歳ドライバーが「フォーミュラドリフトジャパン」第5戦で優勝するまで。初めて先輩に勝てた意義とは?

ここから本文です

850馬力のトヨタ「チェイサー」を操る23歳ドライバーが「フォーミュラドリフトジャパン」第5戦で優勝するまで。初めて先輩に勝てた意義とは?

掲載 2
850馬力のトヨタ「チェイサー」を操る23歳ドライバーが「フォーミュラドリフトジャパン」第5戦で優勝するまで。初めて先輩に勝てた意義とは?

往年のドリフト車JZX100チェイサーで優勝したKANTA

近年のドリフト競技は、最新車や現行車の導入が進み、それらのマシンがつねに上位で成績を残している。そんななか、往年のドリフト車というべきJZX100型トヨタ「チェイサー」で戦い続けている男がいる。それがKANTAだ。2023年8月19日(土)~20日(日)に滋賀県のグランスノー奥伊吹で行われた「フォーミュラドリフトジャパン」第5戦で今季初優勝を果たした、注目の若手ドライバーのバックグラウンドとは。

子弟対決を制したKANTAが今期初優勝!「フォーミュラドリフトジャパン」第5戦はチームオレンジがワンツーでした

一番勝ちたかった大先輩をファイナルで制して優勝!

2022年からKANTAにエントリー名を変更したが、2021年までは「柳杭田 貫太(ヤナクイダ カンタ)」の本名でエントリーしていた、23歳の若手ドライバー。これまで今年2023年の第3戦を含め数多くの単走優勝を経験していて、2021年第2戦のスポーツランドSUGOでは優勝した実績を持つ。しかし今シーズンの勝ち星はまだなく、第4戦終了時点でシリーズランキングは9位。しかし8月19日~20日に行われた第5戦での優勝によりシリーズランキングも4位に浮上し、シリーズチャンピオン優勝争いに食い込んできたのだ。

13歳からドリフトを始めた若きドライバー

23歳の若さでドリフト競技においてトップで活躍しているKANTAだが、13歳からドリフトを始めており、ドリフト歴も10年を数える。もともと父親が趣味でやっていたドリフト。父親についていき、観たことで、ドリフトの魅力にどっぷりとハマっていった。13歳になると学校のない土日は実家の近くにある青森県の「モーターランドSP」に、ドリフトを練習するために通っていたという。

KANTAがドリフト大会に初めて出場したのは14歳のとき。FDJ3の前身となる「MSCチャレンジ」のビギナークラスに出場し、3位入賞を果たした。16歳の高校1年のときには、MSCチャレンジのトップカテゴリー・エキスパートクラスに出場し、2位を獲得した。ファイナルの対戦相手は小橋正典。数度のワンモアタイムの末、敗れている。そのときから小橋正典とは数度対戦しているが、1度も勝つことができなかった。そんなこともあり、今回の優勝は格別だと言う。仮表彰での「優勝!」コールに、KANTAは号泣した。これまでのドリフト人生の想いが一気にあふれ出したのだ。小橋正典はドリフトを教えてくれた兄貴であり、KANTAにとって憧れの大先輩なのだ。

約850馬力までパワーアップしたJZX100

現在KANTAは、ドリフトの聖地として有名な福島県「エビスサーキット」の社員として働き、エビスサーキットのドリフトチーム「チームオレンジ」のメンバーでもある。フォーミュラドリフトジャパンで使用しているJZX100チェイサーは、2021年のスポーツランドSUGOラウンドから導入。そのとき優勝を果たしたメモリアルマシンである。JZX100は今年さらなる進化を遂げており、トランスミッションをHパターンのジーフォースからホリンジャーのシーケンシャル6速に変更。さらにエンジンもターボ化などを施し、約850psまでパワーアップを果たした。

マシントラブルに悩みながらも確実に順位を上げた

今年はマシントラブルに悩まされているが、今回の奥伊吹ラウンドでも、予選前の練習走行中にドライブシャフトが折れる不具合があった。しかし修理する時間が残されていたため、予選走行前には修理を完了し、91ポイントを叩き出したのだ。2本目も84ポイントを獲得し、6位で予選を通過した。

現在のフォーミュラドリフトジャパンの予選上位陣は、BMWやA90スープラ、RZ34フェアレディZ、GR86、GRヤリスなどの今どきのマシンが食い込んでくる。動きも良く、作り方も新しい新型ドリフトマシンはかなり進化している。

しかしKANTAのJZX100は、さほど軽量化もしておらず、さらに従来のアングルキットを使用しており、ワイズファブなどの今流行りのナックルではない点でも劣っていることは否定できない。KANTAはJZX100のポテンシャルで限界まで攻めているが、上位陣とはやはり差が出てしまう。それでも「JZX100でできることを、自分の持っているものを、すべて出し切る」つもりで戦っているのだ。

今年は追走でも成績が残っていなかった。第3戦のスポーツランドSUGO、第4戦の富士スピードウェイはともにトップ32で敗退。スポ―ツランドSUGOでは単走優勝していながら、トップ32で敗れている。そのことを重く受け止めたKANTAは、お盆休みを利用して青森県のモーターランドSPで、追走を想定した練習をひたすら行い走り込んだ。モーターランドSPには小橋正典もいるので、練習相手をしてもらった。先輩の力を借りながら、すべてを出し切って戦う準備をしたうえで挑んだラウンドだった。

ターニングポイントになったのは高橋和己戦

今回の決勝トーナメントでのターニングポイントは、高橋和己戦だったのではないだろうか。追走1本目、先行は高橋和己、後追いはKANTA。このときKANTAは速度ある髙橋和己のBMWに必死に食らいついた。それが髙橋和己にとって「あそこまでやらないといけない状況」を作り出したのではないだろうか。髙橋和己が後追いのゾーン1での珍しいミス、先行のKANTAのマシンに接触してしまったのだ。

しかしこの戦いでのクラッシュのダメージも大きかった。KANTAのJZX100のアライメントは大きく狂い、最後まで思うように動かない状態。メカニックも見た目だけでの調整をする時間しか残っておらず、できる範囲内の対処のまま、ファイナル4に向かった。ベテラン山下広一とのバトルは、それを感じさせない走りを披露する。自分の思うように動かないマシンをラインだけはしっかりと取って走り切る、その精神で走り続けた。

大先輩である小橋選手を打ち破って見事優勝を勝ち取った

ファイナルの対戦相手は、小橋正典。小橋正典のA90スープラは、この日誰よりも進入速度が速く、KANTAも付いていけないと感じていた。これまでも小橋正典とは、フォーミュラドリフトジャパンの舞台で何度か対戦しているが、KANTAがやり過ぎて接触するか、コースアウトするかで敗退。小橋正典のスピードが速いことは分かっているが、毎回その速度につられる形でミスを出してしまっていた。今回も小橋正典のA90は、想定内の速い速度で進入するため、スタートで離される。それでも無理に追ってはいけないと思い、自分のラインをトレースすること、冷静なドライビングを心がけた。

「自分のなかの100%があって、それを先行車両につられて100%を超えて負けることはしたくなかった」

走行後、KANTAはそう答えている。結果は先行の2本目、後追いの小橋がゾーン1でオーバーラン。それが勝負の決め手となった。走っていたときは、かなり後ろに迫っていたので、ワンモアもしくは負けかなと思った。軽い接触もあった。それも含めてやられていると思った。しかし、結果は優勝。師匠であり大先輩の小橋正典に、初めて勝利した。

「自分のなかでは、正典さんに対してコンプレックス的なところもありました。今まで勝てるイメージがなかったのです。その壁を今回超えることができました。今まで走ってきた想いが勝利宣言を受けたあとに一気に湧き出てしまって……」

勝利宣言後の涙の意味。これまで超えられなかった壁を越えた瞬間だった。KANTAにとって、今まで戦って得た勝利のどれよりも嬉しい勝利。今回の勝利でシリーズチャンピオンも狙える位置まで上がってきた。意識はせずに自分のベストを尽くす。最終戦のKANTAの戦いから目が離せない。

こんな記事も読まれています

急遽浮上した、フェルスタッペン”電撃”メルセデス移籍の噂。ウルフ代表はやんわりと否定「今最速はレッドブルだから、そっちを優先するんじゃないか?」
急遽浮上した、フェルスタッペン”電撃”メルセデス移籍の噂。ウルフ代表はやんわりと否定「今最速はレッドブルだから、そっちを優先するんじゃないか?」
motorsport.com 日本版
ステランティスジャパン、プジョー「508」を一部改良 デザインなど変更
ステランティスジャパン、プジョー「508」を一部改良 デザインなど変更
日刊自動車新聞
雪が積もって「コインP」から出庫できない! “不可抗力”でも駐車料金は「満額」支払うべき? 気になる回答とは
雪が積もって「コインP」から出庫できない! “不可抗力”でも駐車料金は「満額」支払うべき? 気になる回答とは
くるまのニュース
日産 商用バン「AD」が安全性アップ 踏み間違い衝突防止アシストを全グレード標準設定
日産 商用バン「AD」が安全性アップ 踏み間違い衝突防止アシストを全グレード標準設定
グーネット
ロールス・ロイス “地上の楽園”にちなんだオープンカー「アルカディア・ドロップテイル」披露
ロールス・ロイス “地上の楽園”にちなんだオープンカー「アルカディア・ドロップテイル」披露
グーネット
マクラーレンの開幕戦6位&8位は今後に向けた「良い兆候」とノリス。苦手傾向だったバーレーンに光明見出す
マクラーレンの開幕戦6位&8位は今後に向けた「良い兆候」とノリス。苦手傾向だったバーレーンに光明見出す
motorsport.com 日本版
ルクレール、ブレーキトラブルで表彰台争いができず「まともに走れる状態ではなかった」フェラーリ/F1第1戦
ルクレール、ブレーキトラブルで表彰台争いができず「まともに走れる状態ではなかった」フェラーリ/F1第1戦
AUTOSPORT web
トヨタ、レクサス「NX」を一部改良 剛性強化や足回り調整で走行安定性を改善
トヨタ、レクサス「NX」を一部改良 剛性強化や足回り調整で走行安定性を改善
日刊自動車新聞
日産「新発想キューブ」実車公開! “レトロ顔”に顔面刷新! メタルなバンパー&オシャブルー採用の「コンパクトワゴン」SETOとは
日産「新発想キューブ」実車公開! “レトロ顔”に顔面刷新! メタルなバンパー&オシャブルー採用の「コンパクトワゴン」SETOとは
くるまのニュース
【RQ決定情報2024】人気ユニットKOBELCO GIRLS&SARDイメージガールが決定
【RQ決定情報2024】人気ユニットKOBELCO GIRLS&SARDイメージガールが決定
AUTOSPORT web
ジープの小型SUV『アベンジャー』に「e-ハイブリッド」を設定
ジープの小型SUV『アベンジャー』に「e-ハイブリッド」を設定
レスポンス
懐かしい顔がパドックに帰ってきた。元F1エンジニアが設立したカーボンニュートラル燃料会社がザウバーのスポンサーに就任
懐かしい顔がパドックに帰ってきた。元F1エンジニアが設立したカーボンニュートラル燃料会社がザウバーのスポンサーに就任
motorsport.com 日本版
100台以上の参加!「A PITオートバックス東雲」が筑波で走行会を開催。チューニングの次はサーキットでの遊び方までバックアップしてくれます
100台以上の参加!「A PITオートバックス東雲」が筑波で走行会を開催。チューニングの次はサーキットでの遊び方までバックアップしてくれます
Auto Messe Web
絶好のドライブシーズン到来!輸入車が春ドライブにピッタリのワケ
絶好のドライブシーズン到来!輸入車が春ドライブにピッタリのワケ
グーネット
最高出力1300hpでハイパーカーの高みに猛ダッシュ!?走りもフォルムも刺激的な超級BEV「ヤンワンU9」がBYDからデビュー
最高出力1300hpでハイパーカーの高みに猛ダッシュ!?走りもフォルムも刺激的な超級BEV「ヤンワンU9」がBYDからデビュー
Webモーターマガジン
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
WEB CARTOP
BYD ATTO3の仕様向上と国内でも勢いを増している事業戦略を説明【公式動画】
BYD ATTO3の仕様向上と国内でも勢いを増している事業戦略を説明【公式動画】
Auto Prove

みんなのコメント

2件
  • WRCみたいに純粋にタイムを競う為のドリフトなら分かるが、タイヤとガソリンを無駄使いして横滑りして遅く走らせる意味が理解できない…。
  • くだらねえ競技だ。
    こんなんがあるから馬鹿者たちが公道で暴走する。

    元々ドリフトは、車が限界を超えた時のテクニック。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

194.0347.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.9510.0万円

中古車を検索
チェイサーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

194.0347.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.9510.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村