現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランクル70・ジムニーに似合いすぎるゼ!! なんで白だけ!? 赤でもよくない!?  ホワイトレタータイヤに他の色がないワケ

ここから本文です

ランクル70・ジムニーに似合いすぎるゼ!! なんで白だけ!? 赤でもよくない!?  ホワイトレタータイヤに他の色がないワケ

掲載 5
ランクル70・ジムニーに似合いすぎるゼ!! なんで白だけ!? 赤でもよくない!?  ホワイトレタータイヤに他の色がないワケ

 SUV人気を追い風に装着車がひと昔前よりも俄然増えた印象のホワイトレタータイヤ。ジムニーやランクル、はたまたシティ派のロッキー/ライズなど、多くのクルマに付いている印象。そこで気になるのが、なんで白だけなのかってこと。その真相を暴露します!!

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

ランクル70・ジムニーに似合いすぎるゼ!! なんで白だけ!? 赤でもよくない!?  ホワイトレタータイヤに他の色がないワケ

■プリントじゃないの!? 構造が衝撃

ホワイトレターの部分はペイントじゃなくゴム!! 汚れたらブラシで洗えば復活も可

 タイヤ側面の文字が白く描かれているホワイトレタータイヤ。一見すると白い文字をペイントやプリントで表現しているようにも感じるかもしれない。

 たしかに後からタイヤを白くペイントするマーカーや、文字や絵柄をプリントするサービスも存在している。

 だが、タイヤメーカーが供給するホワイトレタータイヤに関しては、サイド部分に白いゴムを挟み込み、タイヤが完成したあとに表面の黒いゴムを削り取って白い部分を露出させているのだ。

 そのため白い部分が一段盛り上がった形になっており、汚れや黄ばみが発生した場合でも、表面の汚れを除去すれば新品時の白さが復活するというワケである。

■赤でも青でも技術的にはイケる!!

 このように白いゴムを挟み込むことでホワイトレターを表現しているということは、違う色で着色したゴムを使用すれば、ホワイト以外のレタータイヤを作ることも技術的には不可能ではない。

 実際、レタータイヤではないものの、タイヤ側面にリング状のラインの入ったリボンタイヤでは、定番のホワイトリボンのほか、レッドリボンやイエローリボンのものも存在。

 60年代にはアメリカンマッスルカーなどに装着されていた過去もある。

 そのため現在でもそういったマニアなユーザーのために一部のタイヤメーカーはホワイトリボンのほか、レッドやイエローのリボンタイヤも生産しているのだ。

■まさかの需要ナシ!? これからも白がキホンに

オーナーの中にはホワイトレター部分を赤などにペイントしているケースも。写真のランクル250ならイエローレターもアリか!?

 ではなぜレタータイヤにもレッドやイエローがないのかというと、それは恐らく「そこまでの需要がないから」ということになるだろう。

 前述したようにレタータイヤは一般的なタイヤよりも製造に手間がかかるため、金額も高めとなってしまう。

 それ故、ある程度の販売本数が見込めない場合、一般的なタイヤよりもより高額になってしまうことは避けられないため、販売しないという選択肢をとっていると言えるだろう。

 なお、現在ホワイト以外のレタータイヤとして、トーヨーの「オープンカントリー785」という1983年当時のタイヤパターンを復刻したタイヤがアイボリーホワイトレターを採用。

 こちらもある程度の販売本数が見込めそうなジムニーに装着できるサイズに限定して販売しているのだ。

こんな記事も読まれています

トヨタ“新”「ヤリス」発売! 570万円超えの「オシャブルー」最上級モデル設定! 快速「ハイブリッド130」搭載の「5ドアスポーツハッチ」欧州で発表
トヨタ“新”「ヤリス」発売! 570万円超えの「オシャブルー」最上級モデル設定! 快速「ハイブリッド130」搭載の「5ドアスポーツハッチ」欧州で発表
くるまのニュース
事故多発!? 神奈川の「道路の真ん中にある神社」が工事で見納め 車線と車線の間に鳥居が鎮座 いつからこうなった!? 拡幅で珍風景も消滅
事故多発!? 神奈川の「道路の真ん中にある神社」が工事で見納め 車線と車線の間に鳥居が鎮座 いつからこうなった!? 拡幅で珍風景も消滅
くるまのニュース
Gogoro「Pulse」 台湾の電動バイクブランドがスマートスクーターのフラッグシップモデルを発表
Gogoro「Pulse」 台湾の電動バイクブランドがスマートスクーターのフラッグシップモデルを発表
バイクのニュース
モータースポーツ愛好者必見! KTCの最新観戦アイテムが魅力的…大阪オートメッセ2024
モータースポーツ愛好者必見! KTCの最新観戦アイテムが魅力的…大阪オートメッセ2024
レスポンス
降雪地域の道路脇にある「箱」! 中身の「砂利」と「白い粒」の正体と使い方とは?
降雪地域の道路脇にある「箱」! 中身の「砂利」と「白い粒」の正体と使い方とは?
WEB CARTOP
今年も本気ですよ? フェラーリ、2025年から7度のF1王者ハミルトンが加入も「2024年は非常に重要なシーズン」
今年も本気ですよ? フェラーリ、2025年から7度のF1王者ハミルトンが加入も「2024年は非常に重要なシーズン」
motorsport.com 日本版
ベントレー・ベンテイガの日本限定モデル「アズール ニンバス コレクション」が東京・六本木にて特別展示
ベントレー・ベンテイガの日本限定モデル「アズール ニンバス コレクション」が東京・六本木にて特別展示
カー・アンド・ドライバー
トヨタとKDDI、通信技術で交通事故を防ぐ技術開発 スマホと車両データで事故リスクを見える化
トヨタとKDDI、通信技術で交通事故を防ぐ技術開発 スマホと車両データで事故リスクを見える化
日刊自動車新聞
ニコル・コンペティツィオーネ 日本最大規模のフェラーリ拠点をオープン
ニコル・コンペティツィオーネ 日本最大規模のフェラーリ拠点をオープン
Auto Prove
[15秒でわかる]アバルト『695』75周年仕様…ルーフに巨大サソリの記念車
[15秒でわかる]アバルト『695』75周年仕様…ルーフに巨大サソリの記念車
レスポンス
第6世代の新型「BMW 5シリーズ ツーリング」登場! 5シリーズ最後となるエステートモデルは日本にもやってくる!
第6世代の新型「BMW 5シリーズ ツーリング」登場! 5シリーズ最後となるエステートモデルは日本にもやってくる!
AutoBild Japan
ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
くるまのニュース
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
WEB CARTOP
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
くるまのニュース
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
レスポンス
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BMW アルピナ B8 グランクーペ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
BMW アルピナ B8 グランクーペ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
ホンダ新型「スーパーカブC125」に新色ブルー登場! 1万1000円の値上げで3/28発売
ホンダ新型「スーパーカブC125」に新色ブルー登場! 1万1000円の値上げで3/28発売
WEBヤングマシン

みんなのコメント

5件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

155.5190.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0398.0万円

中古車を検索
ジムニーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

155.5190.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村