現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ランクル同等」の歴史を持つ4WDなぜ失脚? 新型サファリは日本で劇的復活してほしいぞ!!!

ここから本文です

「ランクル同等」の歴史を持つ4WDなぜ失脚? 新型サファリは日本で劇的復活してほしいぞ!!!

掲載 25
「ランクル同等」の歴史を持つ4WDなぜ失脚? 新型サファリは日本で劇的復活してほしいぞ!!!

日産サファリの復活が見えてきた。これは日産が中期経営計画で発表した「パトロール」の復活によるもので、きっと日本市場にも「サファリ」として投入されるはずだ。しかし日産はまったくと言っていいほどサファリの日本投入をしていない。なぜ消極的なのか、その理由に迫ります。

文:ベストカーWeb編集部/写真:インフィニティ、日産

「ランクル同等」の歴史を持つ4WDなぜ失脚? 新型サファリは日本で劇的復活してほしいぞ!!!

■ランクルと同じ歴史を持つ名車だぜ

国内展開はこのサファリを最後に止まっているが復活なるか

 日産サファリが日本市場から消えたのが2007年。すでに17年の月日が経ってしまったが、なぜか頑なに日産はサファリの後継モデルを日本市場に投入することはなかった。

 その間にもライバルのトヨタランドクルーザーは進化を続け、日本市場でも絶大な人気を誇っているのは周知のとおり。

 サファリの始祖は1951年登場の4W60型。実はランドクルーザーの始祖であるトヨタ・ジープBJと同じ年に登場している。これは偶然ではなく、自衛隊の前身である警察予備隊での採用を目指した歴史である。

 結果としては両車とも夢破れて……だったが、その後の市販車としての栄光の歴史は説明するまでもない。

 日本では最終モデルとなっている3代目サファリは1997年~2007年の約10年のモデルライフ。4.8Lエンジンの採用や、クロカン離れした内装など非常に魅力的なモデルだった。

■新たなサファリはきっと日本でも受け入れられる

グローバルギャラリーで実車を見てみたが、想像以上のランクルサイズだ

 新型サファリの姿ははっきりとは見えてこないが、日産の中期経営計画で発表されたティザー画像を見る限りかなりボクシーで迫力満点な雰囲気を漂わせている。

 すでに明らかになったインフィニティQX80が兄弟車とすれば、その迫力はライバルのランクル300にも迫るもの。

 かつてのようなクロカン4WDとしてサファリは復活しないだろう。それはランクル300も同じくラグジュアリーなキャラクターを強調したモデルになるはず。

 しかしランクルがそうだったように、その走行性能は「サファリ」の看板に恥ずかしくないものでなければならない。

 かつてのサファリが日本にいたころとは環境も異なっている。ランクル300が信じられないほどの納期になっていること、レクサスLXも大人気なとを含めればサイズ感などが日本でデメリットになる可能性は低い。

 しっかりした歴史があるサファリだから今後の展開は非常に楽しみだ。

こんな記事も読まれています

トヨタ系販社11社での修理費過大請求、1年半で計1万6184件に[新聞ウォッチ]
トヨタ系販社11社での修理費過大請求、1年半で計1万6184件に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「知らなきゃ捕まる!?」 道路脇の「青いスラッシュ」ってなに? 実は“超重要”なんです! 忘れちゃいけない意味とは?
「知らなきゃ捕まる!?」 道路脇の「青いスラッシュ」ってなに? 実は“超重要”なんです! 忘れちゃいけない意味とは?
くるまのニュース
国内での使用はOK? 輸入車に時々見られるマイル表記のメーター
国内での使用はOK? 輸入車に時々見られるマイル表記のメーター
バイクのニュース
MINI ハッチバック 新型に5ドア登場、3ドアより172mm長い…欧州発表
MINI ハッチバック 新型に5ドア登場、3ドアより172mm長い…欧州発表
レスポンス
ポルシェが最後の最後に大逆転でポール獲得! キャデラック、フェラーリら及ばず|ル・マン24時間ハイパーポール
ポルシェが最後の最後に大逆転でポール獲得! キャデラック、フェラーリら及ばず|ル・マン24時間ハイパーポール
motorsport.com 日本版
ダンロップから小型トラック・バン用スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX LV01」が登場! 冬道走行の安全性やコスト抑制に対応
ダンロップから小型トラック・バン用スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX LV01」が登場! 冬道走行の安全性やコスト抑制に対応
くるまのニュース
ヤマハが「最大“7人乗り”小型車」実車展示! 3列備えた「グリスロ」登場!? 4人乗り軽も設定! JAFと共同で披露
ヤマハが「最大“7人乗り”小型車」実車展示! 3列備えた「グリスロ」登場!? 4人乗り軽も設定! JAFと共同で披露
くるまのニュース
ホンダと三菱商事、EVの電池再利用へ合弁会社設立 N-VAN e:で車電分離型リースを展開
ホンダと三菱商事、EVの電池再利用へ合弁会社設立 N-VAN e:で車電分離型リースを展開
日刊自動車新聞
ヤマハ「XSR900GP」を往年のレーサー風に 「YAMAHA Yard Built」最新プロジェクト公開
ヤマハ「XSR900GP」を往年のレーサー風に 「YAMAHA Yard Built」最新プロジェクト公開
バイクのニュース
[15秒でわかる]アルピナ『B3 GT』、スポーティにしてエレガント
[15秒でわかる]アルピナ『B3 GT』、スポーティにしてエレガント
レスポンス
NV200バネットで快適に車中泊できるぜ!! キャラバンに続く日産[MYROOM]モデルが2024年冬にいよいよ追加!
NV200バネットで快適に車中泊できるぜ!! キャラバンに続く日産[MYROOM]モデルが2024年冬にいよいよ追加!
ベストカーWeb
プジョーがハイパースクエア発表 タブレットのようなステアリングホイールでドライビング体験を新たなレベルに引き上げることを約束
プジョーがハイパースクエア発表 タブレットのようなステアリングホイールでドライビング体験を新たなレベルに引き上げることを約束
AutoBild Japan
【追記あり】僅差の予選でBMWが驚きの暫定ポール。小林可夢偉のコースオフで赤旗終了/ル・マン24時間
【追記あり】僅差の予選でBMWが驚きの暫定ポール。小林可夢偉のコースオフで赤旗終了/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
目黒~中野の直結道路「最後の区間」どうなった? 壮大な「環6.5」全通へ大前進! 小田急の駅前に新たな”大通り”誕生中
目黒~中野の直結道路「最後の区間」どうなった? 壮大な「環6.5」全通へ大前進! 小田急の駅前に新たな”大通り”誕生中
くるまのニュース
僕は、F1で戦い続けたいんだ……2025年のシート喪失が噂されるマグヌッセン「絶対に不可能となるその瞬間まで、僕はそのために集中する」
僕は、F1で戦い続けたいんだ……2025年のシート喪失が噂されるマグヌッセン「絶対に不可能となるその瞬間まで、僕はそのために集中する」
motorsport.com 日本版
ボルボの大型トラック『FH16』新型、欧州最強の780馬力…100%再生可能燃料でも走行可能
ボルボの大型トラック『FH16』新型、欧州最強の780馬力…100%再生可能燃料でも走行可能
レスポンス
ハイラックスよりも巨大! シボレーの“フルサイズピックアップ”「シルバラード」実車展示!! なぜ右ハンドル車? 日本投入もあるのか?
ハイラックスよりも巨大! シボレーの“フルサイズピックアップ”「シルバラード」実車展示!! なぜ右ハンドル車? 日本投入もあるのか?
VAGUE
ロング客を引き当てた万収にこそタクシー運転士の醍醐味アリ! 領収書や乗務日誌を記念保管するドライバーまでいた
ロング客を引き当てた万収にこそタクシー運転士の醍醐味アリ! 領収書や乗務日誌を記念保管するドライバーまでいた
WEB CARTOP

みんなのコメント

25件
  • no name
    ここまで憶測だらけで記事にしちゃうのも凄いな
    何一つ具体的な情報がない
  • グワッチ
    ベストカーの記事って毎回本当に適当だな。
    まあ実際本も昔から適当で同じ内容の繰り返しばかりでひどかったからな。
    出版元としては最下層だから仕方ないが。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

446.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0280.0万円

中古車を検索
サファリの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

446.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0280.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村