現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツ・タントがマイナーチェンジ。アウトドア志向の新シリーズ「ファンクロス」を追加設定

ここから本文です

ダイハツ・タントがマイナーチェンジ。アウトドア志向の新シリーズ「ファンクロス」を追加設定

掲載 19
ダイハツ・タントがマイナーチェンジ。アウトドア志向の新シリーズ「ファンクロス」を追加設定

 ダイハツは2022年10月3日、軽スーパーハイトワゴンのタントを商品改良し、同日より発売した。

車種展開は以下の通り。

ダイハツ・タフトがマイナーチェンジ。合わせて特別仕様車の「ダーククロム ベンチャー」を新設定

■タント

L:2WD138万6000円/4WD151万2500円

X:2WD154万円/4WD166万1000円

Xターボ:2WD165万円/4WD177万1000円

■タント カスタム

カスタムX:2WD178万2000円/4WD190万3000円

カスタムRS:2WD187万円/4WD199万1000円

■タント ファンクロス

ファンクロス:2WD172万1500円/4WD184万2500円

ファンクロスターボ:2WD180万9500円/4WD193万500円

 今回の改良では、楽しさとアクティブさを表現したアウトドア志向の新シリーズ「ファンクロス(FUN CROSS)」を追加設定したほか、カスタム・シリーズのフロントフェイスの刷新や全シリーズでの機能装備の拡充、新ボディカラーの追加、燃費性能の向上などを果たしたことが特徴である。

 まずは新シリーズのファンクロスから解説していこう。

 拡大するアクティブ系スーパーハイトワゴン市場に向けて、日常を越えて、楽しい時間を過ごせるアクティブなクルマとして開発したファンクロスは、ターボエンジン搭載車のファンクロスターボと、自然吸気エンジンを搭載するファンクロスでシリーズを展開する。エクステリアはブラック基調の専用フロントグリルや、アウトドア志向ウォッチのカバーのような造形の前後バンパーガーニッシュ、力強い造形のヘッドライト、シルバー塗装の前後アンダーガーニッシュ、幅広のサイドモール、レジャーシーンで活躍するルーフレール、6本の太スポークまたは8本の細スポークでアレンジしたアルミホイールなどを採用して、自然の風景によく馴染む、アクティブなスタイリングを創出。既存モデルと同様、Bピラーを省いた大開口のミラクルオープンドアも採用する。ボディカラーはモノトーンのサンドベージュメタリック/レイクブルーメタリック/コンパーノレッド/シャイニングホワイトパール/クロムグレーメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/ブラックマイカメタリック/フォレストカーキメタリックの8色、2トーンのブラックマイカメタリック×サンドベージュメタリック/ブラックマイカメタリック×レイクブルーメタリック/ブラックマイカメタリック×コンパーノレッド/ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック×フォレストカーキメタリックの5タイプを設定した。

 インテリアに関しては、オレンジ系のアクセントパネルや専用デザインのシート表皮などを配備して遊び心あふれる室内空間を演出。また、シート表皮に撥水加工、後席シートバックに防水加工を施したうえで、上下2段調節式デッキボードやデッキサイド右側/天井ラゲッジルームランプ、後席右側USBソケット(1口)などを採用し、機能性を大きく向上させる。デッキボードは取り外しができ、テーブルとして使うことも可能だ。

 デザインの変更を図ったカスタム・シリーズに話を移そう。

 最大のトピックはフロントマスクの刷新で、シャープな造形のヘッドライトと一体感を持たせた横長のグリルに、横桟を組み込んだブラックの台形大型インテークをメッキ枠で囲ったバンパー、三角形の樹脂の中にフォグランプを配したサイド部などを採用して、立体感とワイド感を強調したアグレッシブな顔つきに仕立てる。リアセクションでは、バンパーのサイド部のアレンジなどを変更した。ボディカラーはモノトーンで新色のクロムグレーメタリックとクールバイオレットクリスタルシャインのほか、シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック/ターコイズブルーマイカメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/ファイアークォーツレッドメタリックの計7色、2トーンのブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール/ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリックの2タイプをラインアップ。グレードはターボエンジン搭載車のカスタムRSと、自然吸気エンジンを搭載するカスタムXを設定した。

 インテリアについては、ブラック基調の室内に深みのあるブルーを配色し、さらにレザー面積を増やしたファブリック×ソフトレザー調のシート表皮やメッキ加飾などを採用して、シャープかつ緻密な印象のキャビン空間を演出。ファンクロスと同じく、ラゲッジルームには上下2段調節式デッキボードを配備し、さらにラゲッジ側からも後席のシートスライドが可能なレバーを新設する。従来モデルと同様、Bピラーを省いた大開口のミラクルオープンドアも採用した。

 標準モデルのタントに関しては、従来と同じくターボエンジン搭載車のXターボと、自然吸気エンジンを搭載するXおよびLグレードを設定。ボディカラーはモノトーンの新色のサンドベージュメタリックのほか、アイスグリーン/シャイニングホワイトパール/ホワイト/ブラックマイカメタリック/ブライトシルバーメタリック/レーザーブルークリスタルシャイン/ファイアークォーツレッドメタリック/プラムブラウンクリスタルマイカの計9色、2トーンの新色のホワイト×アイスグリーンとホワイト×サンドベージュメタリックの2タイプを用意する。一方でインテリアは、内装パーツの一部デザインなどを変更。また、全シリーズでディスプレイオーディオや高精細化した9インチHDディスプレイ、ワイヤレス接続対応のApple CarPlay、HDMIソケットを設定した。

 パワートレインは基本的に従来と共通で、KF型658cc直列3気筒DOHC12Vの自然吸気(最高出力52ps/6900rpm、最大トルク6.1kg・m/3600rpm)とインタークーラー付ターボ(最高出力64ps/6400rpm、最大トルク10.2kg・m/3600rpm)の2機種を設定するが、エンジン制御の最適化などにより燃費性能をアップ。自然吸気の2WD(X/Lグレード)ではWLTCモードで従来比1.7km/リットル向上の22.7km/リットル、ターボの2WD(カスタムRS/Xターボグレード)ではWLTCモードで従来比1.2km/リットル向上の21.2km/リットルを実現している。

こんな記事も読まれています

トヨタ『ヤリス』次期型は2025年末登場か、ハンマーヘッド&新エンジン搭載でスポーティ感アップ!?
トヨタ『ヤリス』次期型は2025年末登場か、ハンマーヘッド&新エンジン搭載でスポーティ感アップ!?
レスポンス
スズキが新型「ハスラー」発表! レトロなゴツ顔「ワイルド仕様」 SUV感スゴッ! 「ジムニー」と比較する人はいるのか
スズキが新型「ハスラー」発表! レトロなゴツ顔「ワイルド仕様」 SUV感スゴッ! 「ジムニー」と比較する人はいるのか
くるまのニュース
輸入車メーカーや「ヨシムラ」から認められるトップペインターが施工 スプレー式ガラスコーティングとは?
輸入車メーカーや「ヨシムラ」から認められるトップペインターが施工 スプレー式ガラスコーティングとは?
バイクのニュース
日産『デイズ』と『ルークス』、一部仕様を変更し新色も追加
日産『デイズ』と『ルークス』、一部仕様を変更し新色も追加
レスポンス
新車購入でお馴染みの光景「値引き交渉」はまもなく姿を消す!? 家電で広がる「指定価格」が新車にも導入される可能性
新車購入でお馴染みの光景「値引き交渉」はまもなく姿を消す!? 家電で広がる「指定価格」が新車にも導入される可能性
WEB CARTOP
日産ノート オーラが仕様変更。フロントマスクの刷新や新内外装カラーの設定などで存在感と上質さをアップ
日産ノート オーラが仕様変更。フロントマスクの刷新や新内外装カラーの設定などで存在感と上質さをアップ
カー・アンド・ドライバー
[15秒でわかる]フィアット『ストラーダ』のスポーツ仕様…内外装ともに引き締まった印象に
[15秒でわかる]フィアット『ストラーダ』のスポーツ仕様…内外装ともに引き締まった印象に
レスポンス
ホンダ EVの社会実装とCN社会の実現にむけ新会社ALTNAが電力ビジネスの事業展開を開始
ホンダ EVの社会実装とCN社会の実現にむけ新会社ALTNAが電力ビジネスの事業展開を開始
Auto Prove
新型「BMW M3」早くもツーリングをフェイスリフト パワーアップされた「M3」の全情報!
新型「BMW M3」早くもツーリングをフェイスリフト パワーアップされた「M3」の全情報!
AutoBild Japan
高速のSA・PAで「車中泊」してもいいの?「法令違反」の可能性も?! 「これは仮眠ですから!」主張は許されるのか
高速のSA・PAで「車中泊」してもいいの?「法令違反」の可能性も?! 「これは仮眠ですから!」主張は許されるのか
くるまのニュース
じ~ん。ポルシェを手に入れた瞬間の幸福
じ~ん。ポルシェを手に入れた瞬間の幸福
レスポンス
アウトドアシーンでも活躍!? ホンダ新型バン「N-VAN e:」10月に発売 人気の軽商用バンをベースにしたEV
アウトドアシーンでも活躍!? ホンダ新型バン「N-VAN e:」10月に発売 人気の軽商用バンをベースにしたEV
VAGUE
ダッシュ! 軽量スポーツカーメーカーのアリエルが電動アシスト自転車を発表
ダッシュ! 軽量スポーツカーメーカーのアリエルが電動アシスト自転車を発表
レスポンス
アルピーヌ、ル・マンの夜を前にダブルリタイア。エンジントラブルで夢潰える「来年、強くなって戻って来る」
アルピーヌ、ル・マンの夜を前にダブルリタイア。エンジントラブルで夢潰える「来年、強くなって戻って来る」
motorsport.com 日本版
知っておきたい! ブレーキパッドのメリット・デメリットとカスタマイズ術~カスタムHOW TO~
知っておきたい! ブレーキパッドのメリット・デメリットとカスタマイズ術~カスタムHOW TO~
レスポンス
ダイハツ斬新「スゴいSUV」登場! 2.8リッター&5速MT採用!? カクカクデザイン「謎のSUV」海外で発見される
ダイハツ斬新「スゴいSUV」登場! 2.8リッター&5速MT採用!? カクカクデザイン「謎のSUV」海外で発見される
くるまのニュース
年々増加するEVの「電欠」の救世主となるか!? 給電できるバイクの仕組みと課題とは?
年々増加するEVの「電欠」の救世主となるか!? 給電できるバイクの仕組みと課題とは?
バイクのニュース
予算約50万円の軽二輪選び】不景気だからこそスカッとスポーツしたい! 国産ロードスポーツ5選
予算約50万円の軽二輪選び】不景気だからこそスカッとスポーツしたい! 国産ロードスポーツ5選
モーサイ

みんなのコメント

19件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.3177.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8275.0万円

中古車を検索
タントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.3177.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8275.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村