現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 元GT-R開発ドライバーがGRヤリスの走りに脱帽! 「参りました! 絶対欲しい」って!!

ここから本文です
元GT-R開発ドライバーがGRヤリスの走りに脱帽! 「参りました! 絶対欲しい」って!!
写真を全て見る(6枚)

 滅多なことでは走りを誉めない元GT-R開発ドライバーの鈴木利男氏に「参りました」と言わせたいだけのこの企画。編集部が自信を持って薦められるクルマを用意して利男氏に乗ってもらうもので、今回はスバルWRX S4 STIスポーツR EX、GRヤリスRZハイパフォーマンス、ベンツC220dオールテレインの3台を用意した。

※ベストカー2022年10月26日号より(スペック、価格などは掲載当時のものです)

元GT-R開発ドライバーがGRヤリスの走りに脱帽! 「参りました! 絶対欲しい」って!!

PHOTO/奥隅圭之

●スバルWRX S4


 最初に乗ったのはWRX S4。ステアリングに違和感があると言う。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

有明でフォーミュラEができるなら「オラが町」でも! 公道レース向きの「都市」を妄想してみた
有明でフォーミュラEができるなら「オラが町」でも! 公道レース向きの「都市」を妄想してみた
WEB CARTOP
下請代金の適正取引方針を自工会が発表…原材料費やエネルギー費の上昇分を全額転嫁
下請代金の適正取引方針を自工会が発表…原材料費やエネルギー費の上昇分を全額転嫁
レスポンス
ランボルギーニの次世代HPEVスーパースポーツはV8ツインターボエンジン+モーターのプラグインハイブリッドシステムを搭載
ランボルギーニの次世代HPEVスーパースポーツはV8ツインターボエンジン+モーターのプラグインハイブリッドシステムを搭載
カー・アンド・ドライバー
姉妹車……とはいえ双子状態でほぼ違いなし! 西部警察で一躍スターダムにのし上がったのにシルビアに統合されちゃった日産ガゼール
姉妹車……とはいえ双子状態でほぼ違いなし! 西部警察で一躍スターダムにのし上がったのにシルビアに統合されちゃった日産ガゼール
WEB CARTOP
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派モデル、ベストバイはこれ!【トヨタ・ハイエース】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派モデル、ベストバイはこれ!【トヨタ・ハイエース】
月刊自家用車WEB
ホンダ、原付二種レジャーバイク『ダックス125』に新色“ブラック”を追加。8月22日から発売
ホンダ、原付二種レジャーバイク『ダックス125』に新色“ブラック”を追加。8月22日から発売
AUTOSPORT web
シューマッハー家、”AIフェイク”インタビューに対する法的措置で出版社と和解へ
シューマッハー家、”AIフェイク”インタビューに対する法的措置で出版社と和解へ
motorsport.com 日本版
スズキ新型「軽ワゴン」高級車並みの「豪華リアシート」装着! 広々後席で快適に過ごせる“斬新アイテム”とは?
スズキ新型「軽ワゴン」高級車並みの「豪華リアシート」装着! 広々後席で快適に過ごせる“斬新アイテム”とは?
くるまのニュース
仕事と趣味の心強いミカタ! 日産キャラバンが一部改良を実施して新色を追加
仕事と趣味の心強いミカタ! 日産キャラバンが一部改良を実施して新色を追加
WEB CARTOP
天国から帰ってきた母との再会を描く心温まるファンタジー『母とわたしの3日間』
天国から帰ってきた母との再会を描く心温まるファンタジー『母とわたしの3日間』
バイクのニュース
レッドブル、今から本気モード。フェルスタッペン「持てる全てを出さなきゃ」ここ数戦ではライバルの接近許す
レッドブル、今から本気モード。フェルスタッペン「持てる全てを出さなきゃ」ここ数戦ではライバルの接近許す
motorsport.com 日本版
12年ぶりに日産「軽トラ」の車名復活!「“新”クリッパー トラック」発売! 使い勝手アップして114万円から
12年ぶりに日産「軽トラ」の車名復活!「“新”クリッパー トラック」発売! 使い勝手アップして114万円から
くるまのニュース
原付「VELMO SPARK」の企画部長にインフルエンサー・ゼブラナさんが就任(動画あり)
原付「VELMO SPARK」の企画部長にインフルエンサー・ゼブラナさんが就任(動画あり)
バイクブロス
FIA F2/FIA F3、2025年開催スケジュールを発表。大会数と開催地はともに変化なし
FIA F2/FIA F3、2025年開催スケジュールを発表。大会数と開催地はともに変化なし
AUTOSPORT web
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
レスポンス
アロンソ、アストン開発停滞もオーナーのストロールに全幅の信頼「他のF1チームより早くに解決できるようになるはず」
アロンソ、アストン開発停滞もオーナーのストロールに全幅の信頼「他のF1チームより早くに解決できるようになるはず」
motorsport.com 日本版
日野がEVトラック用標準電池の提案…人とくるまのテクノロジー展 2024
日野がEVトラック用標準電池の提案…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
レスポンス

みんなのコメント

16件
  • rbqpj
    R34当時の車よりヤリスの方が剛性もあり車としての完成度は高いんじゃないですか?車の進化は凄いですよ。
  • cc1********
    Mortorfan誌での対談で、三菱の駆動系エンジニア(AYC開発者:当時高専教授)がスバルWRXS4に試乗した際の印象として「リヤ寄りの駆動配分だが、雲の上を走るかのようで接地感に乏しい」「センターデフのプリロードが強く、曲がりにくい」と、評価してました。

    逆にSTiバージョンは非常に高評価でしたが、要因をスバル側に聞いたらフロントLSD有無の違いとの説明で、「フロントLSDでここまで変わるのは初めての体感だ」とも言われてました。

    元三菱側からの他ツッコミについては、スバルは「スバルは制御で曲げるという発想はない」「うちも三菱さんのAYCの様な気候はは開発していたが、二番煎じとのことでボツにした」。

    最後には「うちは機械以外信用できないんで(笑)」と事でした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

190.01680.0万円

中古車を検索
GRヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

190.01680.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村