現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 元GT-R開発ドライバーがGRヤリスの走りに脱帽! 「参りました! 絶対欲しい」って!!

ここから本文です

元GT-R開発ドライバーがGRヤリスの走りに脱帽! 「参りました! 絶対欲しい」って!!

掲載 16
元GT-R開発ドライバーがGRヤリスの走りに脱帽! 「参りました! 絶対欲しい」って!!

 滅多なことでは走りを誉めない元GT-R開発ドライバーの鈴木利男氏に「参りました」と言わせたいだけのこの企画。編集部が自信を持って薦められるクルマを用意して利男氏に乗ってもらうもので、今回はスバルWRX S4 STIスポーツR EX、GRヤリスRZハイパフォーマンス、ベンツC220dオールテレインの3台を用意した。

※ベストカー2022年10月26日号より(スペック、価格などは掲載当時のものです)

元GT-R開発ドライバーがGRヤリスの走りに脱帽! 「参りました! 絶対欲しい」って!!

PHOTO/奥隅圭之

●スバルWRX S4


 最初に乗ったのはWRX S4。ステアリングに違和感があると言う。


「中立付近にヘンな遊びがあるんですよね。ステアリングを切ると、一瞬遅れて荷重がかかる感覚。ノーマルモードとコンフォートモードではそんなことないのに、スポーツモードにすると出てくる現象です。特に下りの旋回で前荷重がかかっている時により感じます」(発言はすべて鈴木利男氏)


 モードの切り替えでステアリングの重さも変わるが、その制御がうまくいっていないのかも。ただし、撮影現場まで運転していった編集部員は「全然気づきませんでした」とのことなので、鬼センサーを持つ利男氏だけが発見できる弱点なのかもしれない。


 全体的なハンドリングはどうか?


「車高が高いクルマの感覚。サスペンションがストロークした時に、下に沈むのではなく上に返される感じがあります。ダンパーの問題ではなく、ジオメトリーなど基本設計からくるものだと思います。それと、姿勢が前下がりでリアに荷重を移しにくい。終始弱アンダーで、ドライバーのワザが使えないんですよね」


 エンジンはパワフルだが、官能性には欠けるとの評価。SPT(スバルパフォーマンストランスミッション)の名がついたCVTはダイレクト感があっていいとのこと。だが、違和感のあるステアリングフィールと腰高感のあるハンドリングで「参りました」とはならず。

WRX STIなき今、スバル最強のスポーツセダンがWRX S4。275psを発揮する2.4Lターボと前45: 後55mのトルク配分をベースに4輪を自在に駆動するVTD AWDの組み合わせ。価格477万4000円(CVT)

[articlelink]

●トヨタGRヤリス


 そう簡単な相手(利男氏)ではないのは重々承知。業界内で絶賛の嵐が吹きまくっているGRヤリスならどうか?
 試乗車はオプション込み約508万円のRZハイパフォーマンス。「高いね~」とまずは価格の感想。


 走り出す。ひとつ目のコーナーを曲がった瞬間「リアサスいいね!」と声が出た。
「リアに荷重がちゃんと乗るから前後のサスペンションのストローク量を合わせやすい。コーナーでボディが下に沈むんですよ」


 隣に乗っていても、飛ばすほどにボディが路面に吸い付いていくような感覚がわかる。ドスの効いた重低音を響かせるエンジンもめちゃくちゃ元気がいい!


「エンジンも凄いね。繊細さはないけど、1.6Lとは思えないパワーでどこからでもトルクが出ます」


 ノーマルモードでも圧倒的な速さだが、スポーツモードも試してみる。アクティブトルクスプリット4WDを搭載するGRヤリスは、走行モードにより前後のトルク配分が変わる。ノーマルモードは前60:後40だが、スポーツモードでは前30:後70とリアの駆動力が増大する。


「ああ、これは明確に変わりますね。スポーツモードはリアの駆動力がかなり上がって、さらに運転しやすくなります。けっこうなペースで走っても全然挙動が乱れず、段差の通過もサスペンションが上手にいなしてくれます。でも、ノーマルモードでも充分な速さだよね」


 利男氏の知り合いにGRヤリスに乗っている人がいて「速くて乗りやすいけど、スポーツカーを操っている感覚があまりない」と言っていたとか。それもあって「予想していたのと全然違って驚いた」と利男氏。そして「これは楽しいクルマ。買っちゃおうかな?」という言葉まで飛び出した!


「タイヤ(ミシュランパイロットスポーツ4S)とのマッチングが凄くいいんですよ。ただ、ステアリングが常に重めでグリップ感がつかみにくいところもありますね。限界を超えた時にどうなるかがわかりにくい。サーキットでぜひ試してみたいね」


 そんな“武闘派”なのに乗り心地がいいのも特筆すべきポイント。サスペンションは相応に硬いのだが、路面からの突き上げをうまく吸収してくれる。それもタイヤとのマッチングのよさを示しているのだろう。この企画、3回目にしてついに利男氏が絶賛するクルマが現れた!

世界的にも珍しい直3、1.6Lターボエンジンを搭載。WRC直系のアクティブトルクスプリット4WDを搭載する。6速i-MTはエンスト防止のほか自動部リッピングも行う秀作だ。456万円(6MT)

●ベンツC220dオールテレイン


 最後はジャンルが大きく変わってベンツCクラスのオールテレイン。エンジンは2.2Lディーゼルターボだ。


「まぁ……ベンツですね」
 というのが第一声。隣に乗っていてもその感想はよくわかる。特に前の2台がガソリンターボの本格スポーツで、それ相応の走り方でチェックをしていたから、あらゆる面でユルさを感じてしまう。
 しかし、気持ちも身体もこのクルマに慣れてくると、このユルさが心地いいことがわかってくる。


「トータルでよくできたクルマ。ゆっくり走っても快適だし、飛ばしても安定しています。ベンツはすべての操作が軽いから長距離を走っても疲れない。クルマに何を求めるかですよね。1台ですべてをこなせるという意味では、最高のクルマじゃないですか?」


 ハンドリングにも独特の魅力がある。
「コーナリングでは曲がり始めは柔らかいんだけど、荷重をかけていくとジワーッと沈んでいって、あるところでロールが収まります。旋回中に段差があっても姿勢に与える影響がほとんど出ません。また、小回りするとよくわかるんだけど、ボディとタイヤが別々に動くんですよ。だから姿勢変化が出ないんですよね」


 すべてがベンツの方程式どおりというか、こちらが「ベンツだったらこうだよね」と想像するとおりにできているということだ。トルクフルな2.2Lディーゼルターボエンジンも期待にそぐわぬ完成度。誰もが納得の出来である。

Cクラスステーションワゴンの最低地上高を約40mm高めた4WDクロスオーバー。日本では2.2Lディーゼルターボ+ISG(マイルドハイブリッド)のワングレードとなる。価格796万円(9AT)

3台乗っての結論!「参りました」は出たのか!?

 3台乗っての今回の結論。初めての「参りました」をGRヤリスが獲得した!

 
「今の時代にこんな昭和っぽいスポーツカーを出すなんて、トヨタ凄いよね(笑)」というのはもちろん最大の誉め言葉。


「参りました」されたらこの企画終わっちゃうじゃん! とも思ったが、第二、第三の「参りました」を求めてまだ続く。今度はいつ開催するのか不明だが、またお会いしましょう。

利男氏の採点はGRヤリス:97点、WRX S4:90点、ベンツCクラスオールテレイン:93点。となった。「参りました」のハードルはとても高くしており、97点以上としているのだが、みごと、GRヤリスはその高い壁を突破! 本企画初めての「参りました」をゲットした!

こんな記事も読まれています

ロータス「エミーラ」とコラボ!KEFがプレミアムな車載オーディオ体験!OTOTEN2024
ロータス「エミーラ」とコラボ!KEFがプレミアムな車載オーディオ体験!OTOTEN2024
グーネット
NSXを愛と引き換えに手放す? 迷ったら「勇者ヒンメルならそうした」by『葬送のフリーレン』の精神で前に進むことが大事です【真夜中の自由研究】
NSXを愛と引き換えに手放す? 迷ったら「勇者ヒンメルならそうした」by『葬送のフリーレン』の精神で前に進むことが大事です【真夜中の自由研究】
Auto Messe Web
新型「WR-V」対応可能!後付けワイドミラーにホンダ・マツダ用が新登場 カーメイト
新型「WR-V」対応可能!後付けワイドミラーにホンダ・マツダ用が新登場 カーメイト
グーネット
比叡山ドライブウェイで童心に帰る!夏休み限定「かぶと虫の家」7月20日オープン
比叡山ドライブウェイで童心に帰る!夏休み限定「かぶと虫の家」7月20日オープン
グーネット
小山慶一郎オリジナル仕様のキャンピングカー登場!東京アウトドアショー2024
小山慶一郎オリジナル仕様のキャンピングカー登場!東京アウトドアショー2024
グーネット
車中泊やアウトドアで活躍!ポータブル電源「パワーアーク S10 Pro」に新色ブラック追加
車中泊やアウトドアで活躍!ポータブル電源「パワーアーク S10 Pro」に新色ブラック追加
グーネット
メルセデス・マイバッハ 専用ツートンカラーの特別仕様車「S 580 ナイトエディション」
メルセデス・マイバッハ 専用ツートンカラーの特別仕様車「S 580 ナイトエディション」
グーネット
ティアフォーとスズキ 自動運転技術の研究開発で協業 地域モビリティの発展目指す
ティアフォーとスズキ 自動運転技術の研究開発で協業 地域モビリティの発展目指す
グーネット
雨の日や夜間も安心!左右の道路状況がはっきり見えるスマートサイドモニター【動画あり】
雨の日や夜間も安心!左右の道路状況がはっきり見えるスマートサイドモニター【動画あり】
グーネット
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
ベストカーWeb
20歳女子レーサー、ENDLESSのトヨタ「GR86」を試す!「奥でしっかりコントロールできるブレーキが好きです」【令和女子旧車に乗る_番外編】
20歳女子レーサー、ENDLESSのトヨタ「GR86」を試す!「奥でしっかりコントロールできるブレーキが好きです」【令和女子旧車に乗る_番外編】
Auto Messe Web
現在も通用する安全デバイスの先進性に驚嘆! キャデラックSRXクロスオーバー試乗プレイバック
現在も通用する安全デバイスの先進性に驚嘆! キャデラックSRXクロスオーバー試乗プレイバック
ベストカーWeb
車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
AUTOCAR JAPAN
BMW「1シリーズ」とホンダ「フリード」のニコイチバンパー! すべてワンオフでカスタムした「車種不明」なオーナーカーを紹介します
BMW「1シリーズ」とホンダ「フリード」のニコイチバンパー! すべてワンオフでカスタムした「車種不明」なオーナーカーを紹介します
Auto Messe Web
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
くるまのニュース
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
AUTOCAR JAPAN
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

16件
  • rbqpj
    R34当時の車よりヤリスの方が剛性もあり車としての完成度は高いんじゃないですか?車の進化は凄いですよ。
  • cc1********
    Mortorfan誌での対談で、三菱の駆動系エンジニア(AYC開発者:当時高専教授)がスバルWRXS4に試乗した際の印象として「リヤ寄りの駆動配分だが、雲の上を走るかのようで接地感に乏しい」「センターデフのプリロードが強く、曲がりにくい」と、評価してました。

    逆にSTiバージョンは非常に高評価でしたが、要因をスバル側に聞いたらフロントLSD有無の違いとの説明で、「フロントLSDでここまで変わるのは初めての体感だ」とも言われてました。

    元三菱側からの他ツッコミについては、スバルは「スバルは制御で曲げるという発想はない」「うちも三菱さんのAYCの様な気候はは開発していたが、二番煎じとのことでボツにした」。

    最後には「うちは機械以外信用できないんで(笑)」と事でした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

178.01680.0万円

中古車を検索
GRヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

178.01680.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村