現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 即完売!「OAM」限定30台の「S14シルビア」はVERTEX仕様。イグニッションモデルのカスタム車ミニカーの奥深さとは

ここから本文です

即完売!「OAM」限定30台の「S14シルビア」はVERTEX仕様。イグニッションモデルのカスタム車ミニカーの奥深さとは

掲載
即完売!「OAM」限定30台の「S14シルビア」はVERTEX仕様。イグニッションモデルのカスタム車ミニカーの奥深さとは

カスタマイズの祭典「大阪オートメッセ」ではミニカーも要注目

西日本最大級のクルマの祭典として多くのファンに親しまれている「大阪オートメッセ(OAM)2024」が、2024年も2月10日から12日にかけインテックス大阪で開催。会場内にはクルマ以外にもさまざまな関連ブースが軒を連ね、ミニチュアモデルの販売なども行われていました。今回は「イグニッションモデル」のブースを紹介します。

リバティーウォークがアバルトを手掛けたら…。片側75ミリもワイド化するボディキットは150万円(予価)! すでに11セットのバックオーダー

チューニングカーやカスタム車を取材して精巧に模型化

模型産業が盛んな静岡には古くから多くの模型メーカーが存在するが、「ティーケー.カンパニー(TK. company, Ltd.)」もそのひとつ。クルマ好きスタッフを数多く抱える同社が展開するミニカーのブランドが、「イグニッションモデル(ignition model)」だ。

ひと口にミニカーと言っても、年少者向けの廉価な玩具からクルマ好きミリオネアのために模型作家が手がけるワンオフものまで多岐にわたるが、イグニッションモデルのミニカーはレジン(樹脂)製のボディのプロポーションモデル。量産ミニカーに多く見られるドアやボンネットの開閉ギミックを廃し、クルマ好きのオトナ・コレクターをターゲットとしたアイテムを中心に展開している。

もともとミニカーといえばファクトリーストック、すなわち工場のラインから出てきたばかりのノーマル状態を再現することが基本だったが、イグニッションモデルのミニカーはそんな文法からはちょっと外れて、ほとんどのモデルがチューニングやカスタムが施された非ノーマル仕様で再現されているのが大きな特徴だ。

しかもいずれのモデルも実在するチューナーやショップのデモカー、個人オーナーの車両などを念入りに取材したうえで模型化されている。そのため「単にホイールを変えました」、「エアロパーツをつけました」といった安易なモデルではなく、カスタマイズされた内外装のディテールからタイヤのサイズ、絶妙な車高に至るまで、実車のイメージがそのままスケールダウンされている。そのリアルな佇まいは、写真で見ると実車と見まごうほどだ。

2024年の会場限定モデルはVERTEX仕様のS14シルビア

そんなイグニッションモデルのミニカーであるから実車好きとの親和性も高く、同社は日本全国さまざまなクルマ系イベントにも積極的に出展している。そんな中、とくにコレクター筋が注目するのが、イベントごとにごく少数がリリースされる「会場限定モデル」の存在だ。

今回の会場限定モデルはVERTEXのエアロをまとった「S14シルビア」で、スケールは定番の1/18だ。もともと同社のミニカーはいずれも少量生産が基本なのだが、会場限定ミニカーとなるとさらに小ロットとなり、今回の生産数は30台。クルマ本体に加え、同スケールのSR20DETエンジンも付属する特典付きのモデルとなる。価格は4万2000円(消費税込)と、このクラスのスペシャル・モデルとしてはむしろバーゲンプライスだった。

このほかにも同社ブースではこの春以降リリース予定の試作モデルや新製品も展示され、さらにレアな完売品、B級品、さらに同社がリバイバルさせたスーパーカー消しゴムのガチャガチャまで、コアなコレクター以外にも注目のアイテムが目白押しで、つねに多くのファンで賑わっていた。

こんな記事も読まれています

「RG(レーシング・ギア)」はサスペンションだけじゃない! ライト層からモータースポーツまで対応する老舗ブランドの歴史とは
「RG(レーシング・ギア)」はサスペンションだけじゃない! ライト層からモータースポーツまで対応する老舗ブランドの歴史とは
Auto Messe Web
水没した激レアキットカーを再生! アニメを意識して令和カスタムできたのはベースがVW「ビートル」だったから!?
水没した激レアキットカーを再生! アニメを意識して令和カスタムできたのはベースがVW「ビートル」だったから!?
Auto Messe Web
ロクヨンなのに車軸可動!トミーテックから「720型ダットラ」が発売へ、1/43ジャナイヨ!【CARSMEETモデルカー倶楽部】
ロクヨンなのに車軸可動!トミーテックから「720型ダットラ」が発売へ、1/43ジャナイヨ!【CARSMEETモデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産「和製スーパーカー」実車公開! まさかの「スカイラインなR34仕様」も用意の2024モデル! もうすぐファイナルな「GT-R」NYに登場
日産「和製スーパーカー」実車公開! まさかの「スカイラインなR34仕様」も用意の2024モデル! もうすぐファイナルな「GT-R」NYに登場
くるまのニュース
目がない!? 強面すぎ「フロントフェイス」の「上級セダン」実車展示! 豪華すぎ内装でまさに「走る応接室」なカスタムマシンの正体とは
目がない!? 強面すぎ「フロントフェイス」の「上級セダン」実車展示! 豪華すぎ内装でまさに「走る応接室」なカスタムマシンの正体とは
くるまのニュース
ちょっと変、だけどカッコいい。オオタキ製「パルサーEXA」!名作キット列伝・第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】
ちょっと変、だけどカッコいい。オオタキ製「パルサーEXA」!名作キット列伝・第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
50ccの「ミニカー」を痛車化!? 「ラブライブ!」仕様でみんな驚く… なぜアビーにさらなる個性をもたせたのか
50ccの「ミニカー」を痛車化!? 「ラブライブ!」仕様でみんな驚く… なぜアビーにさらなる個性をもたせたのか
くるまのニュース
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
くるまのニュース
6速MT搭載のトヨタ「新AE86」実車展示! スパチャ搭載のリトラクタブル個体も!? 2人乗りのスゴいモデル… 架空の研究所に登場?
6速MT搭載のトヨタ「新AE86」実車展示! スパチャ搭載のリトラクタブル個体も!? 2人乗りのスゴいモデル… 架空の研究所に登場?
くるまのニュース
金ピカのGRカローラとGR86が実車で登場! トヨタ×マック×トミカのコラボが豪華すぎる。
金ピカのGRカローラとGR86が実車で登場! トヨタ×マック×トミカのコラボが豪華すぎる。
くるくら
19万2937個の「レゴブロック」で作られた「F1」の完成までに要した時間は2428時間! 座ることもできる「LEGO MERCEDES-AMG PETRONAS F1 W14 E PERFORMAMCE」とは
19万2937個の「レゴブロック」で作られた「F1」の完成までに要した時間は2428時間! 座ることもできる「LEGO MERCEDES-AMG PETRONAS F1 W14 E PERFORMAMCE」とは
Auto Messe Web
1300万円超えの「2.0L ロードスター」実車展示!  丸目4灯ライトのレトロ仕様!? 「グランドアルバイシン」とは
1300万円超えの「2.0L ロードスター」実車展示! 丸目4灯ライトのレトロ仕様!? 「グランドアルバイシン」とは
くるまのニュース
マツダが「ミッドシップ・スーパーカー」実車展示! 本気で作った「ロータリー搭載モデル」はガルウィング! 全高1165mmの「超うすうすボディ」登場に涙が止まらない!
マツダが「ミッドシップ・スーパーカー」実車展示! 本気で作った「ロータリー搭載モデル」はガルウィング! 全高1165mmの「超うすうすボディ」登場に涙が止まらない!
くるまのニュース
金色のGRカローラがハッピーセットに登場! パトカーや消防車など2024年版のトミカを一挙紹介。
金色のGRカローラがハッピーセットに登場! パトカーや消防車など2024年版のトミカを一挙紹介。
くるくら
マツダが「和製ハイパーカー」公開! 衝撃の「ロータリー・ミッドシップ」実現に反響あり! 超カッコいい「ガルウィング」採用した“RX500“幕張に登場
マツダが「和製ハイパーカー」公開! 衝撃の「ロータリー・ミッドシップ」実現に反響あり! 超カッコいい「ガルウィング」採用した“RX500“幕張に登場
くるまのニュース
ホンダ「N-BOX」から乗り換えた彼女のトヨタ「ハイエース」はビーキャスでコーディネート!「ホワイトのホイールが大のお気に入りです」
ホンダ「N-BOX」から乗り換えた彼女のトヨタ「ハイエース」はビーキャスでコーディネート!「ホワイトのホイールが大のお気に入りです」
Auto Messe Web
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
Auto Messe Web
まさかの「“トヨタ”ノフェラーリ」登場!? まさかの210万円以下で買える「FFスポーツカー」に反響アリ! “ニセF430”の「ベース車」とは?
まさかの「“トヨタ”ノフェラーリ」登場!? まさかの210万円以下で買える「FFスポーツカー」に反響アリ! “ニセF430”の「ベース車」とは?
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

126.01320.0万円

中古車を検索
シルビアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

126.01320.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村