現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】ホンダの新型車WR-Vは「コスパ最強」なだけじゃない。乗ってみたら分かった、いま売れている理由とは?

ここから本文です
【試乗】ホンダの新型車WR-Vは「コスパ最強」なだけじゃない。乗ってみたら分かった、いま売れている理由とは?
写真を全て見る(6枚)

2024年3月22日に発売されたばかりのホンダWR-Vを、公道で初めて試乗しました。エンジンや駆動方式は1種類のみで、グレードも全部で3種類とかなり割り切った設定のWR-Vですが、そんなところも潔くて、逆に好感が持てたりするのはなぜでしょうか。乗ってみてもかなり好印象でした。

インドで販売される「エレベイト」の日本仕様が「WR-V」
WR-Vはホンダがタイで開発し、インドで生産するコンパクトSUVです。現地では「エレベイト」の車名で販売されていますが、2023年12月にはWR-Vとして日本導入を発表、事前受注も開始しています。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

トヨタ ヤリス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
トヨタ ヤリス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
2代目メルセデス・ベンツCLSは、強く逞しく、大胆に変身していた【10年ひと昔の新車】
2代目メルセデス・ベンツCLSは、強く逞しく、大胆に変身していた【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
ホンダ ヴェゼル【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
ホンダ ヴェゼル【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ホンダ新型「高級ミニバン」登場! 516万円の最上級&ブラック仕様が売れまくり!? 新型「オデッセイ」何がイイ?
ホンダ新型「高級ミニバン」登場! 516万円の最上級&ブラック仕様が売れまくり!? 新型「オデッセイ」何がイイ?
くるまのニュース
【10年ひと昔の新車】アウディ S6/S7は、ハイテク満載の新型V8エンジンを搭載した
【10年ひと昔の新車】アウディ S6/S7は、ハイテク満載の新型V8エンジンを搭載した
Webモーターマガジン
【MM Another Story:アルピーヌ A110R TURINIの「別腹」】極限まで磨かれた軽量化に「気軽さ」をプラス。日常と非日常のちょうどいい匙加減が見えた
【MM Another Story:アルピーヌ A110R TURINIの「別腹」】極限まで磨かれた軽量化に「気軽さ」をプラス。日常と非日常のちょうどいい匙加減が見えた
Webモーターマガジン
トヨタ ヤリスクロス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
トヨタ ヤリスクロス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【納期は? 値引きは?】話題の新型コンパクトSUV・ホンダWR-V、ディーラーの反響はいかに?
【納期は? 値引きは?】話題の新型コンパクトSUV・ホンダWR-V、ディーラーの反響はいかに?
月刊自家用車WEB
リーズナブルな価格帯で大ヒット間違いなし!?ホンダの新型クロスオーバーSUV「WR-V」の実力検証
リーズナブルな価格帯で大ヒット間違いなし!?ホンダの新型クロスオーバーSUV「WR-V」の実力検証
@DIME
話題沸騰!新型ホンダ・フリード先取りチェック! 新旧モデルの違いは? どれがオススメグレードなの?
話題沸騰!新型ホンダ・フリード先取りチェック! 新旧モデルの違いは? どれがオススメグレードなの?
月刊自家用車WEB
ちょっとした進化が嬉しい──新型ジープ ラングラー試乗記
ちょっとした進化が嬉しい──新型ジープ ラングラー試乗記
GQ JAPAN
ホンダが「新型 快適ミニバン」6月発売! 「究極の車中泊仕様」爆誕!? フリードの2列・3列どっちが寝やすい? 販売店への声は?
ホンダが「新型 快適ミニバン」6月発売! 「究極の車中泊仕様」爆誕!? フリードの2列・3列どっちが寝やすい? 販売店への声は?
くるまのニュース
約220万円のホンダ「小さな高級車」!? 全長4m級で“クラス超え”「豪華インテリア」採用! めちゃ上質コンパクト「フィット LUXE」 どんなモデル?
約220万円のホンダ「小さな高級車」!? 全長4m級で“クラス超え”「豪華インテリア」採用! めちゃ上質コンパクト「フィット LUXE」 どんなモデル?
くるまのニュース
ホンダ新型「流麗コンパクトSUV」発売! 全長4.3m級で「上質オシャレ内装」採用! “青アクセント”がカッコイイ新「ヴェゼル」登場 内装の特徴は?
ホンダ新型「流麗コンパクトSUV」発売! 全長4.3m級で「上質オシャレ内装」採用! “青アクセント”がカッコイイ新「ヴェゼル」登場 内装の特徴は?
くるまのニュース
トヨタ シエンタを一部改良。装備を充実させて、ライバルを迎え撃つか?
トヨタ シエンタを一部改良。装備を充実させて、ライバルを迎え撃つか?
Webモーターマガジン
ホンダ新型「軽バン」登場! 斬新すぎる「前後2シーター“タンデム”仕様」も存在!? 新型「N-VAN e:」予約開始へ
ホンダ新型「軽バン」登場! 斬新すぎる「前後2シーター“タンデム”仕様」も存在!? 新型「N-VAN e:」予約開始へ
くるまのニュース
【写真蔵】よりダイナミックに、より快適に進化した、メルセデスAMG GT
【写真蔵】よりダイナミックに、より快適に進化した、メルセデスAMG GT
Webモーターマガジン
ホンダ新型「5ドアハッチバック」発表! スポーティな“RS”のみの「シティ」! 精悍顔の「スポーティマシン」比で登場
ホンダ新型「5ドアハッチバック」発表! スポーティな“RS”のみの「シティ」! 精悍顔の「スポーティマシン」比で登場
くるまのニュース

みんなのコメント

84件
  • aw_********
    今乗ってる車に不満なく、もうすぐ13年目を迎えようとしています。
    グレードが近い新車への乗り換えを検討しましたが、躊躇うような価格の車が多く、乗り換えはもう少し後にしようかと思ってました。
    でも、この車なら手が出せそうです。
    質感も悪くなさそうだし、乗り換えを検討してみたいと思います。
    それにしても、なんで13年目と18年目で税金が上がるのでしょうね?
    なんか強制的に買い替えさせられてるようでモヤっとします・・・
  • pik********
    ガソリン一つ、FFのみにしたら足周りのセッティングも煮詰められるよな。良いことだらけ。値段が高くなって資源を沢山使う、そして重くなるハイブリッドなんてそもそもまやかしだ。やっぱり、ガソリン車は素晴らしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

209.9248.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

229.0320.0万円

中古車を検索
WR-Vの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

209.9248.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

229.0320.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村