現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フィアット初代「パンダ」は「人生に必要不可欠なもの」エンジンブローしても現行パンダに増車するほどの魅力とは

ここから本文です

フィアット初代「パンダ」は「人生に必要不可欠なもの」エンジンブローしても現行パンダに増車するほどの魅力とは

掲載 9
フィアット初代「パンダ」は「人生に必要不可欠なもの」エンジンブローしても現行パンダに増車するほどの魅力とは

1980年に発表された初代パンダ

「フィアットピクニック」が2023年10月28日にボートレース浜名湖で開催されました。過去最高の約1400台、2500人ものフィアットオーナーが参加し、新旧フィアットが大集合。ここでは“よもぎパン”さんのフィアット初代「パンダ」をお届けします。

彼女が国産軽カーからフィアット「500X」に乗り換えた理由とは?「ブラウンのシートに一目惚れしたんです」

10年以上フィアットのMT車に乗り続ける

1957年に登場した2代目フィアット「500」と同じように1980年に発表された初代パンダもイタリア車を代表するコンパクトカーとして数多くのファンを獲得している。

フィアットピクニックにも複数の初代パンダが参加していたが、真っ赤なボディが印象的だったので、オーナーのよもぎパンさん(55歳)に声をかけてみた。

「2012年に5MT仕様のフィアット 500ツインエア スポーツプラスを買い、これに乗っていたのですが、5年前に1997年式のパンダ 1100 4WDに乗りかえました。楽しいパンダ生活だったのですが、4年前にエンジンブローしてしまい、ちゃんと走れたほうがいいので現行パンダを買いました。でも、やっぱり寂しくなって3年前に1987年式のパンダ 1000CLを増車。交差点でエンジンストールしたことがありましたが、壊れないように気を遣っているので、ビッグトラブルに遭遇することなく現在に至っています」

そのように話してくれたよもぎパンさんによると、国産車のMT仕様が無くなってしまい、いろいろ探してみたらフィアットに辿り着いたのだという。それで、「あ~、フィアットね」とクールに思ったそうだが、乗ってみたら予想以上に面白かったので、500ツインエア スポーツプラス以降もずっとフィアットのMT仕様に乗り続けているそうだ。

「ガレージに飾っておくタイプのクルマではないので通勤時などにも乗って、普段使いをしていますが、累計走行距離が11万7000kmに達しているこの赤パンダにずっと乗ろうと思っています。エンジンのオーバーホールやキャブレターの分解、組み直し、マフラーの穴を塞ぐための2回の溶接こそプロにやってもらいましたが、先日クラッチケーブルを自分で交換しました」

ホイールは艶消しブラックにペイント

サスペンションも自分でリフレッシュし、ショックの交換はもちろん、ブッシュの打ち替えまでやりました。ホイールはもともとアルミでしたが、純正の鉄チンおよび小さなセンターキャップという組み合わせが好きなので、それを入手して交換しました。改めて説明するまでになく、ホイールを艶消しブラックに塗ったのは自分です」

パンダが調子よく走れる状態を維持するので手一杯、クルマは人生に必要不可欠なもの、とも話してくれたよもぎパンさんは、これからも自分で整備している相棒と雨の日も風の日も走り続けていく。

こんな記事も読まれています

フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
アルピーヌF1に復調の兆し? オコン、減量&空力改善アップデートに手応え。一方ガスリーは旧仕様での奮闘で“ニヤリ”
motorsport.com 日本版
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
フェルスタッペンの来季相棒はペレスが既定路線か。レッドブル相談役マルコもその好調ぶりを称賛「現状は彼が優勢なものばかり」
motorsport.com 日本版
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
サージェント、F1中国GP決勝をピットレーンからスタートへ。パルクフェルメ下で前後ウイングなどを変更
motorsport.com 日本版
“ユニークなコース”で初日4番手の8号車トヨタ平川亮「FP2で感触が格段に良くなった」/WEC第2戦
“ユニークなコース”で初日4番手の8号車トヨタ平川亮「FP2で感触が格段に良くなった」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
トヨタが「4Runner」の2025年モデルを発表! 2024年秋に米国に導入
トヨタが「4Runner」の2025年モデルを発表! 2024年秋に米国に導入
バイクのニュース

みんなのコメント

9件
  • isy********
    つか、このインタビューでは魅力が何なのか全然わからないのですが。
  • コルドラ人
    パンダの魅力は軽さ!
    こんなんで大丈夫か?と思うくらいの簡素なつくり、必要充分にして最低限。
    おかげでミニより速い。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0316.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9338.0万円

中古車を検索
パンダの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0316.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9338.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村