現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ゲーム「SEGA F355チャレンジ」好きが高じて実車の「F355ベルリネッタ」を購入! しかも練習用にフェラーリ「458」までお買い上げ…

ここから本文です

ゲーム「SEGA F355チャレンジ」好きが高じて実車の「F355ベルリネッタ」を購入! しかも練習用にフェラーリ「458」までお買い上げ…

掲載 4
ゲーム「SEGA F355チャレンジ」好きが高じて実車の「F355ベルリネッタ」を購入! しかも練習用にフェラーリ「458」までお買い上げ…

セントラルサーキットで開催されたチャオイタリア2023

2023年10月22日(日)に兵庫県のセントラルサーキットで開催された「Ciao Italia 2023」はイタリア車限定のサーキットイベント。定番ヒストリックカーから最新のスーパーカーまで、年式もメイクスも多様なモデル187台がエントリーした一大イベントの会場から、気になるクルマのオーナーにお話を伺ってみた。

新車未使用のフェラーリが600万円台のなぜ?「モンディアルt」はクーペでもカブリオレでも圧倒的な不人気車種でした

F355ベルリネッタ&スパイダーの人気が再燃

フェラーリ「F355ベルリネッタ」でサーキット走行する跳ね馬好きのオジサマにお会いした。F355ベルリネッタ&スパイダーは人気が再燃しており、いまでも熱心なファンが定期的にイベントを開催し、有意義な情報交換を続けている。

会場でも熱きF355ベルリネッタ乗りと遭遇したが、オーナーのnaobu-NCさん(57歳)は、なかなか興味深いアプローチ方法で1998年式のフェラーリ F355ベルリネッタを購入していた。

「ゲームが好きで、セガのF355チャレンジでたくさんドライブしました。いまはグランツーリスモをずっとやっています。それで、ゲームの影響もあって以前からF355ベルリネッタの実車が欲しいと思っていたのですが、ユーズドカーのタマ数が少ないし、いきなり旧いモデルを買うと整備などでいろいろ大変そうなので躊躇していたんです」

入門用フェラーリとして458イタリアを購入

そういったパターンで購入するのを一度踏みとどまってしまうと、次第に熱意が冷め、買わずに終わってしまうケースが多々あるが、naobu-NCさんは違った。ずっとF355ベルリネッタが欲しかったが、いきなりはツライと思ったので、入門用のフェラーリとして「458イタリア」を先に買ったのだ。

「458イタリアは、コーンズの試乗会で見て、これ、いいな!と思ったので新車で2013年に買いました。フェラーリ生活の入門用として、いいチョイスでしたね。458イタリアのメンテナンスでお世話になっている店舗に行ったら、たまたまF355ベルリネッタを見つけたんです。まさに運命的な出会いでした」

F355ベルリネッタを買うときに458イタリアを下取りに出したのかと思ったらそんなことはなく、増車したのだという。

「F355ベルリネッタは3年前に購入しました。サーキットで走るために買ったので、購入時の累計走行距離が2万6000kmで、いまは2万7000kmです」

愛車を紹介するYouTubeをやっているとのことだったので拝見してみたら、Ciao Italia2023にてF355ベルリネッタを駆っているときの動画も公開されていた。ガレージの肥やしにすることなく、しっかり走らせて楽しむタイプのオーナーさんのもとに行くことができたスーパーカーにとっては本望といったところだろう。これからもアクシデントに気をつけながら、安全な環境下で時速200km/hの世界を存分に堪能していただけたら幸いだ。

こんな記事も読まれています

「もう勝てないと思ってた」苦しみ続け、ついにSF初優勝を成し遂げた牧野任祐。第3戦SUGOこそ正念場
「もう勝てないと思ってた」苦しみ続け、ついにSF初優勝を成し遂げた牧野任祐。第3戦SUGOこそ正念場
AUTOSPORT web
ガスリー、ドライタイヤへの交換は1周早かったと認めるも「カートに乗っていたような気分で楽しかった」/F1カナダGP
ガスリー、ドライタイヤへの交換は1周早かったと認めるも「カートに乗っていたような気分で楽しかった」/F1カナダGP
AUTOSPORT web
ノリスの2位確保に貢献したピアストリ。フェルスタッペンを追うよりも、ラッセルとの戦いを優先/F1カナダGP
ノリスの2位確保に貢献したピアストリ。フェルスタッペンを追うよりも、ラッセルとの戦いを優先/F1カナダGP
AUTOSPORT web
「好感持てる」と反響! 4児の父「杉浦太陽」が新車で買った「高級ミニバン」公開! 「すごく乗りやすくて…」全貌を明かす姿にユーザー熱視線
「好感持てる」と反響! 4児の父「杉浦太陽」が新車で買った「高級ミニバン」公開! 「すごく乗りやすくて…」全貌を明かす姿にユーザー熱視線
くるまのニュース
2.0Lターボで333馬力? スポーティに進化したVW「ゴルフR」まもなく発表へ
2.0Lターボで333馬力? スポーティに進化したVW「ゴルフR」まもなく発表へ
AUTOCAR JAPAN
「掃除機」でタイヤ粉じんを測定 髪の毛より小さな微粒子をキャッチ 新規制導入で
「掃除機」でタイヤ粉じんを測定 髪の毛より小さな微粒子をキャッチ 新規制導入で
AUTOCAR JAPAN
最新デザイナーズ系賃貸ガレージハウスを紹介! ガラスとコンクリートに囲まれた最高の趣味の隠れ家でした
最新デザイナーズ系賃貸ガレージハウスを紹介! ガラスとコンクリートに囲まれた最高の趣味の隠れ家でした
Auto Messe Web
人気の“ジープ・ダック”も。コンパクトSUV『レネゲード』に装備満載で価格据え置きの特別限定車が登場
人気の“ジープ・ダック”も。コンパクトSUV『レネゲード』に装備満載で価格据え置きの特別限定車が登場
AUTOSPORT web
フェラーリの全ては12気筒から始まった 「12チリンドリ」日本初披露
フェラーリの全ては12気筒から始まった 「12チリンドリ」日本初披露
AUTOCAR JAPAN
5年ぶり全面刷新! 新型「小さな高級車」世界初公開! 「MTは廃止」だけど「300馬力×4WD」の“超スポーティ仕様”あり! 全長4.3m級の「1S」独に登場
5年ぶり全面刷新! 新型「小さな高級車」世界初公開! 「MTは廃止」だけど「300馬力×4WD」の“超スポーティ仕様”あり! 全長4.3m級の「1S」独に登場
くるまのニュース
デジタルミラー・ドラレコ・車載カメラの熱対策に、新発想の折りたたみ傘式サンシェード「CarUB V3」が登場
デジタルミラー・ドラレコ・車載カメラの熱対策に、新発想の折りたたみ傘式サンシェード「CarUB V3」が登場
レスポンス
WECハイパーカークラス、来季から各メーカー2台体制での参戦が義務に。既存メーカーに加え、新規参戦アストンも用意に動く
WECハイパーカークラス、来季から各メーカー2台体制での参戦が義務に。既存メーカーに加え、新規参戦アストンも用意に動く
motorsport.com 日本版
GR86/BRZ等のオーナー必見! HKSからカーボンファイバー巻きシフトノブと3車種用のフロアマットが登場
GR86/BRZ等のオーナー必見! HKSからカーボンファイバー巻きシフトノブと3車種用のフロアマットが登場
くるまのニュース
ノートオーラに『AUTECH』を新設定。湘南・茅ヶ崎の海にインスパイアされたデザインを採用
ノートオーラに『AUTECH』を新設定。湘南・茅ヶ崎の海にインスパイアされたデザインを採用
AUTOSPORT web
2024年ル・マン24時間、波乱の予感。23台参加のハイパーカークラスは「誰が速いのか全く読めない」とトヨタ小林可夢偉代表
2024年ル・マン24時間、波乱の予感。23台参加のハイパーカークラスは「誰が速いのか全く読めない」とトヨタ小林可夢偉代表
motorsport.com 日本版
損保ジャパン、社外調査報告書で経営陣の証拠破棄や隠蔽工作が判明 営業情報を損保業界で共有も
損保ジャパン、社外調査報告書で経営陣の証拠破棄や隠蔽工作が判明 営業情報を損保業界で共有も
日刊自動車新聞
ニッサン、『ノート オーラ』のマイナーチェンジでフロントデザインを一新。90周年記念車も発表
ニッサン、『ノート オーラ』のマイナーチェンジでフロントデザインを一新。90周年記念車も発表
AUTOSPORT web
軽井沢プリンスホテルに新アトラクション、ネクストクルーザーEV導入
軽井沢プリンスホテルに新アトラクション、ネクストクルーザーEV導入
レスポンス

みんなのコメント

4件
  • niy********
    355か、、、メンテナンスしていて思うこと。
    エキマニが排気熱で溶解する
    ドライサンプタンクに亀裂入る
    タイミングベルト関係を戸田レーシング製にして安定感増したい
    燃料ホースを国産もしくはアールズ以外のメーカーにしたい
    ラジエーターも日本製有名メーカー製に
    サーモスタットハウジングにバイパス弁つけたい
    純正ECUはずしてモーテックにしたい
    タイヤはアドバンネオバ履きたい
    クラッチ交換簡単
    排気音は歴代の中でも最強に良い
  • fxnhe501
    セガがドリームキャストでF355チャレンジを出したときのトップは元ホンダの入交さんだった。ホンダの副社長格だった入交さんは川本さんと次期社長の座を争って敗れ、ホンダを去ったのだった。

    雑誌のインタビューで、フェラーリとF1、そして自動車についてとてつもない熱量で語る入交さんに、思わず感涙にむせんだのは仕方のないことかもしれない。

    「入交さんっ!入交さん!今すぐっ…今すぐホンダに戻ってくださいっ!その情熱が、その情熱こそが、あなたが去ったあとのホンダから綺麗さっぱり消えてしまったものだ……!!」
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1555.01610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1250.03000.0万円

中古車を検索
F355の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1555.01610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1250.03000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村