現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランクル70に新型N-BOX……キープコンセプトでも新しく見えるのなぜ!? ヘッドライトデザインと「光り方」の変遷 

ここから本文です

ランクル70に新型N-BOX……キープコンセプトでも新しく見えるのなぜ!? ヘッドライトデザインと「光り方」の変遷 

掲載 3
ランクル70に新型N-BOX……キープコンセプトでも新しく見えるのなぜ!? ヘッドライトデザインと「光り方」の変遷 

 新型N-BOXや日本での再販が決定されたランドクルーザー70など、基本的なデザインは変わらないが、ニューモデルらしく一気に現代的な印象になったモデルが近年多い。その印象の秘密はヘッドライト。今回は新しい印象を受けるヘッドライトのデザインと、光り方のトレンドの変化に注目してみよう。

文/西川昇吾、写真/トヨタ、ホンダ、BMW、アウディ、メルセデス・ベンツ、FavCars.com

ランクル70に新型N-BOX……キープコンセプトでも新しく見えるのなぜ!? ヘッドライトデザインと「光り方」の変遷 

■デイタイムランニングライトのデザインが大きく影響

日本での再販が決まったランドクルーザー70。しかし、ヘッドライトのデザインが変わったことでかなり現代的な雰囲気に

 大きくデザインが変わっていなくても、パッと見て「新しい」と感じるクルマのヘッドライトの特徴は輪郭にあるだろう。

 LEDが灯火類に用いられたことにより増えてきたが、ヘッドライトの外側を縁取るようにデイタイムランニングライトが灯火されるモデルが増え、トレンドとなっている。

 デイタイムランニングライトは他車や歩行者などからの視認性を高めるために2000年代から登場した装備で、ヨーロッパでは2011年に義務化された。

 ヘッドライトデザインはクルマの顔つきを大きく印象付けるポイントだ。そのヘッドライトの形やデザインがより強調される縁取りとして光っていたら、暗闇で見てもどの車種か大方予想が付くだろう。

 また、縁取る形ではなくともブランドや車種ごと特徴的なラインでデイタイムランニングライトを点灯させていることもある。

 今やデイタイムランニングライトはヘッドライトデザインの一部になっていると言える。言い換えればヘッドライトの形だけでなく、光り方もデザイン的な意味を大いに持つようになっているのだ。

 このデイタイムランニングライトの使い方が、今時のクルマらしいか否かに大きく関わるポイントと言えるだろう。

■LEDの登場

2007年、小糸製作所が開発した世界初のLEDヘッドライトがレクサスLS600hに搭載

 2000~2010年代は上級モデルのヘッドライトと言えば、HIDやキセノンヘッドライトなどと呼ばれたディスチャージヘッドライトであった。それまで主流であったハロゲンよりも消費電力が少なく、コンパクトで耐久性も高かった。

 しかし、ユニットが必要でヘッドライトシステムとしては場所を取ってしまうことやコストの高さがウィークポイントでもあった。

 そんな中、2007年にレクサスLS600hが世界で初めてLEDヘッドライトを採用した。

 これまでのディスチャージヘッドライトに比べて消費電力と発熱が少なく、寿命も長くユニット自体もコンパクトでデザインの自由度も高めることが可能であった。LEDヘッドライトの登場によりデザインの自由度が一気に高まったのだ。

■光らせ方をデザイン

4代目5シリーズのマイナーチェンジモデル(写真)から採用されたBMWのコロナリング。今ではアイコン的な存在

 輪郭を際立たせるような、光り方もデザインの一種とするような手法を最も早く取り入れたのはBMWではないだろうか?

 通称イカリングと呼ばれた、ヘッドライト点灯部を囲むようにして光る線上の灯火類だ。

 これは正式名称でコロナリングと言われており、2000年の4代目5シリーズのマイナーチェンジで初めて採用された。

 以降、BMWの様々なモデルへとこのコロナリングは採用されていき、キドニーグリルと同様にBMWの顔になっていった。

アウディはLEDのデイタイムランニングライトを積極的に採用。写真は2007年発売の初代A5

 また、アウディは2004年にデイタイムランニングライトにLEDの採用を始めている。

 2000年代中ごろから2010年代にかけてのアウディのライトデザインと言えば、LEDらしい粒々の点灯が印象的だが、このころからヨーロッパ車を中心に線上だったり、点を際立たせたりと光らせ方をデザインしたライトが増えた。

 LEDが普及したことで、光る部分を細くそして自由にデザインし、灯火類の光らせ方に個性を出すことが出来るようになった。流れるウインカーもその一例と言えるし、近年流行りの一文字テールライトも同じだ。

 今回新しくなったN-BOXやランドクルーザー70だけでなく、絶版名車のヘッドライトデザインを、デイタイムランニングライトを組み込んだデザインにしたらどのように印象は変貌するのか? 少し見てみたいポイントである。

こんな記事も読まれています

680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
くるまのニュース
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
VAGUE
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
driver@web
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
LE VOLANT CARSMEET WEB
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
日刊自動車新聞
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
くるまのニュース
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
バイクブロス
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
バイクブロス
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
ベストカーWeb
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
グーネット
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
motorsport.com 日本版
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
AUTOSPORT web
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
乗りものニュース
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
くるまのニュース
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
レスポンス

みんなのコメント

3件
  • zen********
    >そんな中、2007年にレクサスLS600hが世界で初めてLEDヘッドライトを採用した。
    これまでのディスチャージヘッドライトに比べて消費電力と発熱が少なく、寿命も長くユニット自体もコンパクトでデザインの自由度も高めることが可能であった。

    その当時のLEDヘッドライトはディスチャージヘッドライトよりも消費電力が大きかったはず。ハイブリッド車だから問題なかったのだろうけど。
    もしそうならば記事が間違っているよね。検証してください。
  • キユト
    ラインナップに加えてくれても、買えない車じゃ仕方がないんじゃー
    過去イチ需要と供給のバランスが悪い車になりそう…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1094.01612.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.01398.0万円

中古車を検索
LSの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1094.01612.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.01398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村