現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの小型ハイトワゴン「ルーミー」人気絶大のなか次期型登場のウワサも!? 新型モデルはどうなる?

ここから本文です

トヨタの小型ハイトワゴン「ルーミー」人気絶大のなか次期型登場のウワサも!? 新型モデルはどうなる?

掲載 37
トヨタの小型ハイトワゴン「ルーミー」人気絶大のなか次期型登場のウワサも!? 新型モデルはどうなる?

■軽以上ミニバン以下の「ルーミー」がちょうど良い!

 小型/普通車の登録台数ランキングで、長年にわたって上位に入る車種がトヨタ「ルーミー」です。
 
 ルーミーが絶好調に売られている大きな理由は、全長を3700mm(標準ボディ)に抑えた5ナンバー車でありながら、全高は1700mmを上まわり、後席側のドアをスライド式にしたことです。

【画像】えっ、これはド派手! カスタム仕様の「ルーミー」がスゴい! 写真を見る(29枚)

 ボディが短くて最小回転半径も4.6m~4.7mに収まるため、混雑した街中でも運転しやすいことも魅力です。その一方で背の高いボディによって車内が広く、スライドドアも装着するため、子どもを抱えた状態でも乗り降りしやすく、子育て世代のユーザーに最適な機能を備えています。

 そして、後席を畳むと自転車なども積める広い荷室になり、「多機能デッキボード」を反転させれば汚れを落としやすい防汚シートが貼られているため、お手入れも簡単。収納設備も豊富で、日常的な使い勝手を徹底的に高めました。

 ルーミーは2列シートのコンパクトカーですが、機能は3列のミニバンに近いといえるでしょう。

 ルーミーの価格は、実用装備を充実させた売れ筋グレードの「G」が175万3500円。トヨタのミニバン「ノア」は、装備がシンプルな「X・2WD」でも267万円(8人乗り)ですから、ルーミーは約100万円安いです

 トヨタの販売店からも「ルーミーはミニバンからの乗り替えが多い」という話が聞かれ、3列シートが必須条件でない場合、ルーミーは合理的かつ経済的な選択でしょう。

 ルーミーの開発と生産は、トヨタの完全子会社になるダイハツが受け持っています。ルーミーが発売された2016年時点では、姉妹車のトヨタ「タンク」も用意されていました。

 そして、ルーミーはトヨタ店とカローラ店で、タンクはトヨペット店とネッツ店で販売されていたのですが、2020年5月にトヨタは全店舗で全車種を取り扱うように国内販売体制を変更して、姉妹車が不要になりました。

 そこで2020年9月のマイナーチェンジで、タンクを廃止してルーミーのみになり、需要が集中して登録台数も増えたという事情があります。

 この影響でルーミーは、コロナ禍の真っ最中で他車が苦戦を強いられる中、2021年の1か月平均登録台数は約1万1200台に達しています。

※ ※ ※

 国内販売1位のホンダ「N-BOX」のほか、ダイハツ「タント」、スズキ「スペーシア」といった軽自動車のスーパーハイトワゴンの人気が高いのですが、これらの軽自動車も全高が1700mmを超えるボディにスライドドアを装着している点はルーミーと同様です。

 一方で、ユーザーによっては「スーパーハイトワゴンを買いたいが、軽自動車ではなく、全幅が少し広くてエンジン排気量も大きな小型車が欲しい」というニーズがあります。

 つまり人気の高いN-BOXやタントを拡大したモデルとして、ルーミーが購入されている事情もあるのです。

■新型ルーミーはどんなモデルで登場する?

 小型車サイズのスーパーハイトワゴンにはスズキ「ソリオ」もありますが、ブランド力や販売店舗数の違いによって売れ行きはルーミーが圧倒的に多いです。

 ただしルーミーには欠点も散見されます。ガソリンエンジンの動力性能、走行安定性、ステアリングを操作したときの車両の反応、乗り心地に不満があり、ターボはノイズが耳障りです。

 後席は頭上と足元の空間は広いですが、座り心地は柔軟性に乏しく、床と座面の間隔が近いために足を前方へ投げ出す座り方になってしまいます。

 こういった欠点が生じた理由は、ルーミーが約2年間という短い期間で開発されたからです。

 2014年には初代N-BOX(先代)、3代目タント(先代)、スズキ初代「ハスラー」(先代)などがヒットして、国内の新車販売台数に占める軽自動車比率が40%を超えました。小型車から軽自動車への乗り替えも相次いで、軽自動車を用意しないトヨタは焦りました。

 そこでダイハツに大急ぎでルーミーとその姉妹車を開発させ、2年後の2016年に発売。そのためにルーミーは、コンパクトSUVのトヨタ「ライズ」やダイハツ「ロッキー」に使われるDNGAの考え方に基づいたプラットフォームや新しいエンジンを採用できませんでした。この影響で、走行性能と乗り心地を中心に、前述の欠点が生じたのです。

 従ってルーミーを買う時は、ライバル車のソリオ、同じトヨタ車のシエンタなどと試乗車の乗り比べをしてみると良いでしょう。

 ルーミーに乗ってみて不満を感じたら、次期型を待つ方法もあります。

 トヨタの販売店は次のようにいいます。

「ルーミーは2023年末に後継車種に切り替わるようです。エンジンは現在の直列3気筒1リッターから1.2リッターに変更され、ハイブリッドが新たに搭載される可能性も高いです」

 2023年10月には「ジャパンモビリティショー2023(以前の東京モーターショー)」が開催され、次期ルーミーのプロトタイプはこれに出展される可能性があります。

 次期ルーミーのボディサイズは、シエンタとの関係もあるために現行型をほぼ踏襲しますが、エンジンやプラットフォームは、ライズやロッキーと同じタイプに刷新されるでしょう。

 エンジンは販売店がいうように、ライズやロッキーと同型の1.2リッター直列3気筒で、「eスマートハイブリッド」も用意されることが予想されます。

 新型では、現行型の欠点とされる走行性能と乗り心地が改善され、後席の座り心地も柔軟になって安全装備も進化。内装の質も高まるでしょう。

 現行型の商品力は、ライバル車のソリオに負けますが、次期型ではそれを上まわってくるはず。ルーミー(タンク含む)は現行モデルの保有台数も多いことから乗り替え需要が豊富で、フルモデルチェンジすれば必ず好調に売れると筆者(渡辺陽一郎)は考えます。

 十分なコストを費やした入念な開発をおこなうため、商品力が大きく向上する一方で、価格はあまり高くはならないと思われます。

 ルーミーの競争相手は、N-BOXやタントなど軽自動車のスーパーハイトワゴンで、割高感が生じると販売合戦に負けるからです。

 その結果、新型ルーミーは現行型以上に売れ行きを伸ばし、国内の新車市場は、軽自動車と併せてスーパーハイトワゴンの天国になるでしょう。

こんな記事も読まれています

F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
AUTOSPORT web
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ベストカーWeb
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
AUTOSPORT web
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
ベストカーWeb
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
Auto Messe Web
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ヤマハからホンダへ。新天地で2度目のJSB1000王者を狙う野左根航汰/鈴鹿2&4 事前テスト
ヤマハからホンダへ。新天地で2度目のJSB1000王者を狙う野左根航汰/鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
ホンダCR-Vをベースとした新型燃料電池車が初公開。日本での発売は今夏を予定
ホンダCR-Vをベースとした新型燃料電池車が初公開。日本での発売は今夏を予定
カー・アンド・ドライバー
4.4mを超えても「ちゃんとミニ!」 新型カントリーマンへ試乗 らしい走りのゴーカート・モード
4.4mを超えても「ちゃんとミニ!」 新型カントリーマンへ試乗 らしい走りのゴーカート・モード
AUTOCAR JAPAN
FP3最速はキャデラック、好調ポルシェ勢が続く。LMGT3はアストンとフェラーリが接戦【第1戦カタール】
FP3最速はキャデラック、好調ポルシェ勢が続く。LMGT3はアストンとフェラーリが接戦【第1戦カタール】
AUTOSPORT web
15台が参加したGT500鈴鹿テストは2日目。ENEOS X PRIME GR Supraがトップタイムを記録
15台が参加したGT500鈴鹿テストは2日目。ENEOS X PRIME GR Supraがトップタイムを記録
AUTOSPORT web
ホムラの人気作「2×7」のスピンオフ最新作が登場!「2×7FTスポーツエディション」の新たな世界とは
ホムラの人気作「2×7」のスピンオフ最新作が登場!「2×7FTスポーツエディション」の新たな世界とは
Auto Messe Web
「幻のスーパーカー」復活 ジャガーC-X75 映画『007』劇中車、5.0L V8で公道デビュー
「幻のスーパーカー」復活 ジャガーC-X75 映画『007』劇中車、5.0L V8で公道デビュー
AUTOCAR JAPAN
レッドブル、タイヤ戦略でも一歩リードか。ライバルを絶望させる1セットの新品ソフトタイヤ
レッドブル、タイヤ戦略でも一歩リードか。ライバルを絶望させる1セットの新品ソフトタイヤ
motorsport.com 日本版
34年ぶり復活! 全長4m以下の新型「“カクカク”コンパクト」世界初公開! 斬新オシャ内装&シフト採用の「新5」まさかの日本導入も
34年ぶり復活! 全長4m以下の新型「“カクカク”コンパクト」世界初公開! 斬新オシャ内装&シフト採用の「新5」まさかの日本導入も
くるまのニュース
日産の新型「インタースター」が電気自動車を追加してデビュー! 日本導入に期待したいフィアット「デュカト」のライバルとは
日産の新型「インタースター」が電気自動車を追加してデビュー! 日本導入に期待したいフィアット「デュカト」のライバルとは
Auto Messe Web
まさかのワークスチームが最後尾。アルピーヌ最低重量を大幅超過の憶測も、ガスリーは「言われているほど悪くない」と否定
まさかのワークスチームが最後尾。アルピーヌ最低重量を大幅超過の憶測も、ガスリーは「言われているほど悪くない」と否定
motorsport.com 日本版
F1シムを活用/出番がないことを願う中嶋一貴/ポルシェのMGU交換理由 etc.【WECカタール木曜Topics】
F1シムを活用/出番がないことを願う中嶋一貴/ポルシェのMGU交換理由 etc.【WECカタール木曜Topics】
AUTOSPORT web

みんなのコメント

37件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

155.7192.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0274.0万円

中古車を検索
ルーミーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

155.7192.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0274.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村