現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「新型クラウン」“ワゴンスタイル”登場へ 超オシャレな「豪華ブルー内装」も採用!? 17年ぶり復活の「エステート」 内装の特徴は

ここから本文です

トヨタ「新型クラウン」“ワゴンスタイル”登場へ 超オシャレな「豪華ブルー内装」も採用!? 17年ぶり復活の「エステート」 内装の特徴は

掲載 5
トヨタ「新型クラウン」“ワゴンスタイル”登場へ 超オシャレな「豪華ブルー内装」も採用!? 17年ぶり復活の「エステート」 内装の特徴は

■ネイビー内装と広大ラゲッジスペースで「アクティブライフ」を実現

 トヨタは新型「クラウンエステート(以下エステート)」を2024年央以降に発売する予定です。
 
 16代目となった新型クラウン4タイプのうち、最後に登場するモデルとして期待が高まりますが、内装も4タイプとは異なる仕立てになっています。

【画像】「えっ…!」 これが「新型クラウンエステートの豪華内装」です(71枚)

 クラウンは、16代目の現行型が2022年7月に世界初公開されました。新型では従来同様のセダンに加え、「クロスオーバー」「スポーツ」「エステート」と3つの新タイプが登場。さらに歴代初めてグローバルで展開されるモデルとなりました。

 2022年9月にはクロスオーバーが先立って発売しており、続く10月にはスポーツが、11月にはセダンが販売を開始しています。残るエステートは2024年央以降の発売が予定されています。

 すでに販売中となっているクラウン3タイプの発表イベントなどでは、エステートも展示されるなど、発売を前にして期待が高まっています。

 トヨタはエステートについて「洗練と余裕の大人の雰囲気を併せ持ち、後席のフルフラットデッキと共に、機能的なSUVとしてアクティブライフを楽しめる、ワゴンとSUVの融合」だと説明します。

 エステートの名称は、11代目クラウンのステーションワゴンに用いられていたことがあり、2007年の販売終了以来17年ぶりの名称復活となります。

 一方で、新型では背の低いスタイリングではなくSUVらしさも兼ね備えており、3タイプと比べても高い車高に設定されています。

 公表されている開発目標値のサイズは全長4930mm×全幅1880mm×全高1620mm、ホイールベースは2850mmです。

 パワートレインはHEV(ハイブリッド車)とPHEV(プラグインハイブリッド車)の2タイプとなり、駆動方式は4WDのみが設定されます。

 なお、北米では一足早い2023年11月15日に発表されており、「クラウンシグニア」という名称で2024年夏に登場することが明らかにされました。

 エクステリアは大きく張り出した前後フェンダーや、大きな21インチホイールを履いていることでSUVらしい力強さを感じさせます。

 フロントデザインは最新のハンマーヘッドモチーフや幾何学的なロアグリルなどが新型クラウンシグニア独自のものとなっています。

 サイドは曲線も多用しており、流れるようなルーフラインや流麗なキャビンデザインなどがかつてのステーションワゴンのような、都会的で洗練された印象を与えます。

 インテリアも上質な仕上がりとなっており、おおむね3タイプと共通する部分があるものの、エステート独自の特徴も取り入れられました。

 直線基調のインパネや操作部が集約されたアイランドアーキテクチャースタイルは共通ですが、インテリアカラーにネイビー(紺)系統の新色が設定されています。

 16代目では4タイプそれぞれのキャラクターに沿った内装色を設定していることが特徴で、クロスオーバーでは斬新さを表現したブラック×イエローブラウンの2トーンカラー、スポーツでは走行性能の高さをアピールするブラック×センシュアルレッド、セダンでは落ち着きのあるミッドブラウンを設定しています。

 エステートのネイビーはより大人びた雰囲気を感じさせるとともに、タフなSUVらしさも醸し出すもので、「機能的なSUVとしてアクティブライフを楽しめる」というコンセプトに一致していると言えます。

 さらに、広大なラゲッジスペースもエステートの注目すべき点です。ワンタッチ操作で後席を倒せばフルフラットな荷室に拡大することができ、より実用的に仕上がっています。

 北米仕様車では最大6.5フィート(約198cm)の荷物を積むことができると説明されており、後席背もたれ上部には前席との隙間を埋めるカバーを採用するなど、インテリアはエステートのキャラクターを如実に示すものとなっています。

※ ※ ※

 新型クラウンエステートは、当初2023年度内(2024年3月まで)に発売されると予告されましたが、「お客様へより良い商品をお届けできるよう、更なる車両の作り込みを行っております」として2024年央以降へと延期されています。

こんな記事も読まれています

トヨタが「新型クラウン オフロード仕様」発表! 車高アップ×ワイドボディがカッコイイ! “タフすぎ”オシャグリーンの「LANDSCAPE」 どんなモデル?
トヨタが「新型クラウン オフロード仕様」発表! 車高アップ×ワイドボディがカッコイイ! “タフすぎ”オシャグリーンの「LANDSCAPE」 どんなモデル?
くるまのニュース
トヨタ新型「スゴいクラウン」初公開! 見た目変わった!? 685万円で斬新「ランドスケープ」発売、反響は? どんな人が買う?
トヨタ新型「スゴいクラウン」初公開! 見た目変わった!? 685万円で斬新「ランドスケープ」発売、反響は? どんな人が買う?
くるまのニュース
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
くるまのニュース
まさかのSUV化! トヨタ「プリウスクロス」誕生!? 悪路も“エコドライブ”で走破する「タフ仕様」のCGは「アリ」それとも「ナシ」?
まさかのSUV化! トヨタ「プリウスクロス」誕生!? 悪路も“エコドライブ”で走破する「タフ仕様」のCGは「アリ」それとも「ナシ」?
くるまのニュース
レクサス新型「小さな高級車」登場! 全長4.2m級でちょうど“イイ”サイズ×「豪華内装」採用! 新型「LBX」同じ価格の2モデル 何が違う?
レクサス新型「小さな高級車」登場! 全長4.2m級でちょうど“イイ”サイズ×「豪華内装」採用! 新型「LBX」同じ価格の2モデル 何が違う?
くるまのニュース
「シエンタ」よりちょっとビッグ! トヨタの7人乗り「小型SUVミニバン」がスゴい! 迫力顔「ヴェロズ」タイお披露目の反響は?
「シエンタ」よりちょっとビッグ! トヨタの7人乗り「小型SUVミニバン」がスゴい! 迫力顔「ヴェロズ」タイお披露目の反響は?
くるまのニュース
スバルが「新型SUV」実車公開! 6年ぶり「全面刷新」でタフ顔&上質内装に大変貌!? 新ハイブリッドも搭載予定の「フォレスター」NYに登場
スバルが「新型SUV」実車公開! 6年ぶり「全面刷新」でタフ顔&上質内装に大変貌!? 新ハイブリッドも搭載予定の「フォレスター」NYに登場
くるまのニュース
トヨタが「現代版ハイラックスサーフ」初公開!? イケてるオジサンが熱視線 「分かってるね」な姿が話題に! 新型「4Runner」米で発表
トヨタが「現代版ハイラックスサーフ」初公開!? イケてるオジサンが熱視線 「分かってるね」な姿が話題に! 新型「4Runner」米で発表
くるまのニュース
約140万円でMTあり! トヨタが新型「コンパクトSUV」世界初公開! 上質すぎる「オシャレッド内装」採用した印の「最新モデル」に“次期ライズ!?”と期待の声も!
約140万円でMTあり! トヨタが新型「コンパクトSUV」世界初公開! 上質すぎる「オシャレッド内装」採用した印の「最新モデル」に“次期ライズ!?”と期待の声も!
くるまのニュース
日産が新型「小さな高級車」初公開! 全長4.3m級の“高級スニーカー” 「カッコいい&欲しい」声も… キックスとは
日産が新型「小さな高級車」初公開! 全長4.3m級の“高級スニーカー” 「カッコいい&欲しい」声も… キックスとは
くるまのニュース
トヨタ新型「ランクル250」今春発売!? 丸目&角目ライト採用のカクカクSUV! まもなく登場? 現状は
トヨタ新型「ランクル250」今春発売!? 丸目&角目ライト採用のカクカクSUV! まもなく登場? 現状は
くるまのニュース
トヨタ新型「“3ドア”ハッチバック」発売! 300馬力超え「直3」+4WDの爆速仕様! 進化は“全面刷新”並みな「GRヤリス」登場
トヨタ新型「“3ドア”ハッチバック」発売! 300馬力超え「直3」+4WDの爆速仕様! 進化は“全面刷新”並みな「GRヤリス」登場
くるまのニュース
トヨタが「新型SUV」世界初公開へ! ゴツ盛り進化の”新ハイラックスサーフ??”15年ぶり刷新!? 次世代「4ランナー」米で発表「秒読み段階」へ
トヨタが「新型SUV」世界初公開へ! ゴツ盛り進化の”新ハイラックスサーフ??”15年ぶり刷新!? 次世代「4ランナー」米で発表「秒読み段階」へ
くるまのニュース
トヨタが“新”「カローラ」発表! 超スポーティエアロ×「上質おしゃれ内装」採用! 走りも高めた新「ACTIVE SPORT」 何が違う?
トヨタが“新”「カローラ」発表! 超スポーティエアロ×「上質おしゃれ内装」採用! 走りも高めた新「ACTIVE SPORT」 何が違う?
くるまのニュース
トヨタ「新型SUV」世界初公開! 新たな姿の「ハイラックス“サーフ”!?」! 15年ぶり全面刷新の「4ランナー」米で発表
トヨタ「新型SUV」世界初公開! 新たな姿の「ハイラックス“サーフ”!?」! 15年ぶり全面刷新の「4ランナー」米で発表
くるまのニュース
14年ぶり全面刷新! 日産が新型「最上級3列SUV」を世界初公開! 全長5.4mボディにクラストップの“超豪華内装”採用! 斬新デザインの「新型QX80」横浜で実車展示
14年ぶり全面刷新! 日産が新型「最上級3列SUV」を世界初公開! 全長5.4mボディにクラストップの“超豪華内装”採用! 斬新デザインの「新型QX80」横浜で実車展示
くるまのニュース
レクサス「新顔3列SUV」実車展示! 全長5m超えの巨大空間がスゴい!? 走り&使い勝手サイコーの「TX」とは
レクサス「新顔3列SUV」実車展示! 全長5m超えの巨大空間がスゴい!? 走り&使い勝手サイコーの「TX」とは
くるまのニュース
全長4.2mのレクサス「小さな高級車」登場! エアロ仕様がド迫力&ラグジュアリー! カッコ良すぎる新型「LBX」とは
全長4.2mのレクサス「小さな高級車」登場! エアロ仕様がド迫力&ラグジュアリー! カッコ良すぎる新型「LBX」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

5件
  • rav********
    全長はクロスオーバー、全幅はスポーツと一緒か。ホイールベースはクロスオーバー準拠かな?これだけの大きさだと回転半径も大きそうだけどDRSで小回り効くようになるかな。ブルーの内装は落ち着いた感じにしてほしい。
  • Lore in
    周囲でもトヨタ離れが加速してるけど
    本当に若返ってるのかね?
    少なくとも騙されてるのは今まで通り年配層だけかと
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.3880.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.3880.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村