現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ人は「コンパクトSUV」を求める? ヤリクロ、ヴェゼルなど人気車多し ユーザーが求める2つの要素とは

ここから本文です

なぜ人は「コンパクトSUV」を求める? ヤリクロ、ヴェゼルなど人気車多し ユーザーが求める2つの要素とは

掲載 更新 35
なぜ人は「コンパクトSUV」を求める? ヤリクロ、ヴェゼルなど人気車多し ユーザーが求める2つの要素とは

■数多くあるSUVのなかでもコンパクトSUVが人気なワケは?

 現在の国内市場では、SUVジャンルのなかでもとくにコンパクトなボディサイズのモデルが人気となっています。

「ヴェゼルよりイケてる!」ホンダ新型SUV「N7X」に「カッコ良い」の声多数!

 では、ユーザーがコンパクトSUVを検討するポイントとはどのようなところにあるのでしょうか。

 SUVには、海外で使われるセグメントという言い方では、Aセグメント、Bセグメント、CセグメントなどがコンパクトSUVとして分類されています。

 国内においては、コンパクトSUV、ミドルサイズSUV、ラージサイズSUVと分類することが多く、コンパクトSUVに関しては明確な定義はないものの、一般的には全長4500mm未満のSUVを指すことが多いです。

 また、コンパクト=小型自動車(5ナンバー車)という印象がありますが、5ナンバー車の定義は「全長4.70m以下、全幅1.70m以下、全高2.00m以下、排気量2.00リッター以下」となります。

 しかし、全長4500mm-4700mmのSUVではトヨタ「RAV4」やホンダ「CR-V」、日産「エクストレイル」、マツダ「CX-5」などが当てはまりますが、一般的には前述のミドルサイズSUVとして分類されていることがほとんどです。

 2021年10月現在、国内で販売されている国産コンパクトSUV(全長4500mm以下)には以下のようなラインナップが存在します(登録車のみ)。

 トヨタは「ライズ」「ヤリスクロス」「C-HR」「カローラクロス」、マツダは「CX-3」「CX-30」「MX30」、スズキは、「ジムニーシエラ」「クロスビー」と、コンパクトSUVでも複数モデルを設定。

 そのほかのメーカーは、ホンダが「ヴェゼル」、日産は「キックス」、スバルが「XV」、三菱は「RVR」、ダイハツが「ロッキー」と、1モデルずつとなっています。

 このように各社がさまざまなラインナップを揃えているうえに、多様化するニーズに合わせた「シティー派」「アウドドア派」のデザインや、「使い勝手」「快適性」など特徴も異なります。

 また、パワートレインでは基本的にガソリン車とハイブリッド車を設定するモデルが多いですが、キックスはハイブリッド専用車、マツダではディーゼル車を設定するなど、そのあたりもメーカーの独自性が見て取れます。

 こうした激戦区ともいえるコンパクトSUVにおいて、ユーザーはどういった部分を検討ポイントとして考えているのでしょうか。

 SNSではコンパクトSUVを選ぶ基準で最初に考えることとして、以下のふたつの要素を挙げていることが多く見られます。

「維持費の安いコンパクトサイズを探している」
「実用性を重視して選んでいる」

 このように、大きなクルマが普段使いに必要がなくなった人や、クルマにステータスを求めるより、実用性を重視しているといった声があります。

 そして実際にコンパクトSUVを選ぶ時にSNSの声では、以下のような要素が見られます。

「デザインが好みかどうか」
「運転がしやすいか」
「室内が広く荷物が載せやすく沢山積めるか」

 自分好みのデザインなのか、そして自分のライフスタイルにあっているかどうか気にするようです。

 このほかにもSNSでは「燃費性能はどうなのか」「走破性は?4WD性能はどうか」「スマホとつながるのか」といった、クルマの性能に関する部分を見極めるといった声もありました。

 このようにSNSでは、コンパクトSUVを選ぶ際にさまざまな声がありますが、取り回しのしやすさや経済性を重視して選ぶといった声が大半を占めていました。

■各自動車メーカーではどんな反響がある? 人気SUVに対する生の声とは

 では、各社販売店ではコンパクトSUVに対してどのような反響があるのでしょうか。

「トヨタでは、ライズ、ヤリスクロス、C-HR、カローラクロスなどがコンパクトSUVとして存在します。それぞれサイズが異なりますので、お客さまは自分の用途に合わせて選んでいるようです。

 とくにヤリスクロスでは、コンパクトなサイズながら荷室の使い勝手を重視しているため、そのあたりを気に入って頂いています」(トヨタ販売店)

「コンパクトSUVではキックスがあります。以前は『ジューク』もありましたが、いまは日本での販売はなくなっております。

 現在はe-POWER専用となるキックスのみですが、キックスはEVのような加速感が特徴でお客さまから好評です。しかし、コンパクトSUVでガソリン車を求めるお客さまもいますので、そのあたりは販売側としては厳しい部分です」(日産販売店)

「2021年4月に2代目へとフルモデルチェンジしたヴェゼルが好調です。デザインが新しくなったことや、ハイブリッド車『e:HEV』のフィーリングなどが好評を頂いています。また、サイズに関しては先代と大きく変わっておらず、そのあたりも『ちょうどいい』という声を頂いています」(ホンダ販売店)

※ ※ ※

 コンパクトSUVは、取り回しが良く、しかも5人乗車が可能、さらに荷物も積めるなど、近年人気が高まっています。

 SUV自体の人気に加えて、日本の道路事情に適したサイズ感のため、今後もこの人気は続くと見られます。

こんな記事も読まれています

レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
レンタカー需要急増! 車両数は20年前の「約3.2倍」 さらなる成長のカギは“無人化”かもしれない
Merkmal
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
アップルの車買取の評判&口コミは? 高く売れるって本当? 利用者に聞いたサービスの質と評価
カルモマガジン
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可
くるまのニュース
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加
月刊自家用車WEB
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
サイレンサーが定額使い放題のレンタルサービス「マフラークラウド(マフラク)」が登場!
バイクブロス
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
ホンダの「新型SUV」ゴツ爆グリルがすごい!? スポーティなのに「知的な佇まい」なワケ 6代目「CR-V」日本に襲来!
くるまのニュース
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
スズキが新型「エブリイ」、「エブリイワゴン」、「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」を公開!さらに安全で便利なクルマへ
バイクのニュース
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
ホンダが新型燃料電池車『CR-V e:FCEV』を米国でも発表
レスポンス
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
FIA F2開幕戦ポールのマイニが失格に。新人ボルトレトが繰り上げポール、宮田莉朋は5番手に
motorsport.com 日本版
業界初技術で追突事故はゼロに!?  ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
業界初技術で追突事故はゼロに!? ボルボ・カーズ、ドライバーに前方の事故を警告機能を搭載へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
ブリヂストン 空気充填不要の「エアフリー」タイヤの公道実証実験を開始し、社会課題解決を目指す
Auto Prove
ド迫力の“超ワイド”ボディ! トヨタ新型「カムリ」に4連マフラー&迫力エアロ装備した姿がスゴイ!? もはや「上級セダン」じゃないCGに反響集まる
ド迫力の“超ワイド”ボディ! トヨタ新型「カムリ」に4連マフラー&迫力エアロ装備した姿がスゴイ!? もはや「上級セダン」じゃないCGに反響集まる
くるまのニュース
見た目ほぼ電車なバス!? 名古屋の新交通「SRT」デザイン案あきらかに 座席もかなり斬新! いよいよ実現近づく
見た目ほぼ電車なバス!? 名古屋の新交通「SRT」デザイン案あきらかに 座席もかなり斬新! いよいよ実現近づく
乗りものニュース
家のドアは全閉か全開だけど……クルマのドアに「半ドア」があるのはナゼ? じつは安全のために必要な機構だった!
家のドアは全閉か全開だけど……クルマのドアに「半ドア」があるのはナゼ? じつは安全のために必要な機構だった!
WEB CARTOP
日産「次期型エルグランド」はド迫力顔!? 全長5mの「新型モデル」初公開に注目集まる! 進化した「エルグラ顔」への反響とは
日産「次期型エルグランド」はド迫力顔!? 全長5mの「新型モデル」初公開に注目集まる! 進化した「エルグラ顔」への反響とは
くるまのニュース
レッドブルF1のホーナー代表、疑惑乗り越えた直後に今度は文書リークが発生。本人は改めて否定
レッドブルF1のホーナー代表、疑惑乗り越えた直後に今度は文書リークが発生。本人は改めて否定
motorsport.com 日本版
メルセデス開幕戦初日にワンツーも……ラッセル「まだフェルスタッペンは先にいる。調子に乗っちゃいけない」
メルセデス開幕戦初日にワンツーも……ラッセル「まだフェルスタッペンは先にいる。調子に乗っちゃいけない」
motorsport.com 日本版
光岡自動車創業55周年モデル「M55コンセプト」 市販化を決定
光岡自動車創業55周年モデル「M55コンセプト」 市販化を決定
日刊自動車新聞

みんなのコメント

35件
  • 「コンパクトSUV俺は求めてない」

    じゃなぜ、興味も無いのにわざわざコメントまで書き込む?
  • 図体でいえば、もはやコンパクトですらない中途半端…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

229.5315.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.0370.0万円

中古車を検索
ヤリスクロスハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

229.5315.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.0370.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村