現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プジョー新型「308SW」世界初公開! 人気のスタイリッシュワゴンが3代目に進化

ここから本文です

プジョー新型「308SW」世界初公開! 人気のスタイリッシュワゴンが3代目に進化

掲載 更新 4
プジョー新型「308SW」世界初公開! 人気のスタイリッシュワゴンが3代目に進化

■発売当初から2種類のプラグインハイブリッドを用意

 仏プジョーは2021年6月22日、Cセグメントハッチバック「308」をベースにしたステーションワゴン、新型「308SW」を世界初公開しました。

【画像】フルチェンしたプジョー新型「308SW」を見る(26枚)

 308はプジョーのCセグメントモデルで、初代は「307」の後継車として2007年に登場。2013年にフルモデルチェンジをおこない2代目に進化しています。この2代目308は、2014年に欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも選出されました。

 そして2021年3月にさらにフルモデルチェンジをおこない3代目へと進化しています。

 今回登場した新型308SWは、そんな新型308をベースにしたステーションワゴンです。

 新型308同様、プジョーの最新プラットフォーム「EMP2(Efficient Modular Platform 2)」を採用。全長4636mm×全幅1852mm×全高1442mm、ホイールベースは2732mmと、5ドアハッチバックの新型308と比べて全長は269mm、ホイールベースが57mm延長されています。リアのオーバーハングも約210mm長くなっています。

 従来型308SWと比較すると、全長60mm、全幅55mm拡大。逆に全高は20mm低くなっています。空気抵抗係数(Cd値)は0.277という優れた数値を達成しているのも特徴です。

 フロントエンブレムには新しいプジョー・ブランドロゴを採用。ここには先進運転支援システム(ADAS)用のレーダーが内蔵されています。

 すべての新型308SWには標準でLEDヘッドライトを採用。彫りの深いスリムなデザインで、ブランドのトレードマークである縦型LEDデイタイムランニングライトも装備されています。GTおよびGTプレミアムグレードは、マトリックスLEDヘッドライトにアップグレードされ、視認性と安全性が向上します。

 先代よりも全長・全幅が大きくなったこともあり、荷室容量もそれにともない拡大しているのも特徴です。標準で608リッター、後席をたたむと最大で1634リッターとなります。後席は40:20:40分割可倒が可能です。

 インテリアでは、プジョー最新の「3D i-コックピット」を採用。高い位置にある10インチのデジタルインストルメントクラスターにより、ドライバーは視線を大きく動かすことなく重要な情報にアクセスが可能になっています。

※ ※ ※

 パワー・オブ・チョイスというプジョーのコミットメントに沿って、新型308SWのパワートレインには、発売当初からふたつのプラグインハイブリッド(PHEV)が用意されるのが特徴です。

「HYBRID 225 e-EAT8」は、180psのピュアテックガソリンエンジンに81kW(約110馬力)の電気モーターをe-EAT8(8速AT)のギアボックスに組み合わせたもの。また「HYBRID 180 e-EAT8」は、150馬力のピュアテックガソリンエンジンに同じく81kWの電気モーターが組み合わされます。

 どちらのバージョンも12.4kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。7.4kWのウォール型充電器では、満充電まで1時間55分で、一充電での走行可能距離は、HYBRID225が最大36マイル(約58km)、HYBRID180が最大37マイル(約60km)です。

 またPHEVモデル以外にも、1.2リッターピュアテック130(ガソリン)+EAT8と、1.5リッターBlueHDi130(ディーゼル)+EAT8のバリエーションが用意されます。

 308SWの日本での発表はいつ頃になるのでしょうか。まだ決まっていないようですが、2021年中に登場することはなく、上陸は早くても2022年になりそうです。日本でも人気があり、プジョーモデルのなかで売れ筋となる308。その新型モデルですので、期待されます。

こんな記事も読まれています

年収1000万円を超えるとSUVが人気…家計診断・相談サービス「オカネコ」調べ
年収1000万円を超えるとSUVが人気…家計診断・相談サービス「オカネコ」調べ
レスポンス
全国のロゴス直営店にて「テントフェスタ」を5/31~6/2まで開催!
全国のロゴス直営店にて「テントフェスタ」を5/31~6/2まで開催!
バイクブロス
【ヤマハ】エリック・ヘイズによるペイントが施された YZF-R7・YZF-R125 が渋谷パルコにて展示中!(動画あり)
【ヤマハ】エリック・ヘイズによるペイントが施された YZF-R7・YZF-R125 が渋谷パルコにて展示中!(動画あり)
バイクブロス
車内の「謎の木目」何で出来てる!? ホンモノの木じゃないってマジ!? 知ってるようで知らない「“木目”パネル」の正体とは
車内の「謎の木目」何で出来てる!? ホンモノの木じゃないってマジ!? 知ってるようで知らない「“木目”パネル」の正体とは
くるまのニュース
モナコGPを”カミカゼ”戦略で走り切ったアロンソ。実はフィニッシュ時には入賞したと思っていた?「その誤った情報が僕を生き返らせてくれた」
モナコGPを”カミカゼ”戦略で走り切ったアロンソ。実はフィニッシュ時には入賞したと思っていた?「その誤った情報が僕を生き返らせてくれた」
motorsport.com 日本版
高騰のシビックタイプRが無理なら[シロッコR]!! 250馬力オーバーが買える! 格安車両には要注意!?
高騰のシビックタイプRが無理なら[シロッコR]!! 250馬力オーバーが買える! 格安車両には要注意!?
ベストカーWeb
【角田裕毅F1第8戦展望】最適化されたセットアップ。1セットの新品ソフトで全区間自己ベストを更新、前年を上回る8番手
【角田裕毅F1第8戦展望】最適化されたセットアップ。1セットの新品ソフトで全区間自己ベストを更新、前年を上回る8番手
AUTOSPORT web
ホンダ:間近で感じたドゥカティの速さ。ザルコ「自分のペースにフラストレーション」/第6戦カタルーニャGP スプリント
ホンダ:間近で感じたドゥカティの速さ。ザルコ「自分のペースにフラストレーション」/第6戦カタルーニャGP スプリント
AUTOSPORT web
ロールス・ロイス新型「カリナン シリーズII」に「ブラックバッジ」が同時発表! まさに600馬力のV12エンジンを搭載した破壊神です
ロールス・ロイス新型「カリナン シリーズII」に「ブラックバッジ」が同時発表! まさに600馬力のV12エンジンを搭載した破壊神です
Auto Messe Web
やっぱり最強最速なのか!? フォルクスワーゲンが新ゴルフGTIクラブスポーツをニュル24時間レースで世界初公開
やっぱり最強最速なのか!? フォルクスワーゲンが新ゴルフGTIクラブスポーツをニュル24時間レースで世界初公開
Webモーターマガジン
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派モデル、ベストバイはこれ!【日産・キャラバン】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派モデル、ベストバイはこれ!【日産・キャラバン】
月刊自家用車WEB
ヤマハ:スプリントで課題が明らかに。クアルタラロ「一番の問題は最終セクター」/第6戦カタルーニャGP
ヤマハ:スプリントで課題が明らかに。クアルタラロ「一番の問題は最終セクター」/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
富士スピードウェイの高速コーナー「100R」がキャンプ場に! 「RECAMP 富⼠スピードウェイ」が今秋オープン!
富士スピードウェイの高速コーナー「100R」がキャンプ場に! 「RECAMP 富⼠スピードウェイ」が今秋オープン!
くるくら
「昭和のボンネットバス」がトミカに 奈良交通が6月発売 入手方法は?
「昭和のボンネットバス」がトミカに 奈良交通が6月発売 入手方法は?
乗りものニュース
車買取でおすすめの一括査定サイトを比較
車買取でおすすめの一括査定サイトを比較
くるくら
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]ミドルグレードスピーカーを低コストで取り付けて、音が良くなる感動を体験!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]ミドルグレードスピーカーを低コストで取り付けて、音が良くなる感動を体験!
レスポンス
ルクレール、直前でエンジン交換もポール獲得、悲願の母国初優勝に近づく「今のフェラーリなら、今度こそ勝てる」
ルクレール、直前でエンジン交換もポール獲得、悲願の母国初優勝に近づく「今のフェラーリなら、今度こそ勝てる」
AUTOSPORT web
レクサス新型「最高級ミニバン」1500万円の“6座仕様”発売! なぜ“4座仕様”より500万円も安いのか?
レクサス新型「最高級ミニバン」1500万円の“6座仕様”発売! なぜ“4座仕様”より500万円も安いのか?
くるまのニュース

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

362.1470.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.9525.4万円

中古車を検索
308SW (ワゴン)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

362.1470.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.9525.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村