現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 3代目エルグランドは日産らしい個性を主張して登場した【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

3代目エルグランドは日産らしい個性を主張して登場した【10年ひと昔の新車】

掲載 更新 7
3代目エルグランドは日産らしい個性を主張して登場した【10年ひと昔の新車】

2010年8月、今も現行モデルとしてラインナップされる3代目日産エルグランドが登場した。エルグランドは広く快適な室内空間と贅沢な装備、高い走行性能を備える高級Lクラスミニバンの元祖的存在だが、3代目ではそれまでのFRからFFへと大変身を遂げた。2010年のデビュー当時、3代目エルグランドはどのように市場に受け入れられたのか。Motor Magazine誌では販売開始と同時に試乗テストを行っているので、その時の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2010年11月号より)

最大の変更点はFRからFFになったこと
エルグランドが8年振りにフルモデルチェンジを受け3代目となった。それにしても、なぜ8年もの間、この人気モデルが“放置”されていたのかという疑問が湧くが、いまの日産のビジネススタイルを見てみると、その理由がわかるような気がする。要は優先順位が低かったということだ。なぜならエルグランドは国内専用車だから、先に取り組むべきものが他にあったということだと思う。先に取り組むべきものとはグローバルな生産体制を整えて登場させたマーチかも知れないし、あるいは北米の主要モデルや中国事業だったかも知れない。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

結果的に満を持して登場となった3代目だが、2代目からの最大の変更点はFRからFFになったことだ。そして全高は10cmほど低くし、低床化、低重心化された。この手のミニバンを低重心化することは操縦性をよくするため非常に有効なことは言うまでもないが、ニューエルグランドの場合、その効果は顕著だった。低重心化によって、パッケージングとして運動性能全般が向上すると、サスペンションを柔らかくすることもできる。すると乗り心地もよくなるわけだ。

いいこと尽くしの低重心化だが、唯一、問題点があるとしたら、全高も低くなることでスタイリングの迫力が損なわれかねないということだろう。その辺りはもちろん対策済みで、それはヘッドライト下のバンパーの大きなふくらみなどに見てとれる。ボディ全体のマスが小さくなる分は、フロントマスクで睨みを効かせて迫力を補おうというわけだ。それにしてもこのデザインは凄い。国内専用車だから可能になったのだろう。マーチのような無国籍顔より、ずっといい。好感が持てる。

室内空間の贅沢さ、装備の充実度などは申し分ない
さて、初めに最高出力280psの3.5L、V6エンジンを搭載する350ハイウェイスタープレミアムに試乗した。ドライバーズシートに座って、まず驚いたのはそのポジショニングだ。着座姿勢はセダンに近く、これまでのエルグランドとは大きく異なる。また、アイポイントも高くなく、セダンより少し高いなと感じる程度だ。いかにも運転がしやすそうなのだが実際にそのとおり、走り出すと前方視界は良好だし実に気持ちがいい。

車重は2020kgもあるが、なにぶんエンジンは280psもあるので必要にして十分以上の加速性能を見せる。また、コーナーでは低重心化の効果が際立つ。しっかりと地に足がついた印象でボディのロールは最小限にとどめられている。トランスミッションは6速マニュアルモード付きCVTとなったが、これも合格点。そもそもCVTのフィーリングはあまり好きではないのだが、このCVTに違和感を覚える局面はほとんどなかった。

続いて最高出力170psの2.5L、直4エンジンの250ハイウェイスターにも乗ったが、3.5Lとの差が歴然とするのは急加速時くらいで、通常の市街地走行で、その差はほとんど問題にならないレベルだ。

室内空間の贅沢さ、装備の充実度などは申し分ない。もちろん内容に応じたコスト負担をしなければならないが、それにしても“すべてお金で解決できる”というのは凄いことだ。スペース的には2列目シートがVIP用ということになるが、3列目も決して窮屈なことはなく大柄な大人でも十分快適に過ごせるレベルにある。窓が大きいので視覚的な圧迫感もない。

さて、このエルグランドというクルマ、国内専用車であるためか、実に溌剌とわかりやすく個性を主張している。古き良き日産魂がためらいなく表現されている。“やっぱり日産車はこれでなくては!”と思うのだが、事はそう簡単ではないこともよくわかる。(文:Motor Magazine編集部 荒川雅之/写真:永元秀和)

日産エルグランド 350 ハイウェイスター プレミアム 主要諸元
●全長×全幅×全高:4915×1850×1815mm 
●ホイールベース:3000mm 
●車両重量:2020kg 
●エンジン:V6DOHC
●排気量:3498cc
●最高出力:206kW(280ps)/6400rpm
●最大トルク:344Nm(35.1kgm)/4400rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:FF
●車両価格:453万7500円(2010年当時)

[ アルバム : 日産エルグランド はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

出たー! 大型連休で多発! カーブ通過時の「予測不能な謎挙動」サンデードライバーが「絶対に気を付けるべき」ポイントとは
出たー! 大型連休で多発! カーブ通過時の「予測不能な謎挙動」サンデードライバーが「絶対に気を付けるべき」ポイントとは
くるまのニュース
レクサス『GX』通常販売は今秋に、先行して100台を抽選販売へ 価格は1235万円
レクサス『GX』通常販売は今秋に、先行して100台を抽選販売へ 価格は1235万円
レスポンス
新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ
新型アコードはレクサス越え? 走りにまるで不満なし 高級サルーンと呼ぶにふさわしいデキ
ベストカーWeb
「シンプルとは何もないことではなく洗練」「雑音への我慢も必要」 新型ホンダ・アコードのデザイン担当者を直撃インタビュー!
「シンプルとは何もないことではなく洗練」「雑音への我慢も必要」 新型ホンダ・アコードのデザイン担当者を直撃インタビュー!
WEB CARTOP
鈴鹿を走り込んだ岩佐に期待したRB。FP1デビュー前は「いつもと雰囲気が違った」/渡辺康治HRC社長インタビュー(1)
鈴鹿を走り込んだ岩佐に期待したRB。FP1デビュー前は「いつもと雰囲気が違った」/渡辺康治HRC社長インタビュー(1)
AUTOSPORT web
F1中国GP、芝生火災の原因は謎のまま……緊急対応チームが再発に備える
F1中国GP、芝生火災の原因は謎のまま……緊急対応チームが再発に備える
motorsport.com 日本版
「軽自動車は高齢者の必需品」「免許返納ムリ」 家族は言い出せない? “移動のジレンマ”浮彫りに
「軽自動車は高齢者の必需品」「免許返納ムリ」 家族は言い出せない? “移動のジレンマ”浮彫りに
乗りものニュース
モリゾウがS耐の理事長に就任! スーパー耐久“未来”機構の新体制が明らかに
モリゾウがS耐の理事長に就任! スーパー耐久“未来”機構の新体制が明らかに
motorsport.com 日本版
不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
不透明なビジネスはお断り 個人が中古車を企業に販売する「ネット市場」は今後拡大するのか
Merkmal
5/24申込締切 「ソニー・ホンダモビリティ、BYD、テスラの真の実力と将来予測」
5/24申込締切 「ソニー・ホンダモビリティ、BYD、テスラの真の実力と将来予測」
レスポンス
レクサス新型「GX」日本登場!  先行販売される100台の限定車「GX550オーバートレイル+」は1250万円
レクサス新型「GX」日本登場! 先行販売される100台の限定車「GX550オーバートレイル+」は1250万円
VAGUE
1000万円超え! レクサス新型「高級SUV」2024年秋に発売へ! タフ感高めた「GX“オーバートレイル+”」を先行受注
1000万円超え! レクサス新型「高級SUV」2024年秋に発売へ! タフ感高めた「GX“オーバートレイル+”」を先行受注
くるまのニュース
80年代GPマシンを現代に、ヤマハ『XSR900 GP』が143万円で5月20日に発売決定!
80年代GPマシンを現代に、ヤマハ『XSR900 GP』が143万円で5月20日に発売決定!
レスポンス
悪天候でも好発進! EWCフル参戦の日本の新規チーム「チーム エトワール」がル・マンでの初テストを実施 レーシングライダー大久保光のレースレポート
悪天候でも好発進! EWCフル参戦の日本の新規チーム「チーム エトワール」がル・マンでの初テストを実施 レーシングライダー大久保光のレースレポート
バイクのニュース
トヨタ カムリ 新型、全車ハイブリッドに
トヨタ カムリ 新型、全車ハイブリッドに
レスポンス
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
フェルスタッペン、序盤トラブルもハミルトン下し圧勝。激しい3位争いをペレス制す|F1中国GPスプリント
motorsport.com 日本版
[新型ランドクルーザー250]KINTOなら納期は5~8カ月で月額5万710円から! モデリスタやJAOSパーツも装着可!! サブスクがスタート
[新型ランドクルーザー250]KINTOなら納期は5~8カ月で月額5万710円から! モデリスタやJAOSパーツも装着可!! サブスクがスタート
ベストカーWeb
マツダ 新型CX-80を欧州で発表。国内導入もあるミッドサイズSUV
マツダ 新型CX-80を欧州で発表。国内導入もあるミッドサイズSUV
Auto Prove

みんなのコメント

7件
  • kmq********
    改めて見るとトヨタより品がある
  • fxnhe501
    当時の北米向けFWDミニバンであるクエストの全幅を日本向けに狭め、独自のフロントマスクを与えたもの。堂々たる国内専用車!ではあったが、ファンが求めたFRのエルグランド像……実質フーガ/シーマのミニバン版……とは違った。だから、現在に至るまでどうにもこうにもこれじゃない感がつきまとう車になってしまっている。そして今ではクエストもフーガ/シーマも消滅してしまったため、本当に行き場のない存在になってしまった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.2837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0560.0万円

中古車を検索
エルグランドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.2837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0560.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村