現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 夏に新型登場なのに「なぜこんなに売れてんの!?」 最強ミニバン・オーナーが語る理由が凄すぎる!!

ここから本文です

夏に新型登場なのに「なぜこんなに売れてんの!?」 最強ミニバン・オーナーが語る理由が凄すぎる!!

掲載 35
夏に新型登場なのに「なぜこんなに売れてんの!?」 最強ミニバン・オーナーが語る理由が凄すぎる!!

 今やホンダの屋台骨! といっていいフリード。モデル末期なのに販売は好調。直近の2023年12月の月販台数は6684台(フリード+含む)と驚くべき数字!! ベストカーWEB「2024年夏に次期フリードが登場!」の記事など次期型が囁かれるなか、なんでこんなに売れてんの? そのワケを現行フリード・オーナーの私が紹介していくが、アレの存在も大きいみたいですよ!

文:ベストカーWEB編集部・馬場武治/写真:ベストカー編集部

夏に新型登場なのに「なぜこんなに売れてんの!?」 最強ミニバン・オーナーが語る理由が凄すぎる!!

■ヴェゼルの次に売れまくる、人気者の大ベテラン選手

 冒頭で「ホンダの屋台骨」と書いたが、それは数字が示している。ホンダの主な登録車の直近2023年12月の月販台数。1位はようやく供給が加速してきたヴェゼルで6928台。次の2番手にくるのがフリードなんですよ! フリード+を含めて、1位と僅差の6684台!!

 歴代、ホンダの顔を担ってきたフィット(4275台)や、ホンダ定番のミニバン、ステップワゴン(4308台)を抑えての堂々たる2位。登場から7年経過のモデル末期でもこの数字。街中でもよく見ますもんね。

 ちなみにフリードの永遠のライバル、トヨタシエンタはというと、全登録車1位の9390台(スゲー)。2022年登場モデルだし、トヨタの販売力があるし、2~3列目シートがダイブダウンしてたまげるほど広大な室内になるし……などで超絶大ヒット中!

 プロ野球選手に例えると「期待されて入団し、バリバリ活躍中の若手選手」(←現行シエンタ)と、「引退間近だけど、いまだ輝きは失っていない大ベテラン選手」(←現行フリード)。現行フリード、現在、最期の一花、咲かせ中。

■実は、意外にも……。「1.5L、NAエンジンの走りがいい!」

意外にも走りがいいんです! ガソリン車は直4、1.5L、NAだが、気持ちいい走りを見せてくれる(MC前モデル)

 ではなぜ、モデル末期でもなお現行フリードが好調なのか。約5年間、現行フリード(MC前)に乗ってきた私が思うに、次のとおり。

■パッケージングが素晴らしい
 ホンダのMM思想炸裂! とばかりに、乗る人のことを第一に考えた室内空間。3列目シートに大人が座っても膝前は余裕があり、「東京~仙台市まで3列目シートに座り続けても問題なし!」と宣言できるほど。

■ちょうどいいサイズ感
 このキーワードなしでは語れない「ちょうどいい」。全長4265×全幅1695×全高1710~1735mm。快適な3列目シートが備わるのに全長4265 mmに収め、5ナンバーサイズの全幅。小さくないけど大きくもない。この「ちょうどいい」サイズは絶妙ですね。

■1.5L、NAエンジンがいい
 私はこれを切に訴えたい! 私のフリードは直4、1.5L、NAエンジン搭載のGグレードだが、意外とパワフルでキビキビ走る。先代ステップワゴンの1.5Lターボを運転した時、ミニバンらしからぬ速さに驚いたが、それと同じL15B型。なるほど、走りがいいわけだと納得。実燃費が悪いので(涙)、ECOモード設定にしても、悪くない走りを見せてくれますよ。

■確かにインパクトは薄いけど、飽きがこないデザイン

 現行フリードの販売が好調な理由。私なりの考え、まだあります。

■飽きのこないデザイン
 アクの強くない、オーソドックスなデザイン。いい意味で「好き嫌いの好みが分かれにくい」スタイル。インパクトが薄いデザインだけに、ユーザーが飽きることなく、7年経った今でも鮮度は落ちずに売れているんだと思う。

 また、四隅にタイヤがあり、ボディサイドとのツラ位置がいい感じで収まっているのもいいです!

■キャプテンシートが標準
 実は2列目キャプテンシートが標準仕様(6人乗り)。これにより中央に移動スペースができ、例えば、長い信号待ちの間に助手席から3列目シートへ一気に車内移動ができるというワケ。

 ……という感じで、オーナーなりに現行フリードが好調なワケを述べてきたが、首都圏のあるホンダ販売店の営業マンが「意外な要因」を教えてくれた。次項を読んでくださいませ。

■陰の立役者、フリード+。「指名買いで買わかれる方が多いんです」

専用の荷室用ユーティリティボードをサッとセットするだけで、身長175cmほどの男性ふたりでも余裕で寝られる。フリード+の最大の特徴だ(写真右は自動車評論家・清水草一氏)


「フィットご希望で来店されたお客様が、20~30万円足せばフリードが買えるとわかり、購入を切り替えるケースは多いですね。また、ステップワゴンは大きすぎて奥様が運転に自信がない……と、フリードへ移行することも」

 と、その営業マンは話すが、さほど意外性はない。その時!!

「フリード+は指名買いでよく売れているんですよ! 車中泊テーマのYouTubeでフリード+がかなり取りあげられており、それを見たお客様の指名買いです!」

 興奮気味な営業マンだが、私もフリード+専用の荷室用ユーティリティボードを使い、車内で横になってみたことがあるけど、かなり快適(上の写真がそれです!)。購入されたお客さんは「キャンピングカーの代わりになる」「キャンプでテントを張らずにすむので便利」と異口同音に話すという。この気持ち、わかる。快適に横になれますもの、フリード+は。

 フリードの有名キャッチフレーズは「ちょうどいい」だが、最後に営業マンがひと言。「それを飛び越えて、最高にちょうどいい! どんな場合もちょうどいい! だから売れているんですよ」。

こんな記事も読まれています

【インタビュー】2024年MotoE電動レーサー、ドゥカティ「V21L」はいかに進化したのか
【インタビュー】2024年MotoE電動レーサー、ドゥカティ「V21L」はいかに進化したのか
バイクのニュース
トヨタ新型「ヤリス」発表! 約460万円の「小さな高級車」仕様もアリ! “新”ハイブリッド“搭載の「ヨーロピアン仕様」波で公開
トヨタ新型「ヤリス」発表! 約460万円の「小さな高級車」仕様もアリ! “新”ハイブリッド“搭載の「ヨーロピアン仕様」波で公開
くるまのニュース
「#ワークマン女子」が北海道初出店! アリオ札幌に4/26オープン
「#ワークマン女子」が北海道初出店! アリオ札幌に4/26オープン
バイクブロス
最近のベンツってフロントガラスが青くない? どういう仕組み? 車検は通るの?
最近のベンツってフロントガラスが青くない? どういう仕組み? 車検は通るの?
ベストカーWeb
次期「ハチロク」登場か 「新GR86」お披露目!? 1.6Lターボ&新MT採用で進化がヤバい! 既販&次期見据えた開発状況は?
次期「ハチロク」登場か 「新GR86」お披露目!? 1.6Lターボ&新MT採用で進化がヤバい! 既販&次期見据えた開発状況は?
くるまのニュース
【MotoGP】かつてのロッシを思い出させるペドロ・アコスタ、新人でタイトル争い候補に? マルケス「そう考えない理由はない」
【MotoGP】かつてのロッシを思い出させるペドロ・アコスタ、新人でタイトル争い候補に? マルケス「そう考えない理由はない」
motorsport.com 日本版
そういやあったな……な人だらけだけどそれじゃダメ! 高速で見かける「0m確認基点」の意味と使い方
そういやあったな……な人だらけだけどそれじゃダメ! 高速で見かける「0m確認基点」の意味と使い方
WEB CARTOP
モニターキャンペーン第1弾! ルノー「カングー」に愛犬専用アクセサリーを多数装備した1台を最長1年間貸与されるキャンペーン
モニターキャンペーン第1弾! ルノー「カングー」に愛犬専用アクセサリーを多数装備した1台を最長1年間貸与されるキャンペーン
LE VOLANT CARSMEET WEB
全長5m超! マツダが「FR×直6エンジン」搭載の新型「高級車」初公開! ロングノーズの「最上級モデル」は日本で展開! 新型「CX-80」は「CX-60」とどう違う?
全長5m超! マツダが「FR×直6エンジン」搭載の新型「高級車」初公開! ロングノーズの「最上級モデル」は日本で展開! 新型「CX-80」は「CX-60」とどう違う?
くるまのニュース
RB、F1中国GPで角田裕毅とリカルドがリタイアに追い込まれた“もらい事故”は「どちらも不必要なアクシデント」
RB、F1中国GPで角田裕毅とリカルドがリタイアに追い込まれた“もらい事故”は「どちらも不必要なアクシデント」
motorsport.com 日本版
SHOEIが新型フルフェイスヘルメット『GT-エアーIII』にグラフィックモデル「DISCIPLINE」を設定
SHOEIが新型フルフェイスヘルメット『GT-エアーIII』にグラフィックモデル「DISCIPLINE」を設定
レスポンス
フェラーリ、F1マイアミGPで”ブルー”を使った特別カラーを施す。アメリカでの伝統称える
フェラーリ、F1マイアミGPで”ブルー”を使った特別カラーを施す。アメリカでの伝統称える
motorsport.com 日本版
「新大阪駅ほぼ直結高速」実現間近? 新御堂筋の“ぐるぐるランプ”が見えてきた 「淀川左岸線」万博の準備着々
「新大阪駅ほぼ直結高速」実現間近? 新御堂筋の“ぐるぐるランプ”が見えてきた 「淀川左岸線」万博の準備着々
乗りものニュース
ゴルフバッグはラクに積める? レクサス新型「GX」のラゲッジスペースをチェック! アウトドアレジャーで重宝する便利装備も充実
ゴルフバッグはラクに積める? レクサス新型「GX」のラゲッジスペースをチェック! アウトドアレジャーで重宝する便利装備も充実
VAGUE
全長5m超え「トヨタ 大型セダン」実車展示! 驚く「使い方」で注目!? 正統派セダンの「クラウン」に対する声は?
全長5m超え「トヨタ 大型セダン」実車展示! 驚く「使い方」で注目!? 正統派セダンの「クラウン」に対する声は?
くるまのニュース
タイで中国EVが大増殖中! 中国メーカー「GWM」の現地ディーラーに直撃、売れ筋は見覚えのあるクルマのような…
タイで中国EVが大増殖中! 中国メーカー「GWM」の現地ディーラーに直撃、売れ筋は見覚えのあるクルマのような…
Auto Messe Web
交通事故&交通違反が増加中! 電動キックボードはどうすれば安全に乗ることができるのか?
交通事故&交通違反が増加中! 電動キックボードはどうすれば安全に乗ることができるのか?
LE VOLANT CARSMEET WEB
ワイズギア製XSR900GP用新アクセサリー発売。純正色用外装パーツ、機能パーツなど早くも登場!
ワイズギア製XSR900GP用新アクセサリー発売。純正色用外装パーツ、機能パーツなど早くも登場!
モーサイ

みんなのコメント

35件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1302.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.8329.7万円

中古車を検索
フリードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1302.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.8329.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村