現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界最強は「ランクル」に異論は? 「悪路御用達」のライバル5台と「データ」を比べてみた

ここから本文です

世界最強は「ランクル」に異論は? 「悪路御用達」のライバル5台と「データ」を比べてみた

掲載 更新 55
世界最強は「ランクル」に異論は? 「悪路御用達」のライバル5台と「データ」を比べてみた

 この記事をまとめると

■トヨタ・ランドクルーザーは本格オフローダーの代表格

なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

■“悪路最強”のイメージはあるものの、本当に他を圧倒するのだろうか

■5台のライバル車とスペックを比較して検証する

 国産車のなかではダントツのスペック!

 すでに納期が1年以上、いや、数年とも言われている300系の新型トヨタ・ランドクルーザー。世界中の過酷な道を走り、僻地などでも絶大なる信頼を得ている豪華なオフローダーだ。

 あらゆる道を突き進むことができ、そして生きて帰ってこれるキング・オブ・クロカンとも呼ばれているほどだ。実際、その走破性はすざましく、電子デバイスを考慮しない基本性能として、アプローチアングル32度、デパーチャーアングル26度、ランプブレークオーバーアングル25度、最低地上高225mm、最大安定傾斜角44度、登坂能力45度、そして最大渡河水深700mmを誇る。

 ダカールラリーに25年以上も参戦し続けてきたフィードバックがもたらされているのは当然だろう。もちろん、ひとつひとつ書いていくとキリがない、”最強”の走破のための電子デバイスは世界一流、テンコ盛りなのである。

 日本国内でそうした性能をフルに発揮しないと走破できないようなシーンはまずないと思えるが、豪雨の際の最大渡河水深性能は比較的現実的であり、日常、災害時の大きな安心につながることは間違いない。

 国産車に、唯一無比の存在と言えるトヨタ・ランドクルーザーの直接的なライバルはいるはずもないのだが、悪路に強いSUVとして挙げられる以下の3台と比較してみると、少なくともスペック的に大きく上まわることがわかるだろう(主に公表されているスペックを記載)。

 トヨタ・ランドクルーザープラド

 アプローチアングル:31度 デパーチャーアングル:28度 ランプブレークオーバーアングル:22度 最低地上高:220mm 最大安定傾斜角:42度 登坂能力:42度 最大渡河水深:700mm

 三菱アウトランダー(現行型)

 アプローチアングル:19.5度 デパーチャーアングル:21.0度 ランプブレークオーバーアングル:16.5度 最低地上高:195mm 最大安定傾斜角:推定45度(※45度の坂を上るイベントがあった)

 トヨタRAV4(アドベンチャーグレード)

 アプローチアングル:18度(19インチタイヤ装着車) デパーチャーアングル:20.5度 ランプブレークオーバーアングル:17.5度 最低地上高:200mm

 スペックだけでは語れないランドクルーザーの実力

 もっとも、世界は広く、日本では考えられないような僻地、悪路がある。そこで、タフさが最大の売りとなる輸入クロスカントリーモデルに目を向けてみると、ランドローバー・ディフェンダー、ジープ・ラングラーが思い浮かぶはずだ。両車のスペックは……。

 ランドローバー・ディフェンダー110

 アプローチアングル:38度 デパーチャーアングル:40度 ランプブレークオーバーアングル:28度 最低地上高:218mm 最大渡河水深:900mm

 ジープ・ラングラー 4ドア サハラ

 アプローチアングル:41.8度 デパーチャーアングル:36.1度 ランプブレークオーバーアングル2:1.0度 最低地上高:254mm 最大渡河水深:762mm と、これがまた凄いのである。しかし、実際の悪路では、そうしたスペックだけでなく、頑強さ、岩の乗り越えなどで顎をヒットさせないためのバンパー下の形状や、そもそもの耐久性、メンテナンス性を含めた”命を守る”信頼性が何よりも重要だ。その点では、やはりトヨタブランド、いや、長年培われたランドクルーザーの実力、信頼が際立つと言っていい。我々の想像を絶するとんでもない僻地でランドクルーザーが長年にわたって重宝され、活躍している事実こそ、最大の信頼の証なのである。

 ランドクルーザーはその世界的な人気の高さから、盗難被害の多さでも有名になってしまったが、新型ではトヨタ初の指紋認証スタートスイッチを採用。そうした、乗り心地の良さやインテリアのラグジュアリーさとともにあるユーザーへのもてなし、安心への配慮もまた、ランドクルーザーの絶大なる人気の秘密と言っていいだろう。

 また、日本においてはTコネクトナビによるオペレーターサービス、ヘルプネット(SOSコール)の用意も、すべての乗員の安心をいっそう高めてくれるのだ。”最強”である理由は、決して上記のスペックの差だけで優位性が語られるものではないのである。

こんな記事も読まれています

MotoGPアメリカズGP予選|ビニャーレス、レコード大幅更新で文句なしポール獲得! アコスタ初フロントロウ
MotoGPアメリカズGP予選|ビニャーレス、レコード大幅更新で文句なしポール獲得! アコスタ初フロントロウ
motorsport.com 日本版
F1が2025年シーズンのカレンダーを発表。全24戦、日本GPは第3戦として4月4~6日に開催へ
F1が2025年シーズンのカレンダーを発表。全24戦、日本GPは第3戦として4月4~6日に開催へ
AUTOSPORT web
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
ベストカーWeb
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
Auto Messe Web
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
ベストカーWeb
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
AUTOSPORT web
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
AUTOSPORT web
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
ベストカーWeb
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
Auto Messe Web
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
AUTOSPORT web
ダ・コスタが大集団のレース制す。日産ローランドは4戦連続表彰台でポイントリーダー浮上|フォーミュラEミサノE-Prix
ダ・コスタが大集団のレース制す。日産ローランドは4戦連続表彰台でポイントリーダー浮上|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
アドバンテージは変わらない! ポルシェ・タイカン 4Sへ試乗 アップデートで能力大幅アップ
AUTOCAR JAPAN
鈴鹿での角田のパフォーマンスは「フェルスタッペンやアロンソのようなレベルだった」とマルコが高く評価/F1日本GP
鈴鹿での角田のパフォーマンスは「フェルスタッペンやアロンソのようなレベルだった」とマルコが高く評価/F1日本GP
AUTOSPORT web
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
AUTOCAR JAPAN
メルセデスAMG、ル・マン/LMGT3参入に向け交渉を続ける。ELMSを糸口にする可能性も
メルセデスAMG、ル・マン/LMGT3参入に向け交渉を続ける。ELMSを糸口にする可能性も
AUTOSPORT web
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
“パジェロ”超えのミツビシ新型「本格4WD」誕生! ランエボ+パジェロな本格オフロードマシン! 新型「トライトン」の実力とは
くるまのニュース
2024年最初の勝者は? スーパーGT第1戦岡山のGT500ウイナー&PPを編集担当スタッフがガチ予想
2024年最初の勝者は? スーパーGT第1戦岡山のGT500ウイナー&PPを編集担当スタッフがガチ予想
AUTOSPORT web
『トールマン』創設者のテッド・トールマンが86歳で死去。セナやヨハンソンらのキャリアを育む
『トールマン』創設者のテッド・トールマンが86歳で死去。セナやヨハンソンらのキャリアを育む
AUTOSPORT web

みんなのコメント

55件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0905.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

60.01768.0万円

中古車を検索
ラングラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0905.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

60.01768.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村