現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 登場7年のホンダ「フリード」モデル末期でもなぜ売れ続ける? 5ナンバーの「小型ミニバン」が支持される理由とは

ここから本文です

登場7年のホンダ「フリード」モデル末期でもなぜ売れ続ける? 5ナンバーの「小型ミニバン」が支持される理由とは

掲載 8
登場7年のホンダ「フリード」モデル末期でもなぜ売れ続ける? 5ナンバーの「小型ミニバン」が支持される理由とは

■ちょうど良いサイズとスタイリッシュなデザインがウリ

 2016年9月に登場したホンダ「フリード」(2代目)は、デビューから7年経過した現在も新車販売台数ランキング(2024年1月期)で10位にランクインする、堅調な人気を誇るコンパクトミニバンです。
 
 2024年にもフルモデルチェンジするのではないかと噂されていますが、モデル末期にもかかわらず、多くの人に支持されています。
 
 フリードの魅力はどこにあるのでしょうか。

【画像】「えっ!」これが売れすぎ「小型ミニバン」です! 画像を見る

 現在は人気ジャンルとなったミニバンですが、1990年代半ばまでは、まだ趣味性の強いクルマと捉えられていた側面がありました。それがバブル崩壊とともにプライベートを充実させるライフスタイルが注目され、1990年代後半から家族で乗れるミニバンの需要が高まったのです。

 なかでも2リッター以下で5ナンバーサイズのコンパクトミニバンの需要が高まり、各社が発売。ホンダは「モビリオ」というコンパクトミニバンをラインナップに加えています。

 そのモビリオの後継モデルとして2008年に登場したのが初代フリードです。流麗なフォルムやシャープなフロントマスクを備え、3列目シート車に加えて2列シートモデル(フリードスパイク)も設定し、市場で好意的に受け入れられました。

 そして現行型となる2代目は2016年にデビュー。3列シートのフリードと2列シートの「フリード+(プラス)」を用意し、それぞれ1.5リッターガソリンと1.5リッターハイブリッドを設定しています。

 外観は個性を抑えつつも、その後トレンドとなる薄目ヘッドライトを当初から採用した点や、ミニバンというよりハイトワゴン的なスタイルによって、さらなる人気を獲得しました。

 フリードが人気な理由のひとつとして、スタイリッシュな外観をあげるユーザーも多いようで、「ミニバン=ファミリー向け」という匂いのしない、どことなくスポーティで洗練された、いかにもホンダ流のデザインが見事にハマったと言えそうです。

 しかもそのスタイリッシュさが男性だけでなく、女性からも支持を得ているのがポイント。そんなフリードを選んだKさん(40代・女性)に話を聞いてみました。

 Kさんは育ち盛りの息子さん2人を含む家族で乗っても十分な広さを持っていることが、フリードを選んだ大きな理由のひとつとして挙げています。

「最初は、軽スーパーハイトワゴンか、別のメーカーのコンパクトミニバンにしようかと思っていました。それが近所のホンダディーラーに在庫車があるとのことで、試乗したらすっかり気に入ってしまいました。

 女性でも乗りやすく、インテリアもまとまっていて使いやすい印象です。

 主人は週末にしか乗らないので、普段は私が子供たちの送り迎えなどに使用していますが、商業施設での駐車にも苦労することもないのがうれしいです」

「誰が乗っても乗りやすい」というのは、実用モデルとしては最高の褒め言葉。大柄な高級車は高速道路では速くて快適ですが、市街地での狭い道では神経を使うもの。その点、フリードなら狭い道も神経質にならずに乗れます。

 また先述したように、乗降性の良さも魅力のひとつ。ミニバンでもラージサイズやミドルサイズのモデルは、フロアに段差があって階段を登るように乗車する必要があります。

 クルマの乗り降りに関して、足の悪い高齢者などを抱えるユーザーにとっては悩ましい部分だと教えてくれたのは、Aさん(50代・男性)です。

「若いときは気になりませんでしたが、両親が高齢になってくると後部座席への乗降性はクルマ選びの重要なポイントになります。その点、フリードは低床でつまづく心配がないので助かっています。

 またホンダらしいスタイリッシュさのお陰でしょうか、ドライバーだけで乗っていても違和感が少ないのも良いです」

 Aさんいわく、フリードは全長4265mm×全幅1695mmと5ナンバーサイズに収まるため、狭い駐車場でも止めることができる点に好印象を持ったとのこと。

 さらに、全高1710mmと一般的なミニバンよりも背が低いことから、高速移動時に横風の影響を受けにくいことにもメリットといえます。

※ ※ ※

 233万900円から321万5300円という、比較的求めやすい価格帯で販売されるのもフリードの魅力のひとつでしょう。

 今後登場するであろう新たな3代目がどのようなモデルになるのか、多くのユーザーが期待しているのではないでしょうか。

こんな記事も読まれています

フェラーリ、F1マイアミGPで”ブルー”を使った特別カラーを施す。アメリカでの伝統称える
フェラーリ、F1マイアミGPで”ブルー”を使った特別カラーを施す。アメリカでの伝統称える
motorsport.com 日本版
「新大阪駅ほぼ直結高速」実現間近? 新御堂筋の“ぐるぐるランプ”が見えてきた 「淀川左岸線」万博の準備着々
「新大阪駅ほぼ直結高速」実現間近? 新御堂筋の“ぐるぐるランプ”が見えてきた 「淀川左岸線」万博の準備着々
乗りものニュース
ゴルフバッグはラクに積める? レクサス新型「GX」のラゲッジスペースをチェック! アウトドアレジャーで重宝する便利装備も充実
ゴルフバッグはラクに積める? レクサス新型「GX」のラゲッジスペースをチェック! アウトドアレジャーで重宝する便利装備も充実
VAGUE
全長5m超え「トヨタ 大型セダン」実車展示! 驚く「使い方」で注目!? 正統派セダンの「クラウン」に対する声は?
全長5m超え「トヨタ 大型セダン」実車展示! 驚く「使い方」で注目!? 正統派セダンの「クラウン」に対する声は?
くるまのニュース
タイで中国EVが大増殖中! 中国メーカー「GWM」の現地ディーラーに直撃、売れ筋は見覚えのあるクルマのような…
タイで中国EVが大増殖中! 中国メーカー「GWM」の現地ディーラーに直撃、売れ筋は見覚えのあるクルマのような…
Auto Messe Web
交通事故&交通違反が増加中! 電動キックボードはどうすれば安全に乗ることができるのか?
交通事故&交通違反が増加中! 電動キックボードはどうすれば安全に乗ることができるのか?
LE VOLANT CARSMEET WEB
ワイズギア製XSR900GP用新アクセサリー発売。純正色用外装パーツ、機能パーツなど早くも登場!
ワイズギア製XSR900GP用新アクセサリー発売。純正色用外装パーツ、機能パーツなど早くも登場!
モーサイ
新グラフィック「DISCIPLINE」がツーリング用ヘルメット「GT-Air 3」に追加!首もと斜めストライプが目立つ!  
新グラフィック「DISCIPLINE」がツーリング用ヘルメット「GT-Air 3」に追加!首もと斜めストライプが目立つ!  
モーサイ
北海道のGW渋滞予測、ピークは3~5日 渋滞回数は前年より倍増
北海道のGW渋滞予測、ピークは3~5日 渋滞回数は前年より倍増
日刊自動車新聞
アイルトン・セナが所有していたホンダNSXが手に入るチャンス到来! 9600万円で中古車サイトに登場
アイルトン・セナが所有していたホンダNSXが手に入るチャンス到来! 9600万円で中古車サイトに登場
motorsport.com 日本版
【はたらくクルマ】モリタホールディングスが「第19回 未来の消防車アイデアコンテスト」結果を発表。100点を超える応募から入賞作品7点を決定!
【はたらくクルマ】モリタホールディングスが「第19回 未来の消防車アイデアコンテスト」結果を発表。100点を超える応募から入賞作品7点を決定!
Webモーターマガジン
マグヌッセン「1ストップでいこうとしたが、デグラデーションが大きすぎて諦めざるをえなかった」:ハース F1第5戦決勝
マグヌッセン「1ストップでいこうとしたが、デグラデーションが大きすぎて諦めざるをえなかった」:ハース F1第5戦決勝
AUTOSPORT web
スバルが新型「本格“2ドア”スポーツカー」発表! 6MTのみ&ガチガチボディ採用! 「超スポーティ仕様」どんな人が買う?
スバルが新型「本格“2ドア”スポーツカー」発表! 6MTのみ&ガチガチボディ採用! 「超スポーティ仕様」どんな人が買う?
くるまのニュース
ストロール「SC出動時に前方のクルマが急減速し、接触を避けられなかった」:アストンマーティン F1第5戦決勝
ストロール「SC出動時に前方のクルマが急減速し、接触を避けられなかった」:アストンマーティン F1第5戦決勝
AUTOSPORT web
FL5型シビックRに乗る伏兵が3戦2勝の金星。新王者も今季初勝利/TCRオーストラリア第3戦
FL5型シビックRに乗る伏兵が3戦2勝の金星。新王者も今季初勝利/TCRオーストラリア第3戦
AUTOSPORT web
[car audio newcomer]三菱 デリカD:5(神崎崇さん)by サウンドエボリューションログオン 後編
[car audio newcomer]三菱 デリカD:5(神崎崇さん)by サウンドエボリューションログオン 後編
レスポンス
【衝撃のGクラスEV】メルセデス・ベンツ「G580」を中国で発表…価格は?
【衝撃のGクラスEV】メルセデス・ベンツ「G580」を中国で発表…価格は?
driver@web
周冠宇「パルクフェルメでは感極まってしまった。いい仕事ができたと満足している」:キック・ザウバー F1第5戦決勝
周冠宇「パルクフェルメでは感極まってしまった。いい仕事ができたと満足している」:キック・ザウバー F1第5戦決勝
AUTOSPORT web

みんなのコメント

8件
  • まほほん
    小型ミニバンが欲しいがシエンタのデザインに
    抵抗がある人はフリードしか選択肢がないから。
  • kbg********
    初代スパイク乗り換えで二世代目を考えたが、+ではなくスパイクがあれば買っていた。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1302.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.8329.7万円

中古車を検索
フリードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1302.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.8329.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村